« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

函館旅行(1)寝台特急北斗星編

先週末、JR北海道の「いい夫婦パス」を使い、函館旅行に行ってきた。

まずは、往復の「寝台特急北斗星」編。


● 2007年5月17日(木) 19:30 北斗星3号 大宮発

会社を無理矢理午後半休し、帰宅。
荷物をまとめ、夕方自宅発。大宮駅を目指す。

エキナカのecuteで夕食他を調達する計画なので、北斗星3号出発の50分ほど前に到着。
ecuteを散策し、弁当と酒、お茶などを購入する。
あれこれ目移りしながら選んでいる間にすぐ19:15位になった。
駅の時刻表(電光掲示板では無い)には「11番ホーム」と書いてあったので11番ホームに降りたが、ホーム上に北斗星の号車の案内が無い。
駅員に聞いたら9番ホームとのこと。
時間に余裕があるので大丈夫だが、大きな荷物を持って少々どたばたしてしまった(苦笑

Img_5277
宇都宮線のホームだが、「東北線」を北上する特急の案内が表示される

定刻通りに北斗星3号が入線し、10号車6番個室に乗り込む。
既にデュエットの2階部屋は新婚旅行時に経験済みなので、特に目新しいところは無いが、色づかいなど細かいところが少々違うようだ。
北斗星3号(JR東日本編成)の場合、デュエットはA個室のロイヤルを挟み込むような場所、つまり車両両端となる客車しか無いのが乗り心地上、残念だ(ロイヤルの乗り心地優先なのは仕方ない)。

乗り込んでまもなく出発。
しばらくすると車掌が検札に来たので、乗車券と寝台券を見せる。
検札が来るまでは落ち着かないのだ。
「いい夫婦パス」は2枚セットなのだが、1人分見せるだけでOKだった。当然か。

検札が済んだので、ロビーカーに行き、夕食を食べることにした。
北斗星3号のロビーカーは、1両丸ごと(シャワー室含む)なので、1号/2号のJR北海道編成より広々している。
だいたい半分くらいの席は既に埋まっていたが、ソファーでくつろいでいた熟年団体が浴衣姿だったために車掌に注意され渋々部屋に戻って行ったため、その後は少し寂しい雰囲気になった。

ロビーカーと言えば、以前は煙草臭くて非喫煙者がくつろげる雰囲気では無かったが、最近は禁煙になったおかげでのんびり出来るようになったのはうれしい。
ecuteで購入した、焼売や唐揚げ弁当などを食べたが、特に焼売が美味しかった。
安くはないがお薦め。


● パブタイムとシャワー

今回の北斗星乗車では、個人的に2つ経験したいことがあった。
それまでに2回ほど乗車しているがいずれも経験できなかった、「パブタイム」と「シャワー」の利用。

夕食を終え一旦は自室に戻ったが、パブタイムを経験したく、21時ちょっと前に再度ロビーカーに移動。
念のため、パブタイム開始と同時に食堂車に入れるように。

しかし、21時前にも食堂車はディナー客で一杯だった。
北斗星3号の場合、大宮出発後に1回だけのディナーが開始されるようなので、仕方ないか。
予定の21時過ぎても、一向に終わる気配が無い。
21:30を過ぎても、ディナー終了客の一部が出てくるものの、パブタイムの準備が進んでいるようには思えない。

そのうち、「良い年をしたオヤジ」が食堂車に入り、テーブルに座ったようだ。
まぁ、待ちくたびれるのもわからなくも無いが、良い年をしてみっともないと思わないのだろうか。
私たちと子供連れの家族は、ロビーカーでひたすら待つ。
21:50頃、やっと放送による案内が流れ、ロビーカーで待っていた何組かが食堂車にやっと移動。
ちょうど、席についてしばらくしたら郡山駅に到着した感じだ。

しかし、先の良い年したオヤジと、もう一人別ののオヤジが既にオーダーをして座っていた。
かなり感じ悪い(苦
しかも、私たちがオーダーをしてすぐに彼らの食事が給された。
放送で移動してきた私たちと他の組には、しばらく料理が出てこない。
結局、私たちの料理がそろう前に、彼らは食事を終えて自室に帰っていった。
感じ悪いオヤジ達がいなくなり清々したが、納得がいかない気分も残る。
「ごね得」みたいで。

話を戻して。
アルコールは頼まず、妻はケーキセットを、私はクリームパスタとコーヒーをオーダーした。
どちらも美味しかったが、食堂車で夕食(と言っても既に弁当を食べていたが)を取るという行為に満足したのかもしれない。

食事を終え、自室に戻り、シャワーの準備。
妻は前回の新婚旅行時に経験済みであり、「揺れる車内でのシャワーはもう結構」という感想なので、今回は私だけ。
自宅で体を洗っていたので暖まるだけで良く、6分という時間は十分だった。
何よりも、「列車の中でシャワーを浴びている」という行為に満足した(笑
ただ、脱衣所にマットが無く、椅子も無いので足が濡れたまま靴下を履かなければならないのは少々気持ち悪かった。

シャワーから戻ると、妻はもう寝ていた。
私も寝ようとしたが、眠れない・・・
「あけぼの」の時はよく眠れたのに。
やはり、進行方向に体を向けた方が寝やすいのかな。

しかも、前回、前々回と同じく青森で目が覚める。
機関車交換で長時間停車するからだろうか。


● 2007年5月18日(金) 6:34 函館駅着

あんまり眠れなかったが、青函トンネル内を走行中に函館到着1時間前になり、起床する。
なるべく、将来北海道新幹線となる高規格線(木古内まで)を走行中に準備を済ませてしまうべきだろう。
揺れが少ないので。

Img_0202
残念ながら雨模様。今回の旅では、北海道の車窓を眺められる時間は短い。

洗面を済ませ、しばらくまったりしていると定刻通りに函館駅到着。
まぁ、11時間という乗車時間は、「夜発朝着」という寝台列車のメリットを十分に感じることが出来るものの、少々寂しい物があるかな。
特に、函館~札幌間は車窓も楽しいし、乗り心地も良いから。

Img_5287
DD51連結する瞬間! 函館駅で降りるので、のんびりと機関車連結作業を見守ることが出来る。
日が昇ってからの到着なので、撮影しやすいのも3号の魅力か?

Img_5288
置き去りのED79と、函館山。


・おまけ
Googleブログ検索で調べていたら、たまたま私たちが乗車していた「北斗星3号」走行中の写真をアップしている方がいた。

レールとポケダンの日々「5/18函館旅行」より、北斗星3号 七重浜付近通過中

Img_5295
これは私が撮影。確かにED79 18だ。


● 2007年5月20日(日) 21:48 北斗星2号 函館発

時は進んで、帰路(函館観光の話は別記事に)。

函館山からの夜景、ベイエリアでの夕食を終え、21時頃に函館駅に戻る。
函館駅前のサンクスで飲み物・酒・翌朝食を購入し、函館駅の待合室でのんびり過ごす。

Img_5443
ちなみに、北斗星4号だと2時間後。さすがにそれでは遅いので、帰路は2号を利用。

21:35頃、北斗星2号の改札開始のアナウンス。
私たち含めて10名?位の人(観光客とビジネスマン)が、待っていましたとばかり立ち上がり、改札を通過して行く。

21:41頃、ホームにDD51重連の轟音と共に、北斗星2号入線。
帰りは2号車なので、ED79の連結作業を見ずに乗り込む。

デュエットは3回目だが、1階部屋は初めてなので写真などを撮影し、落ち着いた頃に出発。

Img_5448
デュエット1階部屋。1階と言っても、本格的な2階建て車両では無いので、地を這うような感じでは無い。

定刻通りに出発。
北斗星2号はJR北海道編成であり、デュエットのみの客車が3両も連結されているので、車両中央付近を希望し、ゲットしていた。
出発してすぐ、とても乗り心地が良く、車両中央付近の1階部屋の良さがわかった。

Img_5454
江差線の夜の駅。部屋を暗くして夜の車窓を楽しめるのが個室の魅力。

往路でパブタイムも経験したし夕食済みのため、特に部屋を離れることもせず寝ることにした。
青函トンネルの最深部付近で眠りに入り、盛岡あたりも気になったものの、郡山付近まで快適に眠れたようだ。

おかげで快適な朝を迎えることが出来たため、郡山からは車窓を楽しむことが出来た。
車内販売でホットコーヒーを購入し、まったりとした朝を過ごす。

定刻に大宮駅に到着。
埼京線が遅れていて、自宅付近の駅まで座れなかった。
函館駅から大宮駅までより、大宮駅から自宅までの行程の方がよほど疲れたよ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プレミアムドリーム号のプレミアムシートを予約!

