« エンジンオイルについて | トップページ | E280、スタッドレスタイヤに履き替え(コンチネンタル ContiVikingContact 3) »

E280、フロント・ロアアーム交換(122,800km)

1年間近く倉庫に寝かしていたフロント・ロアアームAssy(今年1月末に発注)をやっと交換した。

交換は、いつもお世話になっている、所沢市の「Gun auto trade」にて。
リフトと、スプリングコンプレッサ等、特殊工具をお借りし、店主のアドバイスとサポートを得ながら作業した。

-----
●今回の作業のポイント(Assy交換時)
・スプリングの脱着(危険性大の要注意作業!)
・ブレーキロータのバックプレート緩め(後期型のみ?)
・ロアアーム付け根の取り付け位置調整
・1G状態でのロアアーム付け根の本締め
-----

交換に関しては、スプリングコンプレッサによるスプリングの脱着が肝となるが、後期型('94以降?)のW124の場合、ブレーキのバックプレートが邪魔をしてそのままではボールジョイントを外せないところがポイントだろうか。
W201や、中期型までのW124の場合、そのまま下に叩き落とせるらしいので、これはかなり厄介だ。
もしくは、ブレーキのメンテナンスと同時に実施することをお勧めする。

実際には、ブレーキロータを取り外し、バックプレート取り付けネジ(5mmのヘキサで外せる)を3本外し、なんとかずらして、ロアアーム上からハンマーで叩いて落とした。
バックプレートを完全に外すには、ABSセンサを外す必要がある。

Img_0054
スプリングを外した状態。
ここまでくれば、容易にロアアームを取り外せると思いきや・・・
ブレーキロータまで外すことになるとは。

Img_0057
カムの位置をマーキング。


ロアアームボルトの本締めは車体を地面に降ろした状態で行う必要があるため、ある程度緩く締めた状態で接地、スロープに乗り上げさせて寝板で作業したが・・・
120Nmで締めるのは骨だった(苦


交換後のインプレッションも書きたいところだが・・・
同時にスタッドレスタイヤに交換したため、ロアアーム交換だけの効果は不明(苦笑

しかし、想像しているよりロアアームのブッシュは丈夫そう。
(前輪に駆動力が無い)FR車ということ、巨大なブッシュを使っているとこともあるかもしれない。

ボールジョイントは、左側は結構ゆるゆる、右側はまだしっかりしていた。
左側通行なので、左前輪の左折時の負荷のためだろうか?

アライメント、取りに行かなくちゃ。
一応、問題なく直進するけれど。


●参考
・フロントコントロールアームブッシュ交換

|

« エンジンオイルについて | トップページ | E280、スタッドレスタイヤに履き替え(コンチネンタル ContiVikingContact 3) »

車の整備(W124)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33788/13021208

この記事へのトラックバック一覧です: E280、フロント・ロアアーム交換(122,800km):

» スタッドレスタイヤを激安で購入する方法��ⓔ絞淙 [スタッドレスタイヤを激安で購入する方法]
ついに雪の季節になりましたね!スキー!スノボー!その前にスタッドレスタイヤをはかせてください!しかしお金が無い!?そんなあなたは激安で購入してください! [続きを読む]

受信: 2006年12月13日 (水) 22時52分

« エンジンオイルについて | トップページ | E280、スタッドレスタイヤに履き替え(コンチネンタル ContiVikingContact 3) »