« 函館旅行(4)駒ヶ岳一周~函館山 | トップページ | パイオニア交響楽団 第17回定期演奏会のお知らせ »

パワーウィンドウ修理再び・・・(E280)

260Eの追突事故より少し前の整備話になる。

2005/9頃、運転席パワーウィンドウ・レギュレータのギア欠けによる異音のため、交換した。
・E280,ウィンドウ・レギュレータ交換

しかし、今度は開け閉め時に「コトコト」音がするようになってしまったため、2006/4にもう一度確認してみたものの、ギアの噛み合わせの問題であろうということになった。
・パワーウィンドウ修理2

ところが、2006年末くらいから、今度は全閉したときにギアがなめてモータが空回りし、ダッダッダッダッと音がするようになってしまった(泣

「レギュレータだけという、中途半端な交換をしたのが敗因だ」
と反省し、レギュレータとモータの両方を購入した。
SPEED JAPANから購入しても、両方で3万円弱するが(辛

もういい加減、パワーウィンドウ修理は面倒だと思っているのだが、「これで当分しなくて良くなるはずだ」と考え直し、重い腰を上げたわけだ。

さすがに、前席のパワーウィンドウ修理は慣れた。
手際よく内張を外す。
ドアウーファも、ボルト化しているので手軽に外せる。
で、久々にレギュレータ様とご対面・・・

Img_0205
うぉ!

Img_0206
やはり、なめてる・・・・

まず、古いモータの配線を新しいモータに移植する。
・パワーウィンドウ修理3(モーター交換)
でも書いたが、はんだごてを必要とする作業であり、面倒だ。

その後、モータを新しいレギュレータに取り付け、グリスアップ。
父と共同で車体への仮取り付けを行い、動作確認と微調整を行う。
当然のことだが、窓の上下がとても滑らかになった。
最後に内装を戻す。

結果、非常に当たり前のことなのだが、普通にパワーウィンドウを使えるようになった。
壊れている状態では、全閉瞬間でスイッチを止めないといけなかったから。
正常動作がとても嬉しい~(幸

それにしても、我がE280のパワーウィンドウには苦労させられた・・・
しばらくは面倒なので勘弁して。

|

« 函館旅行(4)駒ヶ岳一周~函館山 | トップページ | パイオニア交響楽団 第17回定期演奏会のお知らせ »

車の整備(W124)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33788/15371343

この記事へのトラックバック一覧です: パワーウィンドウ修理再び・・・(E280):

« 函館旅行(4)駒ヶ岳一周~函館山 | トップページ | パイオニア交響楽団 第17回定期演奏会のお知らせ »