大学の友人が、6月に大阪で結婚式を挙げるそうだ。
呼ばれたので、早速交通手段を検討する。

●東京~大阪間の交通手段案

頭に思い浮かんだ交通手段は下記(ポピュラーなもの順):
1. 新幹線
2. 飛行機
3. 夜行バス
4. 夜行列車
5. 昼行バス
6. 自家用車

この中で、5,6は時間的&労力的に却下。
飛行機も嫌いなので、却下。

残りを分析すると:

1. 新幹線
普通に考えるともっともポピュラーな東京~大阪間の交通手段だろう。
「のぞみ」で2時間半、「ひかり」で3時間、「こだま」で4時間。
指定席で片道14000円くらいだが、「ひかり」と「こだま」ならグリーン席で同額以下でも入手可能(「ひかり」だと列車指定になることもある)。
また、「ひかり」とビジネスホテルを組み合わせたツアーも多い。
往復グリーン席で、23000円程度のものも有る。

3. 夜行バス
ともかく安価というイメージがある。
4列シートのすし詰めバスで、片道3500円とか(笑
逆に、快適性を売りにした物(プレミアムドリーム号など)もある。
その場合、片道8000円以上。

深夜発、朝着というスケジュール。
大学時代に中央ドリーム号で往復した経験があるが、3列シートでも快適性は低かったような。

4. 夜行列車
個人的にはもっとも興味のある交通手段であるが(笑
夜行バスと同じようなスケジュールの急行銀河で、片道16000円ほど。
正直高いが、疲労度は一番少ないか(個人的に、「のぞみ」の2時間半は苦痛)。
また、サンライズ瀬戸・出雲のノビノビ座席も考えたが、下りは大阪通過。残念。

●検討結果
上記3案の中で、予算的に「ひかり」グリーン席案と夜行バス最上級の「プレミアムドリーム号」プレミアムシート案とで迷ったが、スケジュール的なことも考え、プレミアムドリーム案を選択した。

●予約
プレミアムドリーム号のプレミアムシートは、1車両に4席しか無い。
週末なので、上下それぞれ2本運行しているが、それでも8席。
予約可能になる当日の、10時にPCの前に座り、予約サイトでの予約受付開始を睨む~。
結果、往復ともに見事希望号車のプレミアムシートをゲット!(つまり2日同じ行動を繰り返した)

後は、本当に「寝返りがうてる」のか、体験あるのみ。

●大阪到着後の午前中、どうするか?
結婚式はお昼から。午前中をどうするか・・・
弁天町駅前にある、「交通科学博物館」に開館と同時に行って見学しようと思う。
目当ては「マロネフ59形2等寝台緩急車」だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追突された(母が260Eで)

母が、260Eに乗って通勤途中に追突された。


朝、布団の中でまどろんでいると電話が。
妻が出ると、母が追突されたとのこと。
電話を替わったが、話の内容から少なくとも大事故では無い模様。
とりあえず、直ちに向かうことにする。

現場は自宅から車で5分程度のところ。
ちょうどそこは工事中で、しばらく前から片側通行になっている。
工事の人は不在で、工事用信号機が設置されている。

とりあえず、外傷のある人は無しということで、一安心。
ただ、それなりの衝撃だったようなので、母は救急車で病院に。

加害者は若い女性。

母の話では、工事用信号機が赤に変わり止まった(黄色信号は無いから)ら、後ろから追突された模様。
随分前から、車間を取らずに後ろを張り付いてきたらしいので、単純に車間の詰めすぎだろう。
前の車なんて、いつどういう理由で急ブレーキかけるかわからんからね。

#事故現場付近はタヌキ等も出没するところだし。

で、260Eは・・・

Img_5269
ぱっと見、大したことは無いがバンパーは割れている。その上の鉄板部分も押されている。
トランクは閉まらない状態。

相手の車(軽のラパン)は、かわいそうなので載せないで置くが、自走は出来る(ラジエターからの冷却水漏れは無い)物の、かなりのゴマメ状態。
フロントバンパー、グリル、ボンネット、左右フェンダー交換はもちろん・・・
さすがは日本の軽自動車、バンパー裏すぐにエアコンのコンデンサーなどが設置されており、それらが押しこまれている状況と思われる。
盛り上がったボンネットの隙間から覗くと、コアサポートも捲れ上がっているように見えるし。

さらによ~く見ると、ラパンは左側の損傷が激しい。
おそらく、工事信号を早く通過したくて、260Eに対し、相当右側に寄って走っていたのではないか。
しかし、260Eは写真でもわかるように、左側の一部にへこみがある。
ラパンが右側に出ようとしたちょうどそのとき、260Eが制動し、斜めにぶつかったのだろう。

残存車両価値はラパンの方が高そう(苦笑 だが、修理代もラパンの方が圧倒的に高そうだ。


●車間について

以前、「高速道路上の車間距離,何とかならんものか?」でも書いたが、車間距離詰めすぎの車は本当に多い。
特にGW、夏休み、正月休みなど、長期休暇期間中は増える気がする。

例え速度が30km/hでも、ルームミラーから後ろの車のタイヤが見えないと落ち着かないのだが、場合によってはライトが見えないくらい詰めている車もいる(怒
前の車が何らかの理由で急ブレーキ踏んだら、ぶつからずに止まれる自信があるのだろうか?

しかも、車間詰めすぎの車は、普通の軽や小型車が多く、偏見ではなく年齢様々な女性ドライバーが多い(もちろん男性もいる)。
無知とは怖い物である。

自分の車のブレーキがどれくらい効かないものなのか、万人が体験出来る場が必要では無いか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

260E/E280両車のATF交換、マフラーハンガー交換他

せっかくのGWであるので、整備を続ける。

■ 1日目:260EのATF・デフオイル・マフラーハンガー交換、ナビの車速取得

いつもお世話になっている、"Gun auto trade"に予約を入れ、久々に父の260E('91 155,000km)を駆って東所沢を目指す。

久々に260Eを往復2時間ほど運転をすると、E280と比べて非常に「まったり」した車であると感じる。
中低速トルクがE280より明らかに細く、アクセルの踏み込みに対して寛大なのと、エアバッグ無しのでかいハンドルがそう感じさせるのであろうか。
(ちなみに、2速発進であることはむしろ好ましい。発進時はゆったりの方が良い)
ただ、乗り心地は一時期に比べて明らかに劣化していて、路面の細かい凹凸を拾いがちだ。
ショックアブソーバ&ストラットマウント交換から9万キロ近く走っているのでそろそろ交換必要だろうか。

● ナビ配線(車速取得と、FMアンテナ)

Gun auto tradeに到着し、リフトが空くまで先日仮取り付けしたDVD楽ナビの配線を行う。

この年式(KEジェトロ時代)のW124は、メーター外して車速を取るのが一般的らしい。

(参考)クラリオン 車速信号情報

そこでまず、メーター外しSSTを使ってメーター取り外しに挑戦する(初体験)。
しかし、上手く外れない(泣
仕方ないので、店主に外していただいた・・・(情けない)
コツは、左右交互に根気よく、かつ、ダイナミックに引っ張ることと理解した。

車速線、クラリオンのページには白色と書かれているが、実際には緑のケーブルにナビの車速線を分岐端子で取り付けた。
横着してメーターを取り外さないで作業したが、狭いので外した方が安全確実とは思う。

※後から車速を取得した場合、センサ学習をリセットすることを忘れずに。

また、カーステでFMラジオを聞かないということで、カーステ裏のFMアンテナを延長ケーブルで延長し、グローブボックス裏まで引っ張ってFM VICSアンテナとした。
FMラジオを聞かないと割り切れるなら、受信感度的にもこれが一番確実だろう。

上記作業の結果、滑らか、かつ、正確な自車位置を表示するようになった。
また、VICS渋滞情報を表示するようになり、ナビ搭載のメリットをより享受出来るようになった。

ただ、作業後、メーターの照明が片方切れた(夜になって気がついた)。
取り外し or 取り付け時の振動で、とどめを刺したのかもしれない。
また、メーターの鳴き止めゴム(4つ)も無くなりやすいので、入手しておくと良いだろう。

● ATF・フィルタの交換

続いてATFとATフィルタ交換だ。
260Eは、タダノのクレーンオイル(Mobil ATF 220相当)。
E280は、シェブロンのATF。

Img_0175
まず、上抜き器で、ATFディップスティックからオイルパンに溜まっているATFを抜き取る。
家庭用とは違い、エアーで抜けるので快適~。

Img_0178
続いて、トルクコンバータからコンバータ内のATFを抜く。

Img_0179
で、オイルパンを降ろす・・・
なっ、なんと!大きな金属片が!
2年前の交換時にも小さな鱗状の金属片は見られたが、今回の方が明らかに大きい。
クラッチ板から金属板が、相当摩耗(というか乖離)していると思われる(悲

Img_0194
ちなみにこちらは翌日の我がE280のオイルパン。
微量、鱗状の金属片が発見されたが、260Eの前回より明らかに少ない。
こちらはほっと一安心。

Img_0199
オイルパン掃除、フィルタ交換、ドレンの締め込み後、ATFを注入する。
3~4Lほど注入の後、エンジン始動、ATシフトゲージの前後操作を行い、トルコンにオイルを入れる必要がある。
その後、さらに2Lほど注入し、暖機状態でATF量を調整する。
なお、写真はE280。

● デフオイル交換

E280と同じく、ACデルコのギアオイル(75W-90)に交換。
E280より交換間隔が長いのか(260Eは整備記録を私が付けていないので)、汚く臭かった。

● マフラーハンガー交換

リフトアップついでに、マフラーハンガーを交換した。
260E/E280両車とも、ひび割れているため。

Img_0192
交換前(E280)。
なんか、スポンジに見えるが・・・(笑

Img_0193
交換後(E280)。
ちなみに、交換作業は1人では難しい。

(参考)DAMPING PAD 107 492 00 82


■ 2日目:E280のATF・マフラーハンガー交換

翌日。
260Eに引き続き、E280('94 128,000)もATF・フィルタ、マフラーハンガーを交換した。
前日の作業をなぞるだけなので、快適&スピーディーに作業。

エンジンオイル交換の効果と相まって、非常に静かな車になった。
50~60km/hで走ると、ロードノイズだけでエンジン音が聞こえないくらい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エンジンオイル交換(2台)

部品も揃ったので、整備を開始。

まずは、エンジンオイル交換。
面倒くさいので同時に2台(笑
260Eは8000km、E280も7000km弱走行しているので、ちょうど良いだろう。

交換自体は、ネタにもならないが。
バキュームポンプによる上抜きなので手も汚れないし、ほんとお手軽。

あえてネタを探すと・・・


●ディップスティックのOリング交換

エンジンオイルのディップスティック、抜こうとするとスカスカ。
なので、Oリングを購入し、交換してみた。

Img_0173

交換しようと、古い方を小さなマイナスドライバーでこじって外すと・・・
プラスチックのようになっていて、さわると下の写真のように折れてしまった。

Img_0174_1
左が古いOリング。右が新しいOリング。
サイズが違うように見えるが、古いのは痩せてしまったのだろう。
(参考)006 997 26 45 SEAL RING

交換後は・・・
新車のような抜き差し感!

100円(SPEED JAPAN価格)でプチ満足できる。
万人におすすめしたい整備だ!


●ユニバーサルオイル(SL 10W-40)

3月に買って、そのまま放置していたユニバーサルオイル(SL 10W-40)。
UOP(Universal Oil Products)社というところのオイルのようだが、オイル名が会社名のまんまだし、検索してもアフィリエイトの人ばかりで、実際に使っている人はほとんど見つからない。

まぁ、私もアフィリエイトしているが(笑

ユニバーサルオイル SL 10W40 20Lペール缶

というわけで、260E/E280の両車に入れてみた。
走ってみた。
結果、普通。
エンジンが静かになったが、6000km以上走ったオイル(シェブロン)と交換すれば新油効果を感じるのは当然。
エンジンオイルを語れるような走りをするわけでも無いし、普通で安ければ良いだろう。

問題は、20Lペール缶の処分かな(苦笑
20Lで3台分。ちょうど1台分残る・・・
仕方なく、古いエンジンオイルの1クォートボトルに小分けして、ペール缶は処分。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »