« SONY CLIE PEG-N700Cのバッテリー交換 | トップページ | 「Eベンツスタイル」に、本blogが紹介されました »

Audi A6 Avant試乗

前回の続き。

●Audi A6 Avant 3.2 FSI quattro

A6_top_xxl

近年話題の、Audiにも乗ってみた。
残念ながら、A6セダンが無かったので、ワゴン(Avant)。
こちらは、一人で勝手に乗り回した(笑

・いきなり結論

Audiはあまり変わっていない。
往年のAudi V8と、良くも悪くも同じフィーリングと感じた。

・いわゆるドイツ車的な乗り味

メルセデス(E280)より運動性を意識しているのだろうか、タイヤ(ピレリP7)や足回りの存在を常に意識させる。
「車の四隅にタイヤがあって、仕事をしているぞ!」という雰囲気。

悪く言うと、ちょっとバタバタしている。
足回りの雰囲気「だけ」で言えば、W211より、こちらの方がW124に似ているかもしれない。
おかげで、装備・内装の雰囲気以外、あまり新しい車と感じられなかった。

・動力性能

一人試乗というのもあるが、車の雰囲気的に、つい飛ばしてしまう・・・・
前述の足回り、エンジンのトルク・排気音、クワトロ。
「俺は高性能!」
という運転者への意図的な意識付けがなされている気がする。

車重はE280(W211)より重いのだが、低速トルクがあり、ちょっとでもアクセルを踏み込むとキックダウンしてぐいぐい加速して行く・・・
これは国産のスポーツセダン(ただしAT)と同じフィーリングで、高級車としてはあまり好ましくないような。

普通の一般道では、「クワトロ」であることを意識出来ないが、それでも交差点を直角に曲がるときなど、FFともFRとも違う安定感・安心感を感じることが出来た。

・内装・装備

カーナビも含む電子装置は、操作性・視認性含めてW211よりこちらの方が進んでいる。
液晶も見やすい高さに設置されているし、BMW風の操作パネル(肘掛けに腕を置いて操作出来る)や、エアコンの操作性など。
しかし、壊れたら高そうなシステムではある・・・・


●まとめ
個人的にはE280(W211)の方が好きだ。
高性能な上に、まったり感・穏やか感が演出されていて、好ましい。

A6は、飛ばしちゃう雰囲気がある。
常に車の性能を意識してしまうようなイメージ。

値段はどちらも700万。乗り始め800万弱くらい?

メルセデスとアウディーを比較して買う人も、あまりいないと思うが。

|

« SONY CLIE PEG-N700Cのバッテリー交換 | トップページ | 「Eベンツスタイル」に、本blogが紹介されました »

車の評価」カテゴリの記事

コメント

W211のSBCって6月のマイナーチェンジで廃止になったんですよ。

投稿: 匿名 | 2006年6月12日 (月) 11時38分

匿名さん、コメントありがとうございます。

SBC廃止というのは、本当でしょうか?
私も噂に聞いたことはありますが、ホームページにも記載が残っており、営業さんもSBCについてコメントされていたので、搭載前提で記載しています。

投稿: やまりゅ~ | 2006年6月13日 (火) 00時18分

本社発表のプレス資料によるとW211は6月以降生産モデルからSBCは搭載していないとのことです。

投稿: 匿名 | 2006年6月13日 (火) 16時52分

なるほど、ということは、少なくとも私が乗ったのはSBC搭載ですね。

投稿: やまりゅ~ | 2006年6月17日 (土) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33788/10476071

この記事へのトラックバック一覧です: Audi A6 Avant試乗:

« SONY CLIE PEG-N700Cのバッテリー交換 | トップページ | 「Eベンツスタイル」に、本blogが紹介されました »