« 前ドアの内装を外す(ドアウーファー・フレームのボルト化) | トップページ | パワーウィンドウ修理3(モーター交換) »

パワーウィンドウ修理2

前回の続き。

E280,ウィンドウ・レギュレータ交換(2005年9月 4日)以来、ドアの上下で「カタカタカタカタ」と音がするようになってしまった。

結構安っぽく、気にくわないので原因追及のために再度分解して、ギアの噛み合わせを見ようと思ったわけだが。

Img_1954
取り外されたウィンドウレギュレータ

モーター+ウィンドウレギュレータの状態で上下させても「コトコト」音がする。
モーター単体だとしない。

ということは、想像通りギアの噛み合わせの可能性が高いということで、丁寧に掃除して再度取り付けるが・・・
少し音が少なくなった気もするが、完治せず。

やはり、レギュレータのギア破損時にモーター側のギアも傷んでしまったのだろう。

諦めて、再度取り付け。
父と2人で、慣れない作業に四苦八苦・・・
2時間くらい格闘し、何とか取り付け完了。

ドア内張取り付け時のコツとしては・・・

・ドア内張上端の金属フックだけをドア側に取り付ける
・金属フックに少しラバープロテクタント等を塗布し、モールと内張上端をはめ込む
 (押し込むときはドアを閉めること。ドア下がり防止)
・内張のフックを頑張ってはめる


●ドアウーファー・フレームのボルト化結果

Img_1956
ボルト化したドアウーファー・フレーム。かろうじてウーファーボックスに当たらない。
実際には、防水ビニールを貼ってから、ウーファーボックスを取り付ける。

|

« 前ドアの内装を外す(ドアウーファー・フレームのボルト化) | トップページ | パワーウィンドウ修理3(モーター交換) »

車の整備(W124)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33788/9595994

この記事へのトラックバック一覧です: パワーウィンドウ修理2:

« 前ドアの内装を外す(ドアウーファー・フレームのボルト化) | トップページ | パワーウィンドウ修理3(モーター交換) »