« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

E280,Fブレーキロータ&パッド交換

SPEED JAPANから直ちに部品が届いたので、E280(116,700km)も
・前ブレーキ・ロータ、パッド、フルード交換
・エンジンオイル交換(前回から6000km走行)
を行った。

直前に260Eのを交換しているので、写真は無し。
今回は、
ロータ:BALO製
パッド:ATE製
となった。

ちなみに、後期型のブレーキフルードタンクは中期型と異なる。

・中期型
フロントブレーキ用液室とリアブレーキ用液室が仕切られている。
タンク上部からしか、リア用液室にフルードを回せないため、比較的前後別々にフルード交換が可能。

・後期型
フロントブレーキ用液室とリアブレーキ用液室が中間付近で繋がっている。
そのため、全輪交換しないとあまり綺麗に交換出来ない。

リスク管理的には、後期型の方が優れているかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

mixi関連ニュース ~バトンの是非~

ITmedia Newsに、興味深い記事が載っていたので紹介する。

●「mixi疲れ」を心理学から考える 2006年07月21日

自分の日記にあしあとやコメントが付くと、周囲から認められたという「認知欲求」、自分を受け入れて欲しいという「親和欲求」が満たされ、それが快感になるという。
つまり「コメント欲しさに日記を書く」→「コメントが付いて嬉しくなる」→「コメントをくれた人の日記にもコメントを返す」→「自分の日記へのコメントが途絶えると、コメント欲しさに新たに日記を書く」──というサイクルが際限なく続くのが“mixi日記中毒”の正体と言える。
(上記リンクページより引用)

これらはSNS(mixiなど)に限らない。
古くはインターネットニュース、ML(メーリングリスト)、Webページ、ブログでも同じだ。
私も、ML、Webページ、ブログをやっているわけで、欲求を分析されているようでちょっと痛い(苦笑

SNSに話を戻すと、SNSは日記等の情報公開の敷居が低いし、友達リスト(mixiのマイミク)だけに公開が出来るなど、コミュニケーションを取ろうとする範囲を限定出来るのがポイントだろうか。


●Web2.0時代の“脆弱性”――mixiチェーン日記はなぜ広まったか 2006年06月23日

だが、そこに潜んだ根深い問題も透けて見える。mixi日記やブログの普及で、ユーザーがネットでの簡単に発言し、情報を共有できるようになった一方、「チェーンメールは転送しない」という、“Web1.0時代”には当たり前だったネットリテラシーを身に付けていなかったり「ネタをネタと見抜けない」ネットユーザーが増えている、という現実だ。
(上記リンクページより引用)

前述の通り、SNSにより情報公開の敷居が低くなったことによる問題と認識した。

確かに、以前は
・チェーンメールは転送しない
・ネタをネタと見抜いて、楽しむだけにする(まぁ、判断しづらいものも多いが)
は、インターネット利用上の基本だったわけだ。

また、「バトン」についても簡単に触れられている。
「バトン」の是非については、ちょっと検索して見ると、下記の内容が的を射ていると感じた。
(トラックバックさせて頂きました)

・私見:SNSのバトンに潜むリスク(佐藤和男のジョブウェブキャリア立ち上げ実録)

何しろバトンは、「個人情報を引き出すために誰かが設定した問い」なのですから。
※ビジネスの観点で言えば、個人情報は非常に価値がある「高価な商品」なのです。
(上記リンクページより引用)

なるほど、仰るとおりだ。
他人のバトン回答を読むのは楽しいが、私は答える気にならないのは、こういう理由かな。
自分のWebページやブログであれば自分が提供する情報をコントロールできるが、バトンの場合は完全なアンケート回答だから。

・Musical Batonはどこが問題なのか(YAGITCHE)

問題なのはずばり、「パスしちゃ駄目じゃん!」などとバトンを回すことを強制したり、プレッシャーを与えることだ。
(上記リンクページより引用)

仰るとおり。
まぁ、知人友人からの質問ということで、回答率の高いアンケートくらいに思っておいた方が良いだろう。
アンケート結果も、相手を知っているだけに興味深いわけだし。


●「mixi依存症なんです」――ソーシャルネットで人生が変わった26歳女性 2004/08/31

なんか、Niftyserve時代のフォーラムを思い出した。
懐かし~!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

鞄とパスケースを購入

鞄とパスケースを購入した。

「物持ちがいい」と言えば聞こえは良いが、ぼろくなってもついそのまま使い続けてしまうため、なかなか日用品を買い換えないのだ。

●鞄

プライベートも仕事も、全て3年以上前にユニクロで買ったリュック(しかもエンジ)を使っていたのだが、マチの部分がぼろぼろになったのと、仕事の時にスーツで一緒に持ち歩くのに恥ずかしくなってきた(苦笑)ので、鞄に買い換えを決断。

私が鞄に求めるスペックとしては:

・(いつも使うために)ポケットがたくさん付いていること
・ノートPC(ThinkPad Xシリーズ)を快適に持ち歩けること
・B4サイズの楽譜を持ち歩けること(オケ・ブラス練習時用)
・出来たら、1泊程度の出張に耐えられるだけの容量があること
 (ノートPC+着替え)

で、ちょうどユニクロ(←そこしか行かないのかよ、自分)で、B4サイズのが売っていて、値段の割にモノも良さそうなので決定!
なんとか、上記を全て満たしそうだし(難しいと思っていたが)。

B4_ttl_pct
マルチブリーフケース(B4)

しかし、blogを書くので調べてみたら、高級版もあったのね。
・強靭で上質なERGONモデル(ただし、B4版は売り切れ)
ちょっと残念なり。

(追記)
他の方のblog(トラックバックさせて頂きました!)によると、これは「GoodsPressコラボ商品」らしい。
「キャリーバッグ」も買っておいた方が良いかな・・・
www.uniqlo.comには、もう載っていないから。


●パスケース

パスケースもぼろぼろになっていた。
パイロットの、革製パスケースだが、記憶では学生時代から使っていたような・・・・

もう、何年使っているかわからないような代物で、プラスチックの部分が割れまくって使いづらくなっていたのだが、惰性で使い続けていたのだ。
たまに、割れたプラスチックが爪の中に入って痛い思いを何度かして、その都度「買い換えてやるっ」と思ったりしたが、やっとである。

昔(定期券時代)とは違い、最近は出張時と週末しかパスケースを使わない。
中に入れているカードも、

・Suica
・パスネット
・バスカード
・新幹線回数券

程度だ。

よく考えてみると、耐久性に問題があるプラスチック窓は不要である。
ブランド物だろうがなんだろうが、ここの耐久性は皆同じだろう。
プラスチック窓は有れば有るで絶対に便利ではあるが、デパートの展示品を見ても、痛んじゃっているモノが多いことから、避けることにした。
※プラスチック窓有りパスケースの例

で、選んだのは以下のような、穴あきタイプ。
※単パスケースの例

このタイプは初めてで、使い勝手的に未知。
だが、すでに定期券のようなカードを誰かに見せることは無い(唯一有るとすれば社員証だが、これは専用ケース有り)ので、使ってみることにした。

買ったのは、池袋Loftの革小物コーナーで、ASHFORDのもの。
1890円なり。

Suicaは、見えないところ(一番真ん中のカード入れ)に納めたが、大丈夫かな。
それだけが不安。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ATEのPowerDiscは削れやすい?

2006年6月25日に書いたとおり、E280のブレーキ摩耗警告灯が点灯しているため、パッドの交換を行おうとしたが・・・
ATE PowerDisc特有の形状のスリットが、部分的に無くなっている・・・

マイクロメータで厚さを測ってみると、なんと19.7mm!!
残り0.3mmしか無い(つまり、残り10%ちょい)。
測る場所により、厚さに差があるだろうから、もう交換時期と考えて良かろう・・・

しかし、4万キロ、パッド1回分で厚さが無くなってしまうとは。
4万キロもパッドが保った事を考えると、キャリパーOHが失敗しているとも思えないし。

(訂正 2006/7/24)
・E280のブレーキ・リア足回り整備
によると、途中で1度パッド交換をしていた。
整備記録に漏れていた。

Ate_rotor
米ATEのページより

やはり、「ATE PowerDiscが削れやすい」と考えたいところだ(苦笑
ATE PowerDisc+ATEパッドの組み合わせ、ブレーキタッチはとても良かったが、さすがにパッドと同時にロータ交換はきついよ。せめて、8万キロは保って頂きたい。

そんなわけで、パッド交換を中止し、早速SPEED JAPANに部品の発注を行うことにした。
(続く)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2台のLinkStation(HDD交換)

去年の8月に書いたが、2台のBuffaloのLinkStationを活用している。
どちらも、HDD交換したので報告する。

●HD-80LAN
2003/2発売の製品。
購入したのは、発売後しばらくして。おそらく2003/夏だろうか(記録無し)。

一時期話題になったが、空冷ファンがうるさいため、ファンを殺して使用。
その代わり、表面のケースの一部(グレーの帯状の部品ね)を取り外して使い続けた。

2005/10に、HDD容量が足りなくなり、200GBのHDDに換装。
以降、家族用の共有ドライブとして活躍中。
外した80GBのHDDは、今でも家族用PCで使用中。

※下記HD-HG250LANのHDDクラッシュ時に、私のデータもこちらにコピーして使ったが、HGLANシリーズに比べ、フォルダ名・ファイル名取得など、やはり遅いようだ。

Img_1577
HDD交換時の写真。2005/10撮影。


●HD-HG250LAN
上記のように、2005/8購入
当初、家庭内LANをGigabit化する予定で購入したが、それは未実施(苦笑

Gigabit化しなくても旧製品より高速なため、快適に使用していたが、今年のGW明けくらいに異音発生
カコカコカコ・・・・・カチーン」と、HDDの回転が止まってしまう。
定期的にバックアップを取ってはいたが、最後にかろうじてバックアップが取れ(必要なファイルは上記HD-80LAN改にコピーし)、ファイルの更新をしないように様子を見たが、異音・HDD停止発生頻度がどんどん向上(つまり稼働率低下)。

最初、電源部分の電圧低下を疑った(Web上で同様の故障例が多く見つかったため)が、電解コンデンサの破裂・液漏れは無し。
HDDをUSB HDDケースに繋げると、やはり同じ状況になったので、HDDの故障と判断。

※入っていたHDDは、Western DigitalのWD2500BB。Webで検索したが、あまり評判良くないようだ。

そうとなったら、HDDを交換するだけだ。
保証期間中だが、データ入ったままのストレージをメーカに出すのも気が引けるし。
PCCHIPS M863Gと同時にフェイスからSEAGATE ST3250824A(250GB)を購入。
本当は、容量Upもしたかったが、未だ250GBくらいがもっともコストパフォーマンスが良いし、不足していないので。
Seagateを選んだのは、気分的な問題。

Img_0101_1
交換作業自体は、HD-80LANと変わらないが・・・

02_1
HDD交換後、ファームウェア・アップデータで取れる情報。
交換直後はファームウェア・アップデータで失敗後、放置することでHDDのフォーマットを行う必要があるようだ。
フォーマット完了はわからない。
その後、再度ファームウェア・アップデートを行えばOK。

バックアップデータを戻し、その後は快適に使用。


●後で気づいたこと
HD-80LANは、HDDに一定時間(30分?)アクセスが無いとHDDを停止させる機能が付いているが、HD-HG250LANにはその機能が無いようだ。
代わりに、指定時刻で起動したりスリープする機能が付いている。

これを知らず、HD-HG250LANは、ほぼ毎日24時間立ち上げっぱなしにしていたのが、HDDが壊れた原因かもしれないなぁ。
としても、
 24h×250日=6000h
くらいかな。実稼働時間は。
ケース内の温度が高くなっていたかなぁ・・・
iPod nanoの充電を、HD-HG250LANのUSBポートでやっていたのも原因かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

W124関連書籍1(整備編)

数回にわたり、私が所有する「W124関連書籍」をまとめて紹介したい。
第1回目は、「整備編」
お奨め度の高い順。


●メルセデス・ベンツW124シリーズ1986~1993メンテナンス&リペア・マニュアル―ヘインズ日本語版
(DIYする人に対するお奨め度 ★★★★★)
(DIYしない人に対するお奨め度 無し)
(参考になる車種・%は参考になる内容量の目安)
・W124の直4・直6ガソリン車&ディーゼル車 100%
・W201のSOHCガソリン車 80%(内装、駆動系の一部を除く)
・W124のV8車 60%(エンジン・補機類を除く)

img1017871676

DIYでW124を維持するなら、まず買っておくべき本。
部品を安く入手して自分で交換するなら、パーツ番号が出るソフトと、このヘインズマニュアルくらいは最低必要。
より重整備をする方は本格的な整備書を入手した方が良いが、私が行っているレベルの整備(軽~中整備?)であれば、ヘインズとWeb上の情報があれば何とかなる。

なお、'94/'95モデルでも十分活用出来るし、W201でも、エンジン(SOHC)・足回りなどは使える。
(下記2誌も同様)


●メルセデス・ベンツ ウイークポイント&トラブル対策バイブル 新ガレージメンテナンスシリーズ (1)
(DIYする人に対するお奨め度 ★★★★)
(DIYしない人に対するお奨め度 ★★)
(参考になる車種)
・W201、W202、W124(V8含む)、W210のガソリン車
・W201、W202、W124のディーゼル車は、エンジン・補機類以外

写真・図が多く、DIY前のイメージ構築に役立つ本。
ヘインズと組み合わせて見ると良い。
後半に部品の入手法も載っており、親切。
巻末にトルク表もあるが、この本だけでDIYは不安か?


●ベンツ・メンテナンス―ベンツW124とことんメンテナンス
(DIYする人に対するお奨め度 ★★★)
(DIYしない人に対するお奨め度 ★★★)
(参考になる車種)
・W201、W124の直4・直6SOHC(KEジェトロ)ガソリン車
・その他W124は足回り・補機類・駆動系のみ

本誌も、写真が多く、イメージ構築に役立つ。
が、「ウイークポイント&トラブル対策バイブル」と比べると、少し軟派かもしれない。
DVD-Videoが付いているので、DIYビギナーにはお勧め出来る。

足回りの説明写真に、あまり一般的ではない4matic車が使われているのが少々残念。


●まとめ

上記3誌は、いずれも「W124を維持するための本」であり、少しでもW124を長期間維持しようと思うなら買っておいて損はないと思う。
DIYしない人でも、「ベンツ・メンテナンス―ベンツW124とことんメンテナンス」あたりは持っていて良いだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログ・・・・orz (レンタルサーバへの移行検討開始)

私のブログをご覧になっていて、コメント・トラックバックが上手く行かない方々、申し訳ありません。

相変わらず、ココログの投稿者用ページのレスポンスが悪い。
悪いというか、夜中になるとあり得ない遅さというか、死んでいる?

詳しくは下記を参照:

・【特設】ココログレスポンス問題お知らせブログ

上記のブログ、はっきり言って「荒れてる」

そりゃそうだよね、有料サービスなんだから(私も「ココログ・プラス」なので、月に450円払ってる)。
とりあえず、今週末には完全復帰してくれることを望むが、いずれにせよ、ここ2ヶ月分くらいの料金を返金して欲しいくらいだ。

そんなわけで、レンタルサーバへの移動を検討しはじめた。

候補は下記:
・LaCoocan(@nifty)
・さくらのレンタルサーバ(SAKURA Internet)

LaCoocanは、@niftyということで、手軽にはじめられるが・・・・
ココログの調子が悪くて、LaCoocanに移動っていうのも、なんか嫌。
まずは、料金的にも安い(LaCoocanに比べて容量も小さいが)、「さくらのレンタルサーバ」を借りてみようかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

PCCHIPS M863G(Mobile Athlon XP 2100+搭載版)購入、交換、爆音・・・

家族用PC(Gigabyte GA-7ZX+Athlon 1.1GHz(Thunderbird))の調子が悪いようだ。
具体的には、

 ・BIOS設定が飛ぶ(電池交換したのに)
 ・Windows2000起動しても、ログオン画面で固まる

等が発生し、家族から「なんとかせい」の声が高まっていたのだ。

このマザーボード、私が就職したときに買った思い出深いものであるし、Athlon 1.1GHzのパフォーマンスに家族も特別不満を漏らしていなかったので、きちんとトラブルシュートして使い続けたかったが、もはや時間が勿体ない。

そんな時に、impressのニュースサイト、「AKIBA PC Hotline!」で面白そうなマザーボード発見!(笑

 ・Socket 563のMobile Athlonを搭載した低価格マザー発売

なんとなく、「Mobile Athlon」、「Barton」、「CPU載って12000円」というキーワードにつられ、フェイスの通信販売で2100+版を買ってしまった。
DDR400メモリも、256MB×2余っているし。

●交換と爆音・・・
フェイスの動きは早かった(笑
発注して2日目には届いていた。

早速交換。

Img_0105_1
2005/2まで、メインPCだったものだが、ネットワーク・USB2.0カード増設など、時代を感じさせる・・・

Img_0106_1
↑PCCHIPS M863G with Mobile Athlon2100+。
売れているらしいね(アキバ店員のPCパーツウォッチ【 2006年7月1日号 】より)

AGPビデオカード(ATI RADEON9000。DVI-D出力のため)と、DDR400メモリ512MB分を挿入、HDD・DVDドライブを接続、早速起動・・・・
 ブルースクリーン!
IDEコントローラが変わったから仕方ないか、ということで、Windows2000を修復インストールした。

そんなことより、CPUファンの爆音(少なくとも、私にはそう感じた)は、何なのだろう?
Mobile Athlonなのに、意味無いじゃん!

Web上で調べてみると、同じ感想の人多い模様。
・ITmedia +D PC USER 「アキバで見かけた“かなりのアレ”の裏事情 (1/4)」

CPUの消費電力25Wを信じ、CPUファンを外し、8cm低速回転ケースファンから吸気、外気をエアダクトで直接CPUヒートシンクに当たるようにしてみた。
SpeedFanで見てみると、冷房無しの部屋で無負荷時CPU温度が 48度となるが、大丈夫かなぁ?
ヒートシンクも、大きくないし。

もうちょっと様子を見てみよう。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

260E,Fブレーキロータ等交換

父の260E('91、143,000km)の整備を行った。内容は下記:
・ブレーキ・ロータ、パッド、フルード交換
・ヒューズ交換
・ステアリング・ダンパー交換

●ブレーキ・ロータ、パッド、フルード交換
ATEのPowerDiscを装着して、おそらく5年、7万キロくらい走ったであろう(父の車なので、正確な記録が無い)。
最初は新品パッドだったが、摩耗警告灯が点き、2004/10にE280のお古パッドに交換。以降、2万キロ弱走っているのである。
お古パッドということもあり、ブレーキフィールが良くなかったのだ。
また、2003/9にキャリパーOH、ホース交換の記録有り。

Img_0114
ATE PowerDiscの模様がほとんど消えている。
マイクロメータで計ってみると、19.4~19.7mm厚しか残っていない。
ちなみに、厚さの最低は19.4mm(新品時22.0mm)なので、交換しどきである。
過去の経験から言って、ロータは10万キロ保たないと思う。

Img_0115_1
新旧パッド比較。
古いパッドは、内側と外側で厚みが随分違うが・・・
E280でも使っていたので、どちらの性かは良くわからない。

Img_0117
交換後の姿。
キャリパーピストンが最大に押し込まれた状態であり、パッドもよく見えて頼もしい(笑

Img_0118_2
ついでに、ブレーキフルードも交換。
APロッキードのSuperDOT4に(メルセデスはDOT4指定)
米IPSから輸入した、パワーブリーダは、DIYブレーキ整備の必需品!

交換後は、ブレーキのフィーリングが劇的に改善された。
当たり前か。


●ヒューズ交換
2006/3末に、260Eのヒューズをチェックした際、特に痛んでいなかったので新品交換しなかったのだが。
その後、走行中に振動でヒューズが断線し(過電流で飛んだのではなさそう)、室内系の電源が全部落ちるという事件があったので、念のため全交換した。


●ステアリング・ダンパー交換
ステアリングのしっとり感が無くなっていたので、ステアリングダンパーを交換してみたが・・・
古いステアリングダンパーも、それほど傷んでいなかった(前回、4年前に交換)し、交換してもあまり変化無かった。

しっとり感消失の原因はタイヤか?
5分山のミシュラン MXV8だが。

空気圧をいろいろ変化させて、調整してみることにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »