« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

尿管結石で、人生2度目3度目の救急車・・・

いろいろ大変だったのだが、先に結論を書く。
尿管結石で、今日の朝激痛に襲われ、人生2度目・3度目の救急車を経験してしまった・・・

●予兆(会社編)
予兆は昨日、勤務中にもあった。
午後、下腹部に違和感を感じ、トイレとお友達状態に。しかし、便はあまり出ない。

そのうち、どんどん痛くなり、諦めて医務室に。
薬をもらい、飲んで横になっていたら痛みが治まったため、早退させてもらった。
(一応フレックスのコアタイム外なので、勤務上はOK)

#後でわかったことだが、このときの薬は、全く効いていないと思われる。
 単純に横になったために楽になったのだろう。

帰宅後、「風邪じゃない?」と母に言われ、早めに寝た。


●激痛(自宅編)
今日は、社内で引っ越しをするということなので、出勤しないと周りに迷惑をかけてしまう。
というわけで、出勤準備を進めていると・・・・
腹が痛くなってきた。

「午前半休でも取って、様子を見よう」
会社に電話をかけた。
インターネット上で「腹痛 差し込む」などと検索してみると、「腹膜炎」などという怖い病名も出てきて、ちょっとびびる。

次第に、痛みで苦しくなってきた・・・・
腹を冷やしたときと同じような痛みだが、痛みの波はなく、ひたすら痛い。

しばらくベッドに横になるが、一向に回復の兆し無し。
こう書くと冷静っぽいが、実際には「うんうん」うなりまくり。

20分くらい頑張っただろうか?
「腹痛で救急車を呼ぶのは恥ずかしい」
と当初思っていたが、誰かの運転で病院に行っても待合室で醜態をさらしそうだし、もう我慢出来ない。

仕方なく、妹に119番してもらう。
(既に自力で電話をかける気力も無し)

サイレンの音と共に、直ちに(10分くらい?)救急車がやってきた。
同時に、母親も帰宅してくれたので、同乗にて近所の病院に向かうことになった。


●人生2度目の救急車乗車(近所の病院編)
とりあえず、救急隊員の薦めで、近く(救急車で3分程度)の病院にやってきた。

「これで助かる」そう思ったが、甘かった。
レントゲン撮影もしたりしたが、医者が一言。
「もっと精査しないと、何とも言えない。大学病院で検査してもらおう。」

なにやら、車で20分ほどある、大大学病院に電話をしているようだ。
その間も、ベッドの上で「うんうん」うなり続ける自分・・・

そのうち、また救急車がやってきた。
その病院の看護師さんにも同乗していただき、あまりあてにならなかった近所の病院を後にした。


●人生3度目の救急車乗車(ちょっと離れた大学病院編)
救急車で揺さぶられること20分。
3年ほど前、自動車の自損事故で大怪我をし、3ヶ月ほど生活した、大きな大学病院着。
そこに、また同じ手段で担ぎ込まれた自分。

懐かしさに浸っている場合では無い。
ある意味、前回よりも辛い。

早速、救急病棟の治療室で、先ほどと同じ検査を受ける・・・
が、さらにエコー検査、心電図調査。レントゲン撮影も再び行った。
尻の穴に手を入れられ、検便も実施・・・

このあたりで、先生は
「尿管結石の可能性が高い。他にも腸が破れてガスが出ている可能性もあるが、いずれにせよ尿検査とCTスキャンだ」
とのご判断。

これを聞いて、なんとなく一安心。
しかし、痛みは続いていたので、座薬を入れてもらう。

その後、尿検査。
自分自身では気づかなかったが、血が混ざっていたようで、尿管結石の可能性が高まる。

が!
その後、腹の中に突然「ピン」という刺激が走ると同時に、突然痛みが消えた!
どうやら、小便をしたために、石が動いたらしい。

どうにも格好悪いが、その旨を伝え、念のためCTスキャンを撮ってもらった。
結果、やはり石があった。3mm程度らしい。
既に、膀胱のあたりに到達しており、尿管結石というか、膀胱結石状態に近い?
尿管を脱すれば、痛みが起こる可能性も減りそうなので、安心~

#このCTスキャン画像、見せてもらったのだが・・・
 ついでに、自分の○○○の断面画像も見てしまったよ orz

「水をよく飲めば、そのうち出ます。とりあえず、痛み止めを出しますから、再度痛くなったら入れて下さい」
ということで、両親の車で帰宅。

こう書くと短いみたいだが、全てで5時間ほどかかった。


●まとめ
尿管結石、聞いたことはあったが、こんなに苦しむとは。
しかも、「30歳以上の男性」に多い病気?らしい。
なんか悲しい~

大学病院で聞いた話だが、ここ数日、尿管結石で搬送された患者は数名に上ったようだ。
暑くなり、汗で尿が減ったのが、患者増加の原因だろうか。

(ポイント)
腎結石にせよ、尿管結石にせよ、痛みの箇所特定は結構難しい模様。
「結石」と断定するには、やはりCTスキャンや検尿をするしか無いみたい。


●参考ページ
Simsim's Labo 出たっ!! 尿管結石!!
このページは強烈。石の写真がある・・・

金沢医科大学 患者さんのための腎・尿管結石の手引

他にも、たくさんの方々の苦闘記を読むことが出来る。
goole 「尿管結石」で検索

| | コメント (4) | トラックバック (0)

クリスタル・ヨット・クラブ

先々週末の話になるが。

大学オケの友人結婚式2次会で、クイズ大会に優勝?し、「クリスタル・ヨット・クラブ」のランチクルーズチケットを頂いたので、早速予約を取って行ってみた。
場所は、天王洲アイルである。
前の会社の研修で行って以来のような(笑

Img_0102
↑品川ふ頭橋より、LADY CRYSTAL号を望む・・・
残念ながら、雨天。

Img_0107
↑船内より、出航時に撮影。
船内で写真撮影しまくるのも恥ずかしいので、あまり写真撮っていない。

天気が悪かったのが残念だったが、良い経験をさせて頂いた。
(正直、プレゼントで無いと体験しづらい。パンピーの私は、このようなサービスの存在そのものを知らなかったし)

船内からだけでなく、デッキでのんびり~と言うのも良さそうだが、天気が良くても、ランチクルーズだと時間一杯で無理なのかな?

新郎新婦、2次会幹事、クイズチームメンバー各位に感謝したい!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

SPEED JAPANに部品を発注(ブレーキパッド、ベルトなど)

先日の記事で「見積もり依頼を出した」と書いたが、早速SPEED JAPANから見積もりが届いた。
やはり、国内調達は楽でいいな~

値段も、十分満足出来る額。
具体的には、ボルト・ナット等の小物を含めて全部で45,000円くらいだ。

直ちに発注依頼のメールを出した。
部品が届き次第、整備開始予定。

基本的に全て経験済みの作業なので、特別楽しみでは無いが。
古い車だけに、ピシッとした状態で乗りたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブレーキ摩耗警告灯点灯、部品をSJに見積もり依頼

2週間ほど前、E280のブレーキ摩耗警告灯が点いた。
最初は偶にで、今はブレーキ踏んだときは常灯。

過去の整備記録を見直してみると、前回交換※は2003/8頃(74,000km時)。
現在、115,000km超なので、3年、4万キロほど走行して摩耗警告灯が点いたことになる。

※同時に、ローター交換、キャリパーOH、ホース交換も行っている。
(訂正 2006/7/24)
・E280のブレーキ・リア足回り整備
によると、途中で1度パッド交換をしていた。
整備記録に漏れていた。

過去の経験から言うと、摩耗警告灯が点いても 5,000km位は十分走れる感じ(私の乗り方で)なので、あまり焦る必要は無いが、父の260Eもローター・パッド交換をする時期に来ており、部品が足りない。

そんなわけで、久々にパーツの発注をすることにした。
個人輸入は面倒(苦笑)なので、最近良くお世話になっている、SPEED JAPANに。

見積もり依頼を出したパーツは、まとめると下記:

・エアコン・フィルタ (E280用)
・Vベルト (260E用/E280用 それぞれ)
・ロアアーム・リペアキット (ロアアーム自体は入手済み)
・インターメディエイト・ベアリング
・フロント・ブレーキパッド
・ステアリング・ショック(2台分)
・ワイパー・ラバー(6本)

いくらくらいになるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チサンホテル宇都宮に泊まる

相変わらず多い、宇都宮出張。
今週末は、「チサンホテル宇都宮」に泊まってみた。

本当は、場所的に快適でいつも泊まっている「ホテルスカイ」に泊まりたかったのだが、相変わらず「禁煙ルーム」を取りづらい(つまり人気が高い)
もっとも、禁煙ルームの人気の高さはどこのホテルでも同じで、以前から興味のある「東横イン」に、未だ泊まれていない・・・・
なんでもっと禁煙ルームを増やさないかな。

で、本題の「チサンホテル」であるが、さすがに高い(と言っても、ホテルスカイの1000円程度だが)だけあって、快適だった。

何が快適だったか?

・ベッドがセミダブルサイズ
・湯量がたっぷりしている
・バスタブが広く、シャワーも浴びやすい
・部屋の遮音がしっかりしていて静か
・有線LANが部屋に来ている
・朝食を、明るいレストランで食べられる(バイキング)

難点をあげれば、冷蔵庫がうるさかったことかな・・・
今度泊まる機会があれば、冷蔵庫は止めちゃおうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Eベンツスタイル」に、本blogが紹介されました

少し前に発売された、
月刊GERMAN CARS 7月号臨時増刊 「誰でも乗れる Eベンツスタイル」(株式会社アポロコミュニケーション)
に、本ブログが紹介された。

Top1

内容は、定番の消耗品の紹介やパーツの購入の仕方など、既にインターネット上で情報収集をされている方々なら比較的当たり前?の事が書かれているが、W210特集など、読み物としても面白い。

私は、この雑誌に載っているオンライン上の団体には所属していないのだが、知っている方もちらほら・・・

しかし、「誰でも乗れる」というのは、さすがに嘘じゃ無いかなぁ・・・
車趣味、車の整備に時間かけて良い!っていう人じゃないと、W124なんてお奨め出来ないよ。

W210の程度の良いのを買えるなら、日産フーガとかを新車で買った方が幸せかもしれないし。


ついでに買ってみた、GERMAN CARS 2006/6号

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Audi A6 Avant試乗

前回の続き。

●Audi A6 Avant 3.2 FSI quattro

A6_top_xxl

近年話題の、Audiにも乗ってみた。
残念ながら、A6セダンが無かったので、ワゴン(Avant)。
こちらは、一人で勝手に乗り回した(笑

・いきなり結論

Audiはあまり変わっていない。
往年のAudi V8と、良くも悪くも同じフィーリングと感じた。

・いわゆるドイツ車的な乗り味

メルセデス(E280)より運動性を意識しているのだろうか、タイヤ(ピレリP7)や足回りの存在を常に意識させる。
「車の四隅にタイヤがあって、仕事をしているぞ!」という雰囲気。

悪く言うと、ちょっとバタバタしている。
足回りの雰囲気「だけ」で言えば、W211より、こちらの方がW124に似ているかもしれない。
おかげで、装備・内装の雰囲気以外、あまり新しい車と感じられなかった。

・動力性能

一人試乗というのもあるが、車の雰囲気的に、つい飛ばしてしまう・・・・
前述の足回り、エンジンのトルク・排気音、クワトロ。
「俺は高性能!」
という運転者への意図的な意識付けがなされている気がする。

車重はE280(W211)より重いのだが、低速トルクがあり、ちょっとでもアクセルを踏み込むとキックダウンしてぐいぐい加速して行く・・・
これは国産のスポーツセダン(ただしAT)と同じフィーリングで、高級車としてはあまり好ましくないような。

普通の一般道では、「クワトロ」であることを意識出来ないが、それでも交差点を直角に曲がるときなど、FFともFRとも違う安定感・安心感を感じることが出来た。

・内装・装備

カーナビも含む電子装置は、操作性・視認性含めてW211よりこちらの方が進んでいる。
液晶も見やすい高さに設置されているし、BMW風の操作パネル(肘掛けに腕を置いて操作出来る)や、エアコンの操作性など。
しかし、壊れたら高そうなシステムではある・・・・


●まとめ
個人的にはE280(W211)の方が好きだ。
高性能な上に、まったり感・穏やか感が演出されていて、好ましい。

A6は、飛ばしちゃう雰囲気がある。
常に車の性能を意識してしまうようなイメージ。

値段はどちらも700万。乗り始め800万弱くらい?

メルセデスとアウディーを比較して買う人も、あまりいないと思うが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

SONY CLIE PEG-N700Cのバッテリー交換

愛用していたPDA(Palm OS機)、Visor Deluxeが壊れたようだ。
電池がすぐに消耗してしまい、交換してブートしても、"Fatal Error"ですぐに落ちる。
おそらく、メモリのどこかが損傷したのであろう。
なので、復旧は諦めた。

しかし、会社のサイボウズ・オフィスと、サイボウズ・シンクで同期を取り、純粋にスケジューラ兼メモ帳として使っていたので、Palm機(※)が無いと激しく不便

※会社のサイボウズが古いため、Palm機としかシンク出来ない。
 サイボウズ・シンクも私物だし。

具体的には、朝起きてだるい時、
 「今日は休めるかなぁ・・・(Palmの電源を入れて)大した用事無いから、休んじゃお~」
みたいな感じ(笑
あと、飲み会の場所の記録とか・・・(爆

そんなわけで、会社のネットニュースに、「余っているPalm機を譲って下さい」と投稿したら、先輩が"SONY CLIE PEG-N700C"(750にアップデート済み)を譲って下さると仰る。

Pegn700concradle

当時は、手が出せなかった、ハイレゾ・カラー機(死語?)では無いかっ!

喜んで譲って頂き、ハイレゾのすばらしさを堪能・・・・
と言いたいところだが、どうもバッテリーがへたっているようだ。
そのため、すぐに死んでしまう。
これでは古いVisor君の方が格上!
(というか、普通の電池で2週間満足に使える、というのもPDAとしては重要な要素だったわけだ)

というわけで、「ロア(ROWA)・バッテリー・バンク」で対応バッテリー(N600C)を購入し、交換してみた。

なお、バッテリー単体だと2550円(送料込めても3000円弱)だが、交換作業工賃込みだと6000円前後のところが多いようだ。

Img_0108
メイン基盤を分離し、バッテリーを剥き出しにした状態。左下が新バッテリー。

交換作業は、上記ページのマニュアル(今見ようとしたら、見られなくなってる・・・)を参考に、30分程度。
フレキを外さなければいけないのが、少々面倒ではあった。

交換後は、さすがにバッテリーの保ちが良くなったが・・・
それでも、2日で無くなることがある。あまり使っていないのに。

もしかしたら、起動しているアプリに問題があるのかなぁ?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

E280(W211)試乗

先々週の話になるが。
知り合いの整備工場でヤナセの試乗会をやっていたので、(ヤナセよりは)気楽に試乗して来た。

試乗したのは2台。
・メルセデス・ベンツ E280(W211)
・アウディー A6 Avant 3.2 FSI quattro

2回に分けてお送りする。

●Mercedes-benz E280(W211)

Main

やはり、一番気になるのはW211。
しかも、車名も同じE280(ただし、エンジンはV6 3000cc)。

・試乗の内容

こちらは営業さん同乗(ちょっと残念だが、逆にいろいろお話を伺えた)。
私が普段街乗りするペース(法定速度+ちょっと)で走行、オーディオもOFFだ。

一度もアクセルを深く踏み込んでいない(3000rpm以下)ので、加速とか速さはわからないが、そういうのは専門の方々に任せる。

・いきなり結論

この車はとても良い

正直、
 「(W124時代と比べて)最近のメルセデスは・・・」
という話を聞いて、しょぼいものを想像していたが、全く裏切られた。

耐久性とか整備性はわからない(実際、整備性は悪いらしい・・・)が、乗った感じの高級感、特に滑らかさはW124の比では無い。

誰?W124の方が良いとか言う人は(苦笑
やはり、新しい車の方が良いのだよ。

・滑らかな乗り味

(W124と比べ)サイズは明らかに大きいが、とても運転しやすい。
視界は、W210より明らかに良くなっていると感じた。

特に気に入ったのは、ステアリングの滑らかさと、電子式7速ATの滑らかさ、エンジンの静かさ(静けさ?)。
足回りも、フリクションを感じさせず好印象。
ロードノイズも極小。
今までの人生の中で、「もっともタイヤの存在を忘れられる車」だ。
ちなみにタイヤはミシュランのMXV8だった。

・それでも気になった点

シートは、W124の方が良いと感じた。
W124 E280に戻ってから気づいたので、別に問題があるわけでは無く、あくまで比較論。

それから、ブレーキはちょい過サーボなフィーリングだが、カックンブレーキでは無い。
例の電子式ブレーキ(SBC(センソトロニック・ブレーキ・コントロール))は、私が試乗中は異音が発生しなかった。
営業さんが、
「異音は発生しませんねぇ。偶に発生するんですが。」
と言っていたので、気になるところではある。

カーナビの液晶位置も気になった。
W210と同じ位置にマウントされているが、明らかに場所が悪い(というか、この位置への搭載は古い)。
「DVDナビだから・・・」
と営業の方は言っていたが、中身よりも視認性を何とかして欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつかはポルシェ(CG選集)

久々に車の本を何冊か買った。
そのうちの1冊は、本blogが紹介されているが、これは後ほど紹介するとして、その中の1冊を紹介。

●ポルシェ911―964~997 CG選集(二玄社) ★★★★★
000751_l

名前の通り、ポルシェ911、Type964から、最新の997の本。

CGと言えば長期テスト
本誌にも、964を1年間、5万キロ程度乗った記録が残されている。
20万キロ乗った、W124(260E)の記事などに比べると物足りないが、この手の車の長期テスト結果は貴重だろう。

私は、この本を買うまでは993派だったが、マンガ「湾岸ミッドナイト」などを読んだり、この本を読んだりするにつれ、964派になりそうだ(笑

斜め後ろから見た時、ヘッドライトのラインに向けて砲身のような直線が、丸みを帯びた車体の中で際だって見えるのだが、如何だろうか?

その他、スーパーポルシェ(カレラGTや、959、RUFなど)も載っている。

CG選集は、お気に入りの車があったら中見なくて買っても良いくらい、良い本。
ポルシェ版も★5つ。

メルセデスのCG選集などは、後編(W124後期、R129以降)も出して欲しい。
前編も絶版状態のようだし(私は所持しているが)。

●リンク
・二玄社
・二玄社の「ポルシェ911―964~997」紹介ページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

W124で往復2800kmのドライブはどうだったか

間が空いてしまったが、九州旅行編を完結させたい。
(別途、高速道路走行については思うところがあるので、別記事にまとめるかもしれない)

今回のドライブは、「九州旅行時の燃費(E280、11km/L)」に書いたとおり、往復2800km弱も走った。
うち、往路の200km程度は運転を代わって頂いたので、2600kmは私自身が運転したことになる。

W124(E280)を、短期間に2600km(時間にすると40時間ほどか?)運転してどうだったか。

●肉体的には?
腰は全く痛くならなかった。
座面交換済みというのもあるが、楽な服装、例えばチノパンなどを穿くのも重要だ。
ジーンズだと、長時間の運転時、どうしても腰のあたりに違和感が出てしまう。

肉体的にきつかったのは首・肩。
特に首筋が固まりそうだった。
高速道路運転時は、2時間程度でSA/PAに入り、肩・首のストレッチ、水分補給が必要と感じた。

●精神的には?
「運転が嫌になることは無かった・・・」
と言いたいところだが、さすがに帰路「大阪~京都」付近では運転が嫌になった。
雨天と混雑、疲労が重なり、とても辛かった。

空いている高速道の走行はとても快適だったが、混雑や悪天候も考慮に入れ、スケジュールを立てる必要がある。

●高速道の走り方
とにかくロングドライブであるし、往路は家族を乗せていたということもあり、基本的に飛ばしていない。
具体的には、速度計の11時程度でオートクルーズ走行中心だ。

変に焦って飛ばすことより、休憩回数を少なくすることを考えるべきだろう。
事故リスクと、燃費の問題もあるし。

Img_0146
宝塚の知人宅にて、190E 2.3-16Vとの2ショット。

●まとめ 「W124で高速道路を長時間走るということ」
本国では、1000km程度のドライブは日常的に行われていると聞く。
しかし、日本では100km/hしか合法的に出せないわけで、どんなに高性能車を持っていても時間を金で買えるわけでは無い。

W124を100km/h(+α)程度で走らせると、非常にリラックス出来る。

・快適な運転姿勢を取れるシート&ハンドル・ペダル位置
・滑らかなハンドリング(特に微修正のしやすさ)
・ロードノイズ・風切り音の少なさ
・ダイレクト感のあるAT

「リラックス=低疲労」ということだ。
低疲労であれば、休憩時間・回数も減らすことが出来るので、結果、早く目的地に着くことが出来る。
ハイウェイクルーザーの真骨頂と言えるのでは無かろうか。

※補足
もっとも、最近の国産車でも中級以上のセダンなら性能的に不満は無い。
むしろ、静粛性・動力性能などは、W124より勝っているだろう。
けれど、座席に座ってハンドルを握り、いざ運転しようとしたときの「どこまでも行ける感」は、なかなか得難い。
車の持つ雰囲気というものだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超久々に青梅鉄道公園

ちょい前の平日の休日(代休)に、車で20分の青梅鉄道公園に行ってみた。
八高線電化10周年展」もやっていたし(既に6月なので終了しているが)。

平日なので、さすがに空いていた。

幼稚園・小学生の頃は良く行ったけれど、最近は全く行っていなかった。
もしかしたら、大学生の頃、暇で1回くらい行ったかも知れないが、記録が残っていないのだ(笑

久々に行った青梅鉄道公園。
入場料が未だに100円なのがイカス(笑
展示物(展示車両)は比較的最近に出来、私も5年ほど前に訪れた、「碓氷峠鉄道文化むら」の方が多く、模型も凝っているが、なんとも懐かしい思いに浸れた。

折角なので、屋外展示をもっと充実させて欲しいなぁ。
八高線車両(30系)とか、青梅線車両(101系/103系/201系)とかね。

Img_0115
屋外展示物に関しては、同じ頃に行かれたKaz-Tさんのブログ、「Kaz-Tの鉄道趣味で今日も行く」に良い写真が多いので、そちらをご覧下さい。
ED16なんて、私が子供の頃はがんがん走っていたのだけれどなぁ・・・

Img_0118_1
ちょうど、「八高線電化10周年展」をやっていたので、じっくり拝見させて頂いた。
私も、気動車時代の八高線にはお世話になったのだ。
「大宮-日進」間や、「拝島-箱根ヶ崎」間の往復って・・・短すぎないか?

●童謡「はしれちょうとっきゅう」について
東海道新幹線は、0系時代に250km/hで走っていないだろ~!(苦笑
220km/hだよね。適当だなぁ。

●相互トラックバックのお願い
青梅鉄道公園関連の記事を書かれたblogに、トラックバックを飛ばしました。
よろしければ、相互トラックバックをお願いいたします。

●参考(サイト)
・青梅鉄道公園公式サイト
・Wikipedia「青梅鉄道公園」
・鉄道チャレンジクラブ

| | コメント (4) | トラックバック (2)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »