« 久々に青梅線 with Biogon | トップページ | 駅写真:吾野駅 »

CANON EOS 10DとEFレンズ

義父からCANON EOS 10Dを譲り受けた(正確には、妻が妻の父からもらった)。

最近、私が新品購入して、車の整備記録や妻の料理撮影など、ハードに活躍してきたCANON IXY DIGITAL L(初代)が故障した。
具体的には、シャッター音が鳴らなくなり、画像が白っぽくなる。
そこで妻が義父に相談したら、「使っていないデジカメあるからやるよ」ということで、体積が20倍くらい?になったようだ(笑
これじゃ、IXY DIGITAL Lの代わりは務まらないのでは無いか・・・

それはともかく、興味津々早速見てみると本体よりまず先に付いてるレンズに目がいった。
TAMRON AF 28-300mm F3.5-6.3 XR LD Aspherical (IF) Macro (Model A06)

 
↑参考までに、こちらは改良版の模様。
手ぶれ補正は付いていない。


↑手ぶれ補正付きだと一気に高価に!

すげー、10倍以上のズーム比だよ!(興奮
しかも、「Macro」の文字通り、全域で50cm位まで寄れるらしい!
ZUIKO 200mm F4とは大違いだ(ZUIKO 200mmは250cmまでしか寄れない。というかむしろ、離れないