« 尿管結石で、人生2度目3度目の救急車・・・ | トップページ | PCCHIPS M863G(Mobile Athlon XP 2100+搭載版)購入、交換、爆音・・・ »

260E,Fブレーキロータ等交換

父の260E('91、143,000km)の整備を行った。内容は下記:
・ブレーキ・ロータ、パッド、フルード交換
・ヒューズ交換
・ステアリング・ダンパー交換

●ブレーキ・ロータ、パッド、フルード交換
ATEのPowerDiscを装着して、おそらく5年、7万キロくらい走ったであろう(父の車なので、正確な記録が無い)。
最初は新品パッドだったが、摩耗警告灯が点き、2004/10にE280のお古パッドに交換。以降、2万キロ弱走っているのである。
お古パッドということもあり、ブレーキフィールが良くなかったのだ。
また、2003/9にキャリパーOH、ホース交換の記録有り。

Img_0114
ATE PowerDiscの模様がほとんど消えている。
マイクロメータで計ってみると、19.4~19.7mm厚しか残っていない。
ちなみに、厚さの最低は19.4mm(新品時22.0mm)なので、交換しどきである。
過去の経験から言って、ロータは10万キロ保たないと思う。

Img_0115_1
新旧パッド比較。
古いパッドは、内側と外側で厚みが随分違うが・・・
E280でも使っていたので、どちらの性かは良くわからない。

Img_0117
交換後の姿。
キャリパーピストンが最大に押し込まれた状態であり、パッドもよく見えて頼もしい(笑

Img_0118_2
ついでに、ブレーキフルードも交換。
APロッキードのSuperDOT4に(メルセデスはDOT4指定)
米IPSから輸入した、パワーブリーダは、DIYブレーキ整備の必需品!

交換後は、ブレーキのフィーリングが劇的に改善された。
当たり前か。


●ヒューズ交換
2006/3末に、260Eのヒューズをチェックした際、特に痛んでいなかったので新品交換しなかったのだが。
その後、走行中に振動でヒューズが断線し(過電流で飛んだのではなさそう)、室内系の電源が全部落ちるという事件があったので、念のため全交換した。


●ステアリング・ダンパー交換
ステアリングのしっとり感が無くなっていたので、ステアリングダンパーを交換してみたが・・・
古いステアリングダンパーも、それほど傷んでいなかった(前回、4年前に交換)し、交換してもあまり変化無かった。

しっとり感消失の原因はタイヤか?
5分山のミシュラン MXV8だが。

空気圧をいろいろ変化させて、調整してみることにした。

|

« 尿管結石で、人生2度目3度目の救急車・・・ | トップページ | PCCHIPS M863G(Mobile Athlon XP 2100+搭載版)購入、交換、爆音・・・ »

車の整備(W124)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33788/10763261

この記事へのトラックバック一覧です: 260E,Fブレーキロータ等交換:

« 尿管結石で、人生2度目3度目の救急車・・・ | トップページ | PCCHIPS M863G(Mobile Athlon XP 2100+搭載版)購入、交換、爆音・・・ »