« ゴールド免許と0102運動 | トップページ | プリウスのシートの外し方 »

プリウスのシート洗浄(乾燥に失敗・・・)

先週の夏休みに、プリウスのシートを取り外し水洗いをした。

取り外し方は別記事にしようと思う。
今回は、丸ごと水洗いの効果を。

●用意する物
・クイックブライト(洗濯用洗剤でも良いかもしれない)
・洗濯ブラシ(100円ショップで購入)
・シートを取り外すための工具(2面幅12mmと14mm)

●結果
下の写真をごらんいただければわかるとおり、非常に満足度の高い作業となった。
しかし・・・

●反省点(乾燥は時間をかけて・・・)
訳あって、完全に乾燥させる前に車に取り付けてしまった。
もちろん車の窓は少し開けておいたのだが、翌日車内がカビくさく・・・
いわゆる、洗濯物の生乾きの臭いを、さらにきつくした感じになってしまった。
シートの表面は化繊なのですぐに乾くが、ウレタンにしみこんだ水分が徐々に下に垂れていき、座面底面などに溜まってしまうようだ。

仕方ないので、ドアを開けて、1日扇風機で乾燥をさせたが、臭いは取れず。
お酢を薄めた液体をスプレーしたり、ファブリーズもどきをスプレーしたりして、自宅に停めている時はなるべく窓を開けて1週間。
やっと臭いが落ちてきた。

やはり、「シートを水洗いした時は完全に乾くまで外で乾燥させるべきだ」と反省した。

 

IMG_0414
水洗い前の運転席後ろ。
メッシュが汚い。水をかけたら、泥水が滴った(怖

シートに水をかけ、良く濡らし、クイックブライトを盛った洗濯ブラシでゴシゴシゴシゴシ・・・
再度、水をかけて洗剤を流し、しばらく乾燥させると・・・

IMG_0417
水洗い後の運転席後ろ。
ちょっとホワイトバランスが異なるが。

IMG_0415 
水洗い前の運転席を前方から。

IMG_0416
水洗い後。

IMG_0419
水洗い前の後部座席座面。

IMG_0420
水洗い後。

●おまけ

IMG_0413
運転席を取り外したところ。
座席下の掃除がしやすい車なので、これはまだ綺麗な方だろう。
センターの物入れの側面は汚いが、シートを外さないと掃除がしづらい部分である。
単なる樹脂部分なので、クイックブライトで新品同様になる。

IMG_0424
座面・背もたれの無くなった後部座席。
駆動用バッテリーと配線、エアコンダクトが見える。
後部座席の後ろに吹き出し口があるのを初めて知った。

|

« ゴールド免許と0102運動 | トップページ | プリウスのシートの外し方 »

プリウス(NHW10)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33788/16205105

この記事へのトラックバック一覧です: プリウスのシート洗浄(乾燥に失敗・・・):

« ゴールド免許と0102運動 | トップページ | プリウスのシートの外し方 »