« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

車載消火器購入するも

このblogも,1ヶ月放置してしまった.
夏休み前後に少し車の整備をし,それで満足しきっていると言えなくも無いが.

ちょっと前に,知人の車から火(煙?)が出たらしい.と言っても,すぐに消し止められる程度だったので良かったのだが.この事件から勝手に結論させてもらうと,

「車は燃えるものだ」

ということだろう.最近は,三菱車が話題になっているが,別に三菱車だけが燃えているわけでは無かろう.おそらく,バブル期に売れまくったパジェロあたりの現存率が高く,(整備を怠ったりしている)それらが燃えていて,三菱車だからとニュースになっているだけと考えられる.

はっきり言って,車は古くなれば燃えやすくなっていると考えられる.原因は,
・電気配線の劣化
・燃料系ホースの劣化
これらどちらか,最悪は両方が重なり,発火しているのだろう.
もっとも,放火や不審火で燃えている件数の方が圧倒的に多いようだが.

前置きが長くなった.
自分も古い車を乗っている1人として,ちょっと考えた結果,念のため車載消火器を搭載することに決めた.整備不良になっているとは思えないが,どうにもこの時代の欧州車の電気配線は信用ならないし.

車載ということで,その辺に売っている消火器では怖い.車内に積んでおいて,勝手に吹き出してくれたりすると,まるで車上荒らしを経験したかのようになってしまう.走行中なら,安全装備が危険装備になってしまう.

そんなわけで,少々高いが,きちんとした車載消火器を積むことに.有名なFIREMASTER製にした.
購入はここから.
JO-YA

別に飾りで導入するわけではないので,ルックスはどうでも良く,
FM20(薬剤量600g)かFM40(薬剤量1kg)かFM1000DP(薬剤量1kg,圧力計付き)で迷ったが,せっかくだからと,一番高価なFM1000DPにした.

けど,まだ来てない(苦笑).上記業者は,本国から輸入して販売しているらしい.
届いて,取り付けたらまた報告する予定.取り付け場所なども迷っているのだが(純正消火器取り付け位置に付くかなぁ?)

参考ページ(トラックバックさせて頂きます)
三菱車は、本当に×か CARトップ臨時増刊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続クエン酸

マイブーム,クエン酸の話,続きである.
はっきり言って,効果のほどは未だ不明.
来週,学生と一緒に何時間も楽器の練習をしまくる(酒を飲むとも言う)というイベント?があるので,クエン酸飲料も持って行ってみようと思う.二日酔い防止の効果もあるらしいし.

で,前回はピュアなクエン酸を買った,と書いたが,さすがに飲みづらい(苦笑
会社の同僚が,「ピュアなクエン酸じゃ飲みづらいから,『からだ燃える』がお薦め.くれてやるから飲んでみれ」と言うので,ありがたく頂戴し,2Lのミネラルウォーターに適当な量を混ぜて飲んでみた.ちなみにまさしく,こんな感じ(黄色いアクエリアス2)になる.

結果,確かに飲みやすい.かつてのアクエリアスレモンなどに比べれば,薬っぽい味だが.
ただ,ピュアなクエン酸粉末より,単位gあたりのクエン酸の含有量は少ない(当たり前).
クエン酸だけでは摂取されづらいらしく,それを補うビタミンが入っているらしい.

以下トラックバック先(上記「黄色いアクエリアス2」にもトラックバックしています):
アテネでは激戦、日本では筋肉痛
筋肉痛だけでは無く,関節痛にも効くらしいから飲んでみれ.

クエン酸
クエン酸で痩せるのであろうか.確かに,飲んだ後少しぽかぽかする気がする.
それはともかく,「レモンのはちみつ漬け」.スポ根マンガにありがちなシチュエーション.

ヒロインがレモンのはちみつ漬けをこぼす,ヒーローがそれを食べる(笑

あ,クッキーの方がメジャーか.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯とPHSの二刀流(車内ハンズフリーのために)

1ヶ月以上ぶりの更新である.
最近になって,またネタが出てきたので,定期的に更新する「かも」(笑

運転中の携帯利用で普通車は罰金6,000円、11月1日施行
ついに11月に施工される.前にも書いたが,一人で車を運転しているときに,携帯電話(PHS含む)を使いたいシチュエーションというのは多いものだ.

「ちょっと道が混んでていて,待ち合わせに遅れる・・・」とか.

自分はPHS(AH-K3001V,スーパーパックL契約+メール放題)をプライベートでは使っているのだが,これだといわゆるイヤホンジャックタイプのハンズフリーしか出来ない.せっかくカーナビにハンズフリー機能あるのだから,携帯欲しい.
また,車で山間部をドライブしていると,PHSでは通話出来ないところが多すぎる.仕方ないことだが

そんなわけで,昔流行った携帯とPHSの二刀流をやってみようと考え中.自分的には,以下の選択肢があるかなと.

1.vodafoneのプリペイド携帯
2.auのプリペイド携帯
3.auを家族割で契約

それぞれの長所・短所を考えてみよう.

1.vodafoneのプリペイド携帯
長所:
携帯端末が安い.三菱端末が4000~7000円くらいで買える.
通話料も,1分単位で考えれば「プリペイド携帯としては」とても安い(1分60円単位課金).
月々最低1500円の維持費(これで25分通話出来る)
短所:
なんで1分単位課金なんだよ(苦笑 せめて30秒単位にしてくれ.
今時,PDCというのがつらい.
また,ちょっと前までの出血大サービス(ハッピータイムなど)が無くなってしまった.

2.auのプリペイド携帯
長所:
1万円カードで1年使える.
cdmaOneなので,PDCに比べれば音が良い.
12秒単位課金(20円)
短所:
イニシャルコスト,つまり携帯が高い(A1304TIIで16800円,カード無し).

3.auを家族割で契約
長所:
通信も出来る.
新規契約なら安い端末がある(A5403CAがほぼただとか).
通話料も,プリペイドより安い(当たり前)
短所:
毎月の維持費が高い(けど,エコノミー,家族割で2600円程度)

以上を検討した結果,PHSをまたスーパーパックS契約に落とし,auを家族割でエコノミー契約しようと思う.
けど,携帯を新たに契約しようとすると,いろんなオプション付けたくなるのよねぇ.一番迷うのが,ezwebかなぁ.携帯じゃメールしないと思うんだけどね.あと,高速パケットオプションとか....


この記事を書くにあたり,久々にPHSや携帯関係のblogを調べたので,トラックバックさせて頂きます.

廃れゆくモバイル
確かに,短期間だけPHSで通信したい,という需要は多いかもしれない.
けど,たとえばauを持っているなら,「パケットパックミドル(2400円)」に一月だけ加入すれば,メール送受信くらいならなんとかなりそうな気もする.

KDDIがOPERAのフルブラウザを採用
問題は,キャリアのコンテンツ外,つまりインターネット上へのアクセスをどのような料金で行わせるか,だと思う.
AirH"の場合,「つなぎ放題」コースにすれば,外部機器(つまりPCやPDA)で通信してもつなぎ放題だが,携帯の場合は違う.今まで通り,携帯上ではつなぎ放題に出来るのか.
問題になるのは,主にファイルのダウンロードだから,携帯上だけなら問題ないかもしれない.

コスト縮減
私も,みんな携帯電話等に金を使いすぎていると思う.
これから二刀流しようとしている自分が言っても説得力無いか(笑

TCA7月の各社シェア統計
やっぱり,auは魅力的に見える.家族割は魅力的.
vodafoneは,一度安価なサービスをやってしまった手前,それを元に戻すという行為は心象悪い.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クエン酸

クエン酸が,「肩こりに効く」という話を会社の同僚から聞き,昨日,買ってきてみた.
粉末のクエン酸.300gで1000円程度だ.

早速,水に溶かして飲んでみた・・・・
酸っぱい.レモンの香りを飛ばした,レモン汁のようだ!
まぁ,薬っぽく無くていいかも.

で,昨日と今朝は,水に溶かしてスプーン1杯ずつ.

今晩は,カルピス割にしてみた.ん~,レモンカルピス強烈版って感じか?
単なる水割りよりは飲みやすいかな.

クエン酸の効果は・・・もうしばらくお待ちください.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妹~あかね~を7巻まで

マンガつづき.

妹~あかね~も7巻まで購入していた.
全然読んでなかったのだが,君望の茜をクリアしたので,妹~あかね~も読んでみることに(もちろん,茜と「あかね」は全く無関係です).

まぁ,なんとも,いわゆる「妹萌え」なマンガだな.
妹と言っても,義妹だから良いのだが(笑

山花典之さんの作品は,全作の「夢で逢えたら」も全部読んだのだが. 主人公は基本的に同タイプか.
けど,つい読んじゃうんだよねぇ.

部長とあかね,続き気になるから,中古本高くても買っちゃおうかな~.
ブックオフの策略に嵌ってるな~.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

部長 島耕作(1~5) を読む

「課長」は全部100円/冊で入手出来たのだが,さすがに「部長」は高い!!
けど,やっと1~5まで読んだ.

「ワイン編」は,ワインに興味ないのでいまいち.
ストーリーは相変わらず女性を駆使して業績を上げてるというか.

「レコード編」は面白いね.続き,100円じゃ無くても買っちゃおうかな.
夏休み,特にやること無いし(苦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »