« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

靖国神社参拝

愛器YAMAHA YFG-811の調整のため、九段下の「サト・テクノ・ミュージック」に訪れた帰り、楽器の無い身軽な体で靖国神社参拝をした。

 CONTAX G1 Planar T* 45mm + FUJIFILM TREBI 100C
 ポジをEPSON GT-X970にてオートスキャン後、トリミングのみ

img662
巨大な金属製の第一鳥居
夜見たら不気味だろうな。

img666
神門
今までの人生で見たことのない、荘厳な扉。
ポジフィルムなので自信が無かったが、予想以上に良く撮れていた。

img668
中門鳥居付近
「遺言」を、多くの人が立ち止まってじっくり読んでいた。
もちろん私も読んだが、「何か」に対して無性に腹が立ってきた。

img669
能楽堂
スローシャッターにて慎重に。
肉眼では、このように見えなかった。

img672
訪れた主目的、游就館零式艦上戦闘機52型
バックは「特攻勇士の像」だが、陸軍航空隊のものらしい。

室内、しかも逆光気味のポジフィルム撮影ということで、露出調整はかなり慎重に。
AELを多用した。

img677
それが兵器であることを忘れ、思わず見とれてしまう美しさ
白黒写真・プラモの世界のものが、綺麗な実物として目の前にある。
実物を見たのは初めて。
日本人の美的センスを象徴する工業製品だと思う。

遊就館、玄関ホールまでは誰でも入れる。
中には入らなかったが、艦上爆撃機「彗星」や、人間魚雷「回天」特攻機「桜花」などが展示されているとのことで、次回は入ってみよう。

img674
C56形蒸気機関車
こちらは、比較的最近までタイで活躍していたようで。
いつでも走れそうな雰囲気をプンプンと。
タイの鉄道は、日本と深い関係があるようだが、それを象徴するような展示物か。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

秩父鉄道、乗り鉄一人旅

またまた時間が前後する(※)が、コストコ入間店に行った日の午前~午後と、
 高麗~西武秩父~御花畑~三峰口~寄居~高麗川
と、カメラ2台(笑 を所持して、平日の秩父鉄道一人乗り鉄の旅に出かけたのだった。

※どうも36枚撮りフィルムだと、blogにアップするタイミングを逃しがちになるなぁ。

img572
高麗駅にて
CONTAX G1 Planar T* 45mm + REALA ACE

クロスシートに座ってのんびり45分。
高校生の時以来(つまり、16年ぶりくらい!)の西武秩父駅へ。

img574
行き止まり
奥に見えるのが御花畑駅。
西武秩父駅の出口が、御花畑駅と反対側にあるので、秋津~新秋津並に歩かされる。
CONTAX G1 Planar T* 45mm + REALA ACE

img575
商店街
秋津の商店街みたいなものか。
こちらは平日だと寂しいが。
リアラエースの発色の確認も兼ねて。
CONTAX G1 Planar T* 45mm + REALA ACE

御花畑駅から、5000形電車に乗って三峰口駅へ。
「なんだよ、旧101系の1000形じゃ無いのかよ!」
と思ったが、乗り心地的には5000形の方が上等である。

img576
三峰口にて
CONTAX G1 Planar T* 45mm + REALA ACE

で、平日で閑散としている三峰口駅でのお目当ては、「秩父鉄道車両公園」。

img585
勾配標がお出迎え
CONTAX G1 Planar T* 45mm + REALA ACE

しかし、予想はしていたが平日なので人がいない。
去年の一人旅で行った「八甲田丸」ほどでは無いが、薄暗い電気機関車や車掌車に乗っていると、さすがに気味悪くなってくるものだ・・・

imgn158
車掌車にて
貨物列車の車掌って、なにやんの?
さすがに、ここからはISO400ネガのNATURAで。
FUJIFILM NATURA CLASSICA + Kodak SG 400

imgn160
電気機関車の運転室
FUJIFILM NATURA CLASSICA + Kodak SG 400

imgn162
ちと見づらいが、電流計
自動車で言うところの回転計に相当するかと。
FUJIFILM NATURA CLASSICA + Kodak SG 400

ところで、三峰口駅には立ち食いそば屋があるとの情報より、そこで昼飯を食べようと考えていたが、平日は休みのようだ・・・orz

昼食を取らずに1時間ほど滞在し、お目当ての1000形(旧101系)に乗って寄居まで。
乗り込んだときには懐かしさがこみ上げてきた旧101系であるが、乗り心地の悪さも懐かしい・・・
けど、主力は5000形では無く、1000形のようだ。

途中、カナリアイエローだったかの1000形とすれ違い、懐かしさ倍増。

1000形に揺られること1時間。
寄居駅に到着。
秩父鉄道的には、羽生までのおよそ中間点ですな。

img653
寄居駅、八高線ホームを背景に
CONTAX G1 Planar T* 45mm + TREBI 100C

で、この駅も駅前のスーパー以外、特に何も無いのね。
スーパーに入って昼食を買っているほどの時間的余裕も無く、あきらめて八高線で帰路に。

img655
寄居駅の八高線ホーム
架線の無いホームはすっきりと。
いつの間にか快晴、しかし空腹。
CONTAX G1 Planar T* 45mm + TREBI 100C

八高線のキハ110系だが、実は初体験。
かつてのキハ35系のようなボロさは全く無く、最新の電車並みの加速、乗り心地、静粛性でとても快適に・・・
と同時に、ちと寂しさを感じた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

極楽堂~戸山公園~高田馬場駅(w/リアラエース)

GWの最後の日、都内にて買い物&散歩した。
今まで、ネガフィルムは安いのばかりだったが、少し奮発して富士フイルムのREALA ACEを詰めて持っていった。
よく考えると、超久しぶり(高校時代以来?)のISO 100ネガ使用だ。

 CONTAX G1 Planar T* 45mm + REALA ACE
 ネガをEPSON GT-X970にてオートスキャン後、SILKYPIXでホワイトバランス調整+プリント相当にトリミング。

img551
まずはここ、「極楽堂
中古で手に入れた方のG1には、フードとフィルタが付いていなかったので、純正品の中古を購入。
一番高かったのは、フードにかぶせるメタルフード(GK-54)だった・・・
しかし、安心感が増して満足。

img553
箱根山山頂にて
極楽堂から、戸山公園を抜けるルート。
山手線内にこんな公園があったとは。

天気が良すぎたが、リアラエースは予想通りコントラストがきちんと出るようで、好印象。

img556
「新宿コズミックセンター」前
もっと人が交差点を渡り始めるタイミングで撮りたかったのに、構図を考えすぎて、シャッター切るのが遅れてしまい、人々の位置が中途半端な感じに。

img557
半分虚構
早稲田大学理工学部西のビルにて。
こうやってみると、Planar45mmも少し歪曲がある。

やはり、都内に行くなら28mmを装着していった方が良かったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

足回りからの異音、解決未だせず・・・

去年の秋から悶々している、E280の足回りからの異音
Gun auto tradeにお世話になり、2日間にわたり原因解明を試みた、疲労困憊の物語。

●ロアアームボールジョイントの確認
ロアアーム交換後に異音がし始めたということで、ボールジョイントのグリース不足を疑った。
後期型W124の場合ブレーキ裏のプレートが邪魔なのだが、プレートを浮かせるのは面倒なので一時的に曲げて抜いた。
そして、ブーツを破かないように丁寧にリングを外し、ブーツを取り除くと・・・

問題無い模様。
ここに問題があると、最悪脱臼の危険性があるため、とりあえずホッ。

IMG_1075
グリースを追加した後の図(IXY Digital L)

念のためグリースを補充。
新しいブーツなら大丈夫なのかもしれないが、リングをはめるときに破いてしまいがちだよと脅されつつ、コツを教えていただき丁寧に元に戻した。

●ハブベアリング交換
「ハブベアリングじゃない?」という意見もあったので、交換してみた。
かなり前に無駄に部品を発注し、ストックしていたので。

IMG_1076
汚いグリース。
異音を恐れて締め込み過ぎていたのか・・・

ハブベアリング交換は初めて。
大量のグリースをぬぐい去り、丁寧にスリーブを打ち外し、新しいスリーブを打ち入れ、グリースをベアリングに注入、元に戻す。

IMG_1077
13万キロ走った軸受け。
ベアリングごと回ってしまった跡有り。

●スプリングシート交換
これは異音解決とはあまり関係ないが、1本髭のシートを2本髭の新品にしてみた。
少し厚めの方が乗り心地が良くなるかもと思い。

片輪に対しここまでやって、試乗してみたが異音は収まらず。
とほほ。

●ショック交換
次の日。
もう片輪に対しハブベアリング交換とスプリングシート交換を施し、Gun社長のご厚意で中古ショックアブソーバを貸していただき、交換してみた。

しかし。
解決せず。
Gun社長に相談の結果、次はロアアームを元に戻してみることに。
原因解明の道は面倒くさいなぁ。

仕方なくつづく・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

コストコ入間店と三井アウトレットパーク入間

5/16(金)無理矢理会社を休ませてもらい、夕方、コストコ入間店に行ってきた。
開店前に会員(※)にはなっていたのだが、土日は三井アウトレットパークのおかげで渋滞が酷く、行く気力がおきなかったのだ。

3年ほど前には会員になっていたのだが、一番近い店舗が多摩境店ではなかなか行く機会も無く、失効させていたのだ。

金曜日の夕方と言うことで、コストコの駐車場には余裕で入れた。
まずは、コストコより先に三井アウトレットパーク入間を見学(買い物する気は無い)。

新しいアウトレットパークということで、NATURA CLASSICAを使い、気に入った風景を撮影~

 FUJIFILM NATURA CLASSICA + Kodak SG 400
 ネガをEPSON GT-X970にてオートスキャン後、SILKYPIXで露出調整+プリント相当にトリミング。
 (ホワイトバランス調整は今回していない)

imgn171
案内板には動物が。
やはり、28mmだと開放(だと思う)でも背景があまりボケませんな。

imgn174
あまり混んでなく、見て回りやすかった。
ブランド物に興味が無く、安いのか全くわからん。
この写真のみ、パンフォーカス的に撮影してみた。

imgn175
どこぞやの娘さんにモデルになって頂き・・・
池の向こう側にも同じようなファッションの娘さんが(笑

ちなみにこれらの写真、普通に明るく撮影し、画像処理で暗くしている。
最後の写真は、それで噴水の元の照明の雰囲気が出たかなと。
現物の方がもっと明るかったけれど。

●COSTCO入間
本題のコストコ。
基本的に、多摩境店と雰囲気、扱っている商品は変わらない。
以下の物を購入~

・ネガ現像と同時プリント
現像代260円弱、同時プリント1枚10円。
ノーリツの機械+フジの紙を利用。
同時プリントって久々にお願いしてみたが、残念な結果に。
なお、上記アウトレットパークでの写真は、コストコで現像してもらったフィルムだ。
この現像代は魅力的。

・シェブロン・エンジンオイル(10W-40)
入間店ではエンジンオイル売っていないという情報を得ていたが、10W-40だけ売っていた。
自宅に在庫がないので、12qt購入。

・オーストラリアのビール(XXXX)
発泡酒と同じくらいの値段で売っていたので買ってみた。
一応、「オーストラリアのプレミアムビール」との説明文有り。
日本の発泡酒と同じくらい軽い飲み口~
お買い得なのか、判断に苦しむな(笑

他、無難なもの、ちょっと挑戦してみたものなどを買い物して帰宅。
駐車場から通りに出るのが少々時間かかったかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

巾着田

GW中に、カメラひっさげて近所の巾着田を散歩した。
あいにくの曇り空だったが、地元の中学生が写生をしていたりと、のどかな風景を楽しめた。

 CONTAX G1 Planar T* 45mm + DNP CENTURIA 400
 ネガをEPSON GT-X970にてオートスキャン後、SILKYPIXでホワイトバランス調整+プリント相当にトリミング。

img455
写生大会
構図的に、ちょっと正面過ぎでは無いか?
彼らを被写体にしている私としては、むしろ好都合だが(笑

img457
水車自体がそれなりの速度で回っているので、シャッタースピードの選択が難しい被写体
それでもやっぱり速すぎるか。

img452

img451
昔からある万葉歌碑
昔は左側に田んぼが広がっていたような?
現状、左がグラウンドになっているため、背景に使いづらい。
写真としては、歌碑全面にピントが合って、上手く写せたと思う。

img421
曼珠沙華群生地の春
黄色い絨毯・・・とまではいかない。
もっと遠くから写せば良いけどね。

img429

img423
あいあい橋
随分変色してきて、木製には見えなくなってきたような。
個人的には、「ドレミファ橋」の方が好きだったな・・・

昔はもっと田舎の生活感があって良い場所だったのだが・・・
観光地化されてしまい、残念だ。

img432
あいあい橋の近くには牧場があり、馬とふれあうことが可能。
この写真、ポニー?が犬のように見えるが、もちろんそんなに小さくなく。

img436
人なつこい犬もいる。
とてもやる気が感じられないが、ご主人様?登場で態度一変、一目散に去っていった。
役者!

●参考ページ
・高麗の里
地元の方が作成されているページ。
写真が多く、周辺散策予習に便利なので、右のWEBリンクに掲載させて頂きました(相互リンク)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近所の駅にて

GW中の散歩時に撮影したポジフィルムが上がってきた。
ポジフィルム、現像代はともかく、現像に時間がかかる(その場で現像出来るところが近所に無い)のが不便なような楽しいような?

やっぱり、ポジフィルムを光に透かして見た感動と、フィルムスキャンして得られる画像とギャップがあるため、ライトボックス+ルーペが必要かな。
けど、主力はネガフィルムでの撮影だし、迷うところ。

 CONTAX G1 Sonnar T* 90mm + FUJIFILM TREBI 100C
 ポジをEPSON GT-X970にてオートスキャン後、トリミングのみ

広角+ポジフィルム撮影の難しさを痛感したので、今回は望遠で。
まだ、Planar 45mm入手前の撮影。

img509
駅前のバス停

img512
地下女将軍

とても女性には見えませんな。

img516
つかの間の出会いと別れ

鉄道写真的には、今まで自分が撮ったものの中で一番気に入っている。
古いホームの時の面影が残っている部分だし。

img513
遮断機の二の腕

img518
踏切に萌える

NATURAで撮った写真と同じ踏切だが、全く違う踏切に見えるのが写真のおもしろいところか。

ちまたではG1との組み合わせで評判の悪いSonnarだが、この立体感、というか遠近感は素敵だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

光軸調整ダイヤルの交換と、AMG C43エンジンマウント交換

GW中の話になるが、部品の調達が完了しているので、いつもお世話になっているGun auto tradeにてご指示を頂きつつ整備を行った。

●光軸調整ダイヤルの交換
部品購入報告時にも書いたが、260E、E280ともに光軸調整ダイヤル付近からエアー漏れの音がするため、交換してみることにする(配管不良等、光軸調整ダイヤル不良では無い可能性もあるので注意)。

なお、部品代は8000円強。

IMG_1073
前照灯のノブを引っこ抜き、空調パネル同様の24mmナットを外すと、パネルが浮く。
なお、24mmのソケットが無い場合、プライヤーでもなんとかなる。

写真は既に光軸調整ダイヤルが外れているが、パネルの裏に手を入れて、エアーの配管と照明を取り外す必要がある。
特にエアーの配管に余裕が無いため、狭い隙間でフックを外さなければならない。
この作業が一番面倒くさいか。

W201やW124の中期モデルまでは、この状態でパネルが外れるが、W124の後期モデルの場合、ステアリングコラムの伸縮機能のために、パネルを外すのは面倒くさい(私は未確認)ため、そのままで作業が良いだろう。

IMG_1074
全部外れた図。
エアーの配管は、片側2カ所、もう片側1カ所の計3つのフックで留まっている。

E280を先に作業し、260Eは自宅で5分で交換完了。
両車とも、完治したようだ。
良かった。

●おまけ:AMG C43のエンジン・ミッションマウント交換
先輩が、W202のC43エンジンマウント交換を行っていたので、その一部を撮影した。
V8エンジン搭載車ということで、とても大変な作業を想像したが、W201/124の直6エンジン搭載車よりむしろ容易そうに見えたが・・・

IMG_1067
良くある写真。
もちろん、左が新品、右が外したもの。
エキマニ側。

IMG_1070
インマニ側は、マウント内のオイル?が漏れていた。

IMG_1071
新品交換後のエンジン下部からの眺め。
全体的に綺麗なお車で・・・
W124までとは違い、ゴム側でエンジンを支えるようだ。

IMG_1072
新旧ミッションマウント。
古いミッションマウントはゴムが一部裂けていた。
こちらもW124までの構造とは異なり、下部から直接ボルトにアクセス出来る構造のため、車体がリフトアップされていれば容易に交換出来るようだ。

私は最近、このような速い車に近づかない(運転したりしない)ようにしているので、交換前・交換後を体験しなかったが、効果絶大の作業だったようで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NATURA CLASSICA購入

日付が前後するが、CONTAX G1をもう一台購入する前に富士フイルムのNATURA CLASSICAをamazonから購入した。

R0012151
購入直後の記念写真(GX100で撮影)
ケース付きなのが嬉しい。

●NATURA CLASSICA購入の動機
G1での撮影を始める前から、常に持ち歩けるカメラを欲しかった。
GR-Digital2が最有力候補だったが、G1を使い始めてからコンパクトカメラにも35mmフィルムを詰めて持ち歩きたいと考え始めるようになった。
中間を取ると、GR1シリーズを中古で購入ということになるが、GR1sあたりになると今だに高い・・・
撮影前提の旅行・散歩にはG1があると考え、画質より使い勝手優先とし、現行製品のFUJIFILM NATURAの検討開始。
ちょっと前まで、24mm単焦点、F1.9の明るいレンズという、NATURA F1.9が売られていたようだが、既に販売終了。
現在、新品で入手できるのは下記2つである。

・NATURA CLASSICA

↑この値段は十分安いと思われる。
実際に、私はamazonで購入した。

・NATURA NS

上記2モデルはどちらも、28~56mmのズームレンズ、28mmだとF2.8。
CLASSICAとNSの違いは、一言で言うと露出補正が出来る(CLASSICA)か出来ない(NS)か、だ。
一応、リバーサルフィルムでの撮影を考慮しCLASSICAを選んだが、露出補正はちょっと面倒なため、外観と値段で選んでも良いと思う。
購入して使ってからわかったことだが・・・

●使い勝手
当たり前かもしれないが、フィルムを詰めてしまえばズーム以外基本的に何も調整出来ない。
だから、「背景をぼかして・・・」という場合、特に昼間だと強制的にそういう状況に追い込んでやる必要がある。
まぁ、28mmを使ってパンフォーカス的な撮影をするのが、本来の使い方なのだろう。

まだ、本領を発揮する、NATURA 1600ネガフィルムでの夜間撮影をしていないが、フィルムは入手済みなので近いうちに試してみたい。

なお、ISO400のネガフィルムで室内ノーフラッシュ撮影(一脚使用)を試みたが、露出不足で全く駄目であった。
NPモードに入っていない場合は、素直にフラッシュを使った方が良い模様。
CLASSICAなら+1~2EV調整すれば良いかもしれないが、面倒なので。

●NATURA CLASSICAで写した写真
既にフィルム3本くらい写したので、その中でお気に入りの写真を。

 FUJIFILM NATURA CLASSICA + Kodak SG 400
 ネガをEPSON GT-X970にてオートスキャン後、SILKYPIXでホワイトバランス調整+プリント相当にトリミング。

imgn014
近所の花に飾られた家を、夕方撮影。

imgn067
踏切を通過するレッドアロー(10000系)
シャッタースピードは1/360secまでしか速くならないし、そもそもシャッタースピードがわからないので、移動体の場合、どんな感じに写っているかは現像するまでわからない(笑

imgn070
雨上がりで水滴をため込んだ花(名前教えて!)

imgn073 
街路灯もどき

構造上仕方のないことだが、ボケが硬いね。

室内での人物撮影も内蔵フラッシュで手軽に撮影出来るし、何より軽い(本体155g)ので、当初の予定通り常に鞄に入れて持ち歩いてる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

近所の滝

img411
T氏に触発されて撮影
カメラを太陽の方向に向けるのはちと勇気が必要かと・・・
カメラ氏も迷いが生じていたようだが、決心して(というか適当なタイミングで)シャッターを切った。

 CONTAX G1 Planar T* 45mm + DNP CENTURIA 400(5/5 フィルム名間違えたので訂正)
 ネガをEPSON GT-X970にてオートスキャン後、SILKYPIXでホワイトバランス調整+プリント相当にトリミング。

朝の散歩で近所の滝へ。
中学生以来かと。
しかしここも観光地化してしまい、少々残念。

img405 
正直微妙な写真
明るいところから暗いところまで差が激しく、さすがのネガものっぺりと。
まぁ、こういうところですよ、ということで。

img406
一つ上の写真もそうだが、シャッタースピード速すぎの例。
水量少なく見えるな。
ISO400のネガを使うには天気が良すぎであった。

img408
仕方ないので絞ってみたの図。
これで滝らしく。

デジカメでは無いので、2枚をシャッタースピード変えて撮影したのは「たまたま」である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鉄道写真の失敗集

Sonnar T*90mmで遊ぶ」の時に撮影した、失敗写真集を。

 CONTAX G1 Sonnar T*90mm Kodak SG400
 ネガをEPSON GT-X970にてオートスキャン後、SILKYPIXでホワイトバランス調整、若干のトリミング

img302
良い撮影場所を見つけたと思ったのだが、電線が邪魔だ・・・

img303
同じ列車を後ろから。
かろうじて8両写っているが、やっぱり電線が邪魔。
それでも、もう少し早くシャッターを切れば見られる写真になったかな。

img307
全くのダメ写真

img312
花を主題に、背景に列車を・・・
というのに憧れて撮影してみたが、タイミングが難しすぎる。
列車は左方向に走っているので、後ろ姿を含めるには後、0.1~0.2秒(2~4m)車両が左に移動していなければならなかった。

img317
全くのダメ写真その2。
やはり、こういう写真は編成(この場合7両)全て納めないとダメ?

やっぱり、鉄道写真を写す場合、コンティニアスAF必須?
そう考えると、G2欲しくなってくるなぁ。
デジイチ買えば済む話ではあるが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »