« プラグとディスビ交換(260E/E280) | トップページ | 「BMWのシリンダーやエンジン」についてのヒヤリング? »

日産ティーダ(TIIDA)を2日間乗り回して

1ヶ月ほど前の話になるが、函館旅行時日産レンタカーからティーダを2日間借りたので、そのインプレを。

以前、ティーダをディーラーで試乗した時の記事はこちら↓
・日産ティーダ(TIIDA)試乗

結論から言うと、非常に気に入った
「やっぱり、長距離・長時間ドライブなら欧州車だよな~」と思っていたが、考え直すべきかも。
この車が例外的に良いだけかもしれないが。

Img_5354
大船温泉上の湯 南茅部町民保養センターにて。函館で借りたが、札幌店の車のようだ。

●車両
15Mの2WD。つまりミッションはCVT(エクストロニックCVT)の1.5L車。
私が借りた時点で7000km強走っていた。

●評価

・ドライブルート&天候
1日目:函館~国道278号&恵山近辺~鹿部(雨天)
2日目:鹿部~国道278号~国道5号~函館(晴天)

○ 滑らかなフィーリング
まず、前回以下のように書いた。

・エンジン振動が伝わる・・・ (期待以下)

ところが、今回の車は全体的に非常に滑らかだった。
エンジンの振動をハンドルやペダル類から感じることはほとんど無かった。
(停車中に、多少ハンドルにエンジンの振動が伝わるが、極小)
CVT車だからか、7000kmほど走ってあたりがついたのかわからないが、前回書いたような「ざらざら感」は一切感じなかった。
200万円以下のFF車でこの滑らかさは素晴らしい。
前回の評価を訂正させて頂く。

○ 2時間程度なら全く疲れないシート
シートが良いのと自然なドライビングポジションが取れるおかげで、2時間程度なら全く疲れないし、もちろん腰が痛くなったりしない。
欧州車から乗り換えても期待を裏切らないシート&ポジションだ。

○ 自然なハンドリング
北海道では特に多いある程度の速度での緩旋回だが、自然。
タイヤサイズで無理をしていないおかげか、中立付近のハンドルの癖も無い。
電動パワステは癖があると思っていたが、自然なハンドリングで良い。

なお、タイヤはTOYOタイヤの純正装着。
雨天でも静かだったし、乗り心地も良かった。

○ 十分な動力性能
1.5L+CVTの動力性能は、一般道では十分と感じた。
北海道のハイペースな峠道を走っても、3000rpmまでで十分走れる。
普通は2000rpm以下で走れるため、車内はかなり静か。

なお、一度3000rpm以上まで回そうとしたが、雰囲気が崩れるのでやめた。

× 癖のある発進
ただし、発進は少々癖がある。
CVTのせいかセッティングのせいかわからないが、穏やかにアクセルを踏み込まないとグワッと発進してしまう。
これが解消されれば最高なのだが・・・
ただ、同時期にちょっと乗ったトヨタ カローラ アクシオよりはマシか。

× 内装のビビリ音
内装がビリビリ鳴くことがあった。
ディーラーオプションのナビが付いているせいなのか、こういうものなのか。
私はあまり気にならないが、新車で買ったら気になる人はいるかも。
まだ7000kmだし。

○ 予想外に良い燃費
280km近く走って、15Lちょいしかガソリン(レギュラー)が入らなかった。
つまり、18km/L以上
北海道とはいえ、別にエコランしていたわけでもなくこれほど走るとは驚き。
CVTの効果か。

もちろん関東で使ったらこれほど走らないだろうが、260Eを北海道で使ったときに11km/Lくらい、こちらでは8km/Lと考えると、ティーダなら普通に12km/Lは走るかも。

・総論
国産・輸入車問わず、コンパクトなFF車を買うなら、まずはティーダを試乗した方が良い。
ちょっと前の欧州FF車に乗っている人も、一度乗ってみて欲しい。
CVTのためか、発進に癖がある以外、ハンドリング・乗り心地含めてとても良い車だと思う。

●おまけ
偶然だが、下記のようにティーダを2日間無料で借りられるキャンペーンをやっているらしい。

 あえての2日間。ティーダ艶やかドライブキャンペーン

|

« プラグとディスビ交換(260E/E280) | トップページ | 「BMWのシリンダーやエンジン」についてのヒヤリング? »

車の評価」カテゴリの記事

コメント

私もこの車は今の日産車の中では一番出来が良いように思えます。現在の日産車に倣って上質さを前面に出しているのが気になりますが、このクラスとしては丁寧な作りや良好な経済性、十分な動力性能など、とても良い車です。
しかも、無闇に幅を広げずに5ナンバー枠でまとめているところも素晴らしいと思います。
ティーダか他の車か不明ですが、当初CVTは出足が鈍いという声があり、少し元気に吹け上がるようにセッティングを変えたという話を聞いたことがあります。
ひょっとしたらエンジンフィーリングの変化もマイナーで手直しがされたのかも知れませんね。

投稿: DeepSky | 2007年6月17日 (日) 23時59分

DeepSkyさん、コメントありがとうございます。

同感です。
と言っても、日産車の中でそれなりの距離・時間走らせて評価出来る車も少ないのですが、国産車全体に枠を広げてもかなり良いのではと。

投稿: やまりゅ~ | 2007年6月18日 (月) 09時39分

W124が大好きなティーダ所有者(2004年式42,000km)です。

記事を興味深く拝読いたしました。確かにそれまでのコンパクトカーの品質やデザインの常識を覆すとてもいい車だと思って購入して13年目になりますが、長年乗ると色々な点が見えてきます。

1. サスペンション
コンパクトカーなので仕方ないと思いますが、リアのトーションビームがやはり乗り心地をかなり悪化させ、飛んだり跳ねたり目地でのハーシュネスのマナーがあまりよくないです。良質な路面での音はとてもいいだけに荒れた路面に降りるとそのギャップにがっかりします。

2. 前席シート
大きさはいいのですが腰の部分が沈みはじめ、腰痛がでてきています。シートの形状も後ろに反り返るのでショルダーサポートもあまりよくなく、1時間くらいで姿勢の疲労がでてきます。ヘッドレストはもはや頭につかないくらい遠いです。

3. エンジン
低速・中速は申し分ないトルクで楽に動きますが、高速域80km/hを超えると風切り音が増し、少々バタバタして同乗者からゆっくりの走行を求められることがありました。

ゴルフと比較してしまうと本当に申し訳ないのですが、欧州車にはまだまだ遠い存在だと感じています。

投稿: CLAY | 2016年11月10日 (木) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33788/15470036

この記事へのトラックバック一覧です: 日産ティーダ(TIIDA)を2日間乗り回して:

» ティーダ TIIDA [HR15 MR18]クリーンフイルター「脱臭機能付タイプ」 [カー用品セール]
[続きを読む]

受信: 2007年9月15日 (土) 01時52分

« プラグとディスビ交換(260E/E280) | トップページ | 「BMWのシリンダーやエンジン」についてのヒヤリング? »