« 会社の先輩・後輩とミニレース@F1カート宮沢湖 | トップページ | 高麗家住宅と聖天院 »

ZUIKO 50mm F3.5 MACRO

一眼レフカメラといえば、望遠撮影と近接撮影(←私の勝手な認識。スナップ写真はレンジファインダーの方が便利だと思ってる)。
近接撮影を楽しむべく、ZUIKO 50mm F3.5 マクロの半分ジャンク品?をヤフオクで格安入手してみた。
値段相応で、カビも生えているが、幸いレンズに曇りは無いようだ。
このレンズ、23cmまで寄れる。

さて、マクロレンズを入手したならば、まずは手短の花を撮影しなければならない(←私の勝手な認識)。
近所をうろうろ、夏を迎えて少しお疲れの花々を撮影してみた。

写真は全て、
 OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 50mm/F3.5 MACRO + FUJICOLOR REALA ACE
 一脚を使用

しかし、今回は特に失敗作が多い・・・
ISO100のネガで曇り空。
マクロ域では被写界深度が極端に浅く、カメラを少し前後に揺するだけでピントから外れる。
当然のことながら、ピントを合わせて左右に振ることは不可。

さらに、50mmとはいえ、被写体と近づくため1/125sec以上に高速なシャッターを切らないと「ぶれ」も発生しやすい。

途中から、一脚を使って撮影し始めて、少し失敗率が減ったかな。
次回からは、無理せずISO400フィルムを使おうと心に決めたのであった。

img_o_070

名前はわからないが、綺麗な発色となったので採用。

img_o_075
タンポポの綿毛
まだタンポポ咲いているのね。
マクロレンズを持つと、童心に帰れる気がする。

img_o_082
あじさい
大半のあじさいは既にお疲れモード。
その中でも、涼しいところで未だに綺麗な状態の花をセレクト。
内側が白く小さな花が砂糖菓子のようなアクセントに。
今回、一番のお気に入り写真
2LWに伸ばしてみた。

img_o_085
蓮の花
近所の小学校の池にて。
葉っぱが邪魔であるが、どかすのはやめた。

img_o_076
自宅のシーサー
花ばかりでは芸がないので陶器も。

問題なのは、普通の風景撮影結果が非常に眠いこと・・・
有名なIMAIさんのページを拝見すると、風景撮影もくっきりクリアーなのだが。
格安購入したレンズは無限付近にがたつきがあるので仕方ないか、もしくは少し絞らないといけないのか。
もう少し検証してみよう。

|

« 会社の先輩・後輩とミニレース@F1カート宮沢湖 | トップページ | 高麗家住宅と聖天院 »

銀塩写真(OLYMPUS OM-1/OM-2000)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33788/56584396

この記事へのトラックバック一覧です: ZUIKO 50mm F3.5 MACRO:

« 会社の先輩・後輩とミニレース@F1カート宮沢湖 | トップページ | 高麗家住宅と聖天院 »