« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

洗車

洗車を楽しむ趣味は無い。

最近は、ドライブスルー洗車機(シャンプー洗車のみ、300円前後)に通した後、フクピカ等でざっと水拭きするだけ、というパターンが多い。

通勤で使っている以上、1ヶ月に1、2回の100点を目指した洗車より、1週間に1度の70点程度の洗車をした方が気持ちが良い時間が長いのである(笑

Img_1915
↑自動洗車機後、拭き上げた状態。さすがに下回り・ホイールは綺麗にならない
このときは、5分100円の掃除機も使用。運転席・助手席周りだけ綺麗になった。
自宅で掃除機出してきて・・・という手間を考えると、100円は安いか?

しかし、昨日、半年ぶり?位に手洗いした。
やはり、綺麗になったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

E280,エアコン修理

去年の夏に壊れた、E280のエアコン(正確にはプレッシャースイッチの故障)を、やっと直した。
と言っても、ガス再充填なので、漏れがないか心配なわけだけれど。

Img_1984
新しくなったリキッドタンク周り。ガス充填中。

●参考ページ
W124 E280 Maintenance note: エアコン冷媒漏れの修理 リキッドタンク、コンデンサーホース交換

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この2週間は・・・

この2週間は、あまり会社(工場)に出勤しなかった。
土日も含めて、ほぼ毎日外出!
貧乏暇無しとは、まさに事のことか?

●4/20(木)~21(金)
宇都宮出張。いつものホテルスカイに宿泊。

●4/22(土)
PSO練習で目黒に行く。
イベール作曲「モーツァルトへのオマージュ」という、良くわからない曲を初見で・・・吹けないよ(笑

●4/23(日)
車のタイヤ交換の後、PWE練習で所沢工場に行く。
・ザ・パイオニアーズ
・フェスティバル・バリエーション
・カウボーイ
・エグモント(ベートーヴェンのでは無い)
を、ほとんど初見で・・・これまた全然吹けないよ(苦笑

●4/24(月)
東京都下出張。
山手線のトラブルの影響で迂回を余儀なくされ、久々に満員電車(京浜東北線)に乗る。
しかし山手線は大事に至らず良かった。
帰りは、復旧直後の山手線で。新大久保~高田馬場間は、超ゆっくり。何度も停車。
埼京線は、大人数の工員で大作業中だった。

●4/25(火)
久々にいつも通り?工場に出勤。
翌日・翌々日の会議準備に追われる。

●4/26(水)
宇都宮出張。
10時間に及ぶ会議に参加する・・・

●4/27(木)
埼玉県内出張。
客先に折りたたみ傘を忘れた(泣

| | コメント (0) | トラックバック (0)

E280,Pilot PRIMACYに履き替え

E280のタイヤを、Michelin ENERGY MXV8 から Pilot PRIMACYに履き替えた。

記録によると、83,768kmから111,200kmまで、途中スタッドレス履き替え無しだから、およそ3万キロ弱走行したことになる。

依然、スリップサインまで1~2mm程度はあるので、3,000kmは走れると思うが、GWに長距離ドライブを計画しているので安全・快適性のため余裕を持って。

●購入したタイヤ
ミシュラン パイロット・プライマシー(195/65R15)

●購入した理由
以前、260Eに履かせていた、Pilot HX MXV3-Aのフィーリングが忘れられなくて。
あと、欧州製というのもミーハーだがポイント(MXV8はアジア製が多いという話)。
エナジーMXV8の静粛性には大満足していたので、MXV8でも良かったわけだが。

●購入場所と価格
ヤフオクの業者より、4本送料・代引き手数料込みで47,000円程度

●履き替えとバランス取り
以前の記事「E280,ホイールバランス調整」でお願いした、ジェイクロスにて。
バランスは、「フランジプレート」を使用して取ってもらった。

●感想
後日。
まだ、20km程度しか走っていないので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

260E,ベルトタイトナーダンパー交換他

父の260E('91, 14万キロ超)、エンジンルームから「キンキン」という定期的な異音がしているとのこと。

「検討がつくなら早急に何とかせい」ということで、実は新品交換していない「ベルトタイトナー・ダンパー」を疑った。

ダンパーをベルトタイトナーと同時に交換したことはあるが、単体で交換できるのか不安なまま作業開始。
毎度の事ながら、冷却ファンの取り外しが面倒だ(取り付けはもっと面倒)が、ウォーターポンプ・プーリーまで取り外し、なんとかダンパー単体交換出来た。

しかし、古いダンパーは両端のブッシュに損傷は見られるものの、ダンパー自体の動きに問題は無かった・・・

「原因はこれじゃないのかな??」
と不安になりながらも、元に戻す時に・・・

「ベ、ベルトが裂けてる!」

E280のベルトタイトナー交換時に発見された「割れ」より、遥かに酷い状況。
裂けている部分以外は、E280交換時のよりマシだったので、気づくのが遅れた。

かろうじて、昔のベルトが有り、状態も悪くなかったのでそれと交換。

結果、異音は発生しなくなった。
ほぼ間違いなく、異音の原因はベルトそのものだろう。

★260E/E280の整備から得た結論★
車検毎(つまり2年毎)にベルトを交換すべき。

●過去の整備記録
・E280,ベルト&ベルトタイトナー交換(2005年8月 8日)

●おまけ
ついでにエアーフィルターをチェックしようと、取り外そうとすると・・・

「ボソッ」

??
濾紙を留めているスポンジが風化?

これまた、新品交換しておいた。
まあ、新品を購入しておいたからチェックしたわけだけれど。

Img_1964

260Eも、購入してから既に9万キロ。
2回目の定期消耗部品交換時期かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

E280,111,111km!

「1」のぞろ目を拝めそうだったので、デジカメ持参で出勤。
運良く、信号で停車出来たので、撮影~

Img_1981
トリップメータも111.1で揃えられれば良かったけれど(笑
トリップメータ・リセットスイッチは触らないようにしているので(トラブル予防)。
トリップメータ代わりに、ナビの距離計使えばよろしい。

10万キロ達成が2005/6/25だから、1年で14000kmほど走っていることになる。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ボンネット端のフラップ交換

小ネタだが。

E280のボンネット脇フラップ(と呼べば良いのか?)が割れているのは、前から少しだけ気になっていた。

たまたま、解体車から部品を譲って頂けることになったので、交換した。
年式により形が違うのだが、まあ良いでしょう。

Img_1957
割れてるフラップ。フックで留まっているだけなので、引っ張れば外れる。フックを痛めないように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の智光山公園

車も快適になりつつあるし、暇だったので、久々に智光山公園に行ってみた。

やはり、智光山公園は良い。
この公園の存在だけで、狭山市民が羨ましい(智光山公園は、日高市と狭山市の境にあるわけだが)。

今日は、北東の駐車場に車を駐めて、北東側を散策。

Img_1978
桜の花びら模様の地面。ちょっと寒かったけれど、人もそれほど多くないし快適。
曇っていたので、色が出ない。

ただ一つ。智光山公園の難点と言えば・・・
近隣の会社の存在が・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出張が続く・・・

ここ2週間くらい、出張が続いている。
半日程度の外出を含めると、週3日の勢い。

行き先はほぼ決まっていて、慣れてきたために、移動では疲れなくなったが・・・
やはり、社外での仕事は神経を使うため、精神的に疲れる。

大学時代は、客先でプレゼンする仕事に憧れたものだが、実際にそういう立場になると結構大変。
それなりに楽しい面もあるけれど。

そして、来週も3日ほど外出・出張有り。
机に座っての仕事も溜まりつつ有り・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パワーウィンドウ修理3(モーター交換)

続いて、助手席(左側)のパワーウィンドウ・モーター交換。

偶に動作しなくなるので、当初コンフォートリレーを疑い、修理したり交換したりするが、完治せず。
やはりモーターだろうということで、購入はしておいたのだが、尻が重く(冬だったし)・・・

で、やっと交換実施した。
先日、運転席側のパワーウィンドウばらしをしたので、2時間程度で完了。
どうやら完治したようだ。とても嬉しい。

●ポイント

Img_1959
内張を外す

Img_1960
新旧モーター。新モーターはBOSCH製。配線・スポンジ・ギアカバーは付属せず。移植する必要有り。

Img_1962
配線は、半田付けされているので、半田ごて必要。これが一番面倒だった。


●おまけ・パワーシートスイッチ

前回の反省を生かし、慎重にスイッチつまみを外したつもりだったが、痛んでいたのか、破損していた(泣)

運良く、解体車から部品を頂けたので、二個一にした。

Img_1963
金属プレートを外すと、座面前後スライドつまみの台座を交換することが可能。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パワーウィンドウ修理2

前回の続き。

E280,ウィンドウ・レギュレータ交換(2005年9月 4日)以来、ドアの上下で「カタカタカタカタ」と音がするようになってしまった。

結構安っぽく、気にくわないので原因追及のために再度分解して、ギアの噛み合わせを見ようと思ったわけだが。

Img_1954
取り外されたウィンドウレギュレータ

モーター+ウィンドウレギュレータの状態で上下させても「コトコト」音がする。
モーター単体だとしない。

ということは、想像通りギアの噛み合わせの可能性が高いということで、丁寧に掃除して再度取り付けるが・・・
少し音が少なくなった気もするが、完治せず。

やはり、レギュレータのギア破損時にモーター側のギアも傷んでしまったのだろう。

諦めて、再度取り付け。
父と2人で、慣れない作業に四苦八苦・・・
2時間くらい格闘し、何とか取り付け完了。

ドア内張取り付け時のコツとしては・・・

・ドア内張上端の金属フックだけをドア側に取り付ける
・金属フックに少しラバープロテクタント等を塗布し、モールと内張上端をはめ込む
 (押し込むときはドアを閉めること。ドア下がり防止)
・内張のフックを頑張ってはめる


●ドアウーファー・フレームのボルト化結果

Img_1956
ボルト化したドアウーファー・フレーム。かろうじてウーファーボックスに当たらない。
実際には、防水ビニールを貼ってから、ウーファーボックスを取り付ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前ドアの内装を外す(ドアウーファー・フレームのボルト化)

パワーウィンドウ修理のために、運転席ドア(右前)の内張を外した。

で、肝心のパワーウィンドウ修理まではたどり着けていないが(理由は後日)。
ドア内張外しに関して、コメントする。


●内張外し、インターネット上の文献
W124のドア内張外しの説明ページとしては、下記が有名である。
私も大いに参考にさせて頂いている。

内張りの外し方 (すずたかの整備ROOM)
ドアー内張りの外し方とドアチェッカー交換 (W124 E280 Maintenance note)

が、これらに書かれていないコツが一つあるので紹介を。


●ドアノブを外す

ドアノブを外すと、ドアノブ付近のくりぬき部を痛めずに済む。
作業は簡単。ドアノブ・リンクを外し、ドアノブを前方向にスライドするだけ。

Img_1952
↑金属のリンク(バー)を上にこじると、奥のフック(白い樹脂部品)から外せる

※いつもお世話になっている、Gun auto trade社長に教えて頂きました。ありがとうございます。


●ドアウーファー・フレームのボルト化

後期型のW124には標準装備のドアウーファー。
このフレームがリベット止めされているのが、パワーウィンドウ関係整備の時のネックとなる。

Img_1953
↑上記の手順で内張を取り外し、防水フィルムも外した図。
ドアウーファー・フレームは装着されているが、リベットは撤去されている。

おそらく、製造上の理由(工数削減)のためにリベットにて留められているのだろう、との識者のコメントだが、DIYでは障壁となるので、ボルト化する(予定)。

穴の径は5mm。
ボルトが長いと、ウィンドウレギュレータやウィンドウそのものと干渉するため、最小限の長さにする必要有り。
なので、
 M5×8mm
を用意した。片側8本必要なので、左右で16本必要。
裏からボルトを通し、ワッシャー咬ませて前面でナット留めする予定。
(正確には、まだ留めていない。ボルトが通ること、干渉しないことまで確認済み)


●失敗・・・パワーシートスイッチを破損

ドアの内張を外す前段階として、パワーシートスイッチのつまみを外さなければならないが、力のかけ方を間違え、壊してしまった。

Img_1951
↑座面の前後スライドスイッチのつまみの台座が割れてしまった・・・

正しい外し方としては、マイナスドライバー等で上下左右からこじらず、真上に引っ張りあげることだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »