« 鉄道写真の失敗集 | トップページ | NATURA CLASSICA購入 »

近所の滝

img411
T氏に触発されて撮影
カメラを太陽の方向に向けるのはちと勇気が必要かと・・・
カメラ氏も迷いが生じていたようだが、決心して(というか適当なタイミングで)シャッターを切った。

 CONTAX G1 Planar T* 45mm + DNP CENTURIA 400(5/5 フィルム名間違えたので訂正)
 ネガをEPSON GT-X970にてオートスキャン後、SILKYPIXでホワイトバランス調整+プリント相当にトリミング。

朝の散歩で近所の滝へ。
中学生以来かと。
しかしここも観光地化してしまい、少々残念。

img405 
正直微妙な写真
明るいところから暗いところまで差が激しく、さすがのネガものっぺりと。
まぁ、こういうところですよ、ということで。

img406
一つ上の写真もそうだが、シャッタースピード速すぎの例。
水量少なく見えるな。
ISO400のネガを使うには天気が良すぎであった。

img408
仕方ないので絞ってみたの図。
これで滝らしく。

デジカメでは無いので、2枚をシャッタースピード変えて撮影したのは「たまたま」である。

|

« 鉄道写真の失敗集 | トップページ | NATURA CLASSICA購入 »

銀塩写真(CONTAX G1/G2)」カテゴリの記事

コメント

滝とシャッター速度って、いつも悩まされます。
デジタルだといろいろと設定を変更して試せますが、ネガだと現像するまで分かりませんからね。
ISO400で記事のように天気の良い日だと、絞ってもなかなかシャッター速度を下げられないし、下げすぎると露出オーバーになったり・・・。
こんな時のために、NDフィルターを用意しておくと良いのですが余り使う機会もないし、そう言う私も、まだ所有していません。(汗)

投稿: DeepSky | 2008年5月 3日 (土) 12時10分

DeepSkyさん、コメントありがとうございます。

そうですね、こういう被写体はデジカメでできあがりを確認しながら・・・が良いですね。
他にも、被写界深度浅く取りすぎて失敗とか、デジカメ、もしくは一眼レフなら何とかなりそうな写真も多く・・・

ISO400だけでなくISO100のリアラエースも購入してあるので、晴天時にはリアラエース使えば良いのですが、1日で36枚撮り切るか?という問題も有り、ISO400を詰めちゃうんですよね。無難なので。

投稿: やまりゅ~ | 2008年5月 5日 (月) 19時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33788/56584379

この記事へのトラックバック一覧です: 近所の滝:

« 鉄道写真の失敗集 | トップページ | NATURA CLASSICA購入 »