« 楽器に動産保険をかける | トップページ | SACDを聴いてみた »

ヘインズ・マニュアル(W124日本語版)

amazonのアフィリエイト、「amazonアソシエイト」を開始して1ヶ月半経つが、この間に、W124関係の書籍を何冊か購入頂いた。
私のページからリンクをたどって頂き、ありがとうございます。

私のblogの内容上、DIY関係の本に興味を持たれる方が多いようなので、もっとも重要な「ヘインズ(HEYNES)・マニュアル」を紹介する。

実際にパーツを安く入手して、自分で交換という場合、パーツリストが出るソフトと、このヘインズマニュアルくらいは最低必要と思う。
より重整備をする方は、より本格的な整備書を入手しているようだが。

例えば、プラグを交換するだけでも、素人ならきちんと締め付けトルク管理したい。
そう言うときに、ヘインズマニュアルは便利だ。

img1017871676
メルセデス・ベンツW124シリーズ1986~1993メンテナンス&リペア・マニュアル―ヘインズ日本語版

W201(190E 2.6)に乗っていた時代、W201本国版(つまり英語版)を買ったが、出版社側はW124なら売れると思ったのか、日本語化された。
どうやら、マニアックかつ数が出ている車種は日本語化されるらしい。
やはり、英語より日本語の方が読みやすいし。少なくとも私は。(笑

また、ヘインズはイギリスの会社なので、右ハンドル車で書かれているのもGood!
それほど重要なポイントでは無いけれど。

けど、なんか値上がった気がする。
私はW201本国版に加え、W124日本語版を出版直後に購入したが、その当時の輸入版の販売価格と大差無かったと記憶している。

なお、「1986~1993」と書いてあるが、'94/'95モデルでも十分活用出来る。
正直何故、'94モデル以降が除外されているのか良くわからない。
'94以降はバージョンによって、エンジン補機類がころころ変わっている(例えば、ベルトタイトナー)から、最終になればなるほど、マニュアル適用範囲が狭まるからだろうか。

ついでに言うと、W201(190E 2.0~2.6のSOHCモデル)にも、かなりの部分適用出来る。

|

« 楽器に動産保険をかける | トップページ | SACDを聴いてみた »

車の本・ビデオ」カテゴリの記事

コメント

日本語版があるなんて驚き!
GOLF1にもあればいいのに・・・

投稿: つっちー@千歳 | 2006年1月18日 (水) 22時12分

VWは、空冷しか無いですね・・・
http://www.vintage.co.jp/imported.html

投稿: やまりゅ~ | 2006年1月18日 (水) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33788/8116937

この記事へのトラックバック一覧です: ヘインズ・マニュアル(W124日本語版):

« 楽器に動産保険をかける | トップページ | SACDを聴いてみた »