« プリウスのシートの外し方 | トップページ | プリウスのスタビライザーリンケージ交換 »

プリウスの車検前点検

プリウスの車検、2007/10だと思ってのんびり構えていた。
しかし、通勤中にふとステッカーの裏を見てみると・・・
「2007/10/1まで」
それって、ほとんど9月中までじゃん(苦笑

そんなわけで、急遽車検前点検を行うことに。
既に何度がリフトアップして点検しているから大丈夫だろうと気楽に考えていたが、いつもお世話になっている「Gun auto trade」にて、空き時間にリフトを貸して頂き、リフトアップしてみると・・・
いくつか問題点が発見された(泣

●フロント、スタビライザーのリンケージのブーツが避けている
一番お金がかかりそうなのが、フロントのスタビライザーのリンケージジョイントのブーツが裂けていること。
ただし、幸いなことに交換は簡単そう。

IMG_0416
左下側。見事にグリスが漏れてる・・・

IMG_0417
左上側。明確に裂けてはいないが、漏れている感じ。
ショックアブソーバに連結されているのがちょっとした驚き。

ちなみに、右側はもう少しマシな状況だが、左右同時交換が基本だろう。

●クーラントの微妙な漏れ
前回の「プリウスのクーラント交換」時にも気にはなっていたが、アンダーカバーを外すと依然、微量クーラントが漏っている跡がある。

IMG_0414
アンダーカバー上のお漏らしの跡

IMG_0415
どうやら、ドレンコックから少しずつ漏れているようだ
この程度なら車検は問題ないだろうが、ドレンコック毎もしくはパッキンだけ買えたらそれだけ交換すれば直りそうだ

●その他、点検ポイント
その他、下記のチェック・測定を行った。

・足回りのボルト・ナットの締め付け、がたつきチェック
・前後ブレーキパッド(リアはドラムシューだが)の厚さ測定、掃除、グリスアップ
・タイヤの溝チェック(ほとんど新品だが)
・エンジンルーム内の燃料・クーラント・オイルの漏れチェック
・灯火類の確認
・発炎筒の確認

結果、

・ハイマウントストップランプの球切れ(5球中1球)
・発炎筒の賞味期限?切れ

これらも交換が必要だろう。
(注:発炎筒は賞味期限が切れていても大丈夫の模様。念のためということで)

●発注部品
以上の点検結果、
近所のトヨペット(トヨペット店では、NHW10/11型プリウスは販売していなかったが、部品の入手は問題無い)に下記の部品を発注、購入した:

・スタビライザーのリンケージ、ナット(set) 9000円強
・ラジエタードレンコックのパッキン 値段忘れた(安価)
・ラジエターキャップ(非純正が装着されていたのでついでに) 1000円程度

さすがに、リンケージは結構お高い。
驚いたのは、発注したその日の夕方に入荷したこと。
さすがトヨタ。というか、国産車なら当たり前?

また、近所のDIY店で下記を購入した:

・発炎筒 580円
・12V5Wの室内灯用の電球 2球で200円程度

つづく

|

« プリウスのシートの外し方 | トップページ | プリウスのスタビライザーリンケージ交換 »

プリウス(NHW10)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33788/16410047

この記事へのトラックバック一覧です: プリウスの車検前点検:

« プリウスのシートの外し方 | トップページ | プリウスのスタビライザーリンケージ交換 »