« 近所の滝 | トップページ | 光軸調整ダイヤルの交換と、AMG C43エンジンマウント交換 »

NATURA CLASSICA購入

日付が前後するが、CONTAX G1をもう一台購入する前に富士フイルムのNATURA CLASSICAをamazonから購入した。

R0012151
購入直後の記念写真(GX100で撮影)
ケース付きなのが嬉しい。

●NATURA CLASSICA購入の動機
G1での撮影を始める前から、常に持ち歩けるカメラを欲しかった。
GR-Digital2が最有力候補だったが、G1を使い始めてからコンパクトカメラにも35mmフィルムを詰めて持ち歩きたいと考え始めるようになった。
中間を取ると、GR1シリーズを中古で購入ということになるが、GR1sあたりになると今だに高い・・・
撮影前提の旅行・散歩にはG1があると考え、画質より使い勝手優先とし、現行製品のFUJIFILM NATURAの検討開始。
ちょっと前まで、24mm単焦点、F1.9の明るいレンズという、NATURA F1.9が売られていたようだが、既に販売終了。
現在、新品で入手できるのは下記2つである。

・NATURA CLASSICA

↑この値段は十分安いと思われる。
実際に、私はamazonで購入した。

・NATURA NS

上記2モデルはどちらも、28~56mmのズームレンズ、28mmだとF2.8。
CLASSICAとNSの違いは、一言で言うと露出補正が出来る(CLASSICA)か出来ない(NS)か、だ。
一応、リバーサルフィルムでの撮影を考慮しCLASSICAを選んだが、露出補正はちょっと面倒なため、外観と値段で選んでも良いと思う。
購入して使ってからわかったことだが・・・

●使い勝手
当たり前かもしれないが、フィルムを詰めてしまえばズーム以外基本的に何も調整出来ない。
だから、「背景をぼかして・・・」という場合、特に昼間だと強制的にそういう状況に追い込んでやる必要がある。
まぁ、28mmを使ってパンフォーカス的な撮影をするのが、本来の使い方なのだろう。

まだ、本領を発揮する、NATURA 1600ネガフィルムでの夜間撮影をしていないが、フィルムは入手済みなので近いうちに試してみたい。

なお、ISO400のネガフィルムで室内ノーフラッシュ撮影(一脚使用)を試みたが、露出不足で全く駄目であった。
NPモードに入っていない場合は、素直にフラッシュを使った方が良い模様。
CLASSICAなら+1~2EV調整すれば良いかもしれないが、面倒なので。

●NATURA CLASSICAで写した写真
既にフィルム3本くらい写したので、その中でお気に入りの写真を。

 FUJIFILM NATURA CLASSICA + Kodak SG 400
 ネガをEPSON GT-X970にてオートスキャン後、SILKYPIXでホワイトバランス調整+プリント相当にトリミング。

imgn014
近所の花に飾られた家を、夕方撮影。

imgn067
踏切を通過するレッドアロー(10000系)
シャッタースピードは1/360secまでしか速くならないし、そもそもシャッタースピードがわからないので、移動体の場合、どんな感じに写っているかは現像するまでわからない(笑

imgn070
雨上がりで水滴をため込んだ花(名前教えて!)

imgn073 
街路灯もどき

構造上仕方のないことだが、ボケが硬いね。

室内での人物撮影も内蔵フラッシュで手軽に撮影出来るし、何より軽い(本体155g)ので、当初の予定通り常に鞄に入れて持ち歩いてる。

|

« 近所の滝 | トップページ | 光軸調整ダイヤルの交換と、AMG C43エンジンマウント交換 »

銀塩写真(NATURA CLASSICA)」カテゴリの記事

コメント

2万円も出せばそこそこの機能が付いたデジタルカメラが購入できる昨今、35mmフィルムカメラもレンズ付きフィルムか、NATURAのように特化した機種ぐらいしか販売されなくなってしまいましたね。
そう言う意味ではNATURAも高級機種と言えますが、欠点は有る物の、写りはなかなかシャ-プで良いと思います。その分、硬い感じに見えてしまうのでしょうけど・・・。

花ですが、最初のはカキツバタですかねえ?
この種の見分け方って難しいんですよね。
参考↓
http://www.geocities.jp/shibatagawa/ayame1.html
http://www.hana300.com/ichiha.html

2枚目はドウダンツツジですね。我が家でも咲いています。

フィルムコンパクトか~・・・。私も所有しているのでたまには使ってみようかな?
貧乏性なので、なかなか処分できず、使わずに保管しているカメラが何台もあります。(汗)

投稿: DeepSky | 2008年5月 5日 (月) 23時23分

DeepSkyさん、コメントありがとうございます。

下から2枚目の花は、ダッチアイリスでは無いかとmixi上でコメントを頂きました。
http://flower365.web.infoseek.co.jp/12/022.html
いずれにせよ、アヤメ科ですね。

ドウダンツツジ、なかなか可愛らしくて良いですね。
写真撮影しなければ、あまりしげしげと観察しないで、名前も知らずに一生過ごすところでした(笑

NATURA、確かに安くは無いです。
しかし、こんなに小さくても受光面は35mm、つまりEOS5Dと同じサイズってところがポイントかと・・・
後は、高感度領域での写りでしょうか。
APS-CサイズならISO3200あたりも実用的になってきたようですが、さすがにコンデジの超小型CCD/CMOSでは高感度撮影が難しいので、フィルムのISO1600に頼れると。
このあたりに富士フイルムは焦点を当てているのでしょうか。

投稿: やまりゅ~ | 2008年5月 6日 (火) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33788/56584380

この記事へのトラックバック一覧です: NATURA CLASSICA購入:

« 近所の滝 | トップページ | 光軸調整ダイヤルの交換と、AMG C43エンジンマウント交換 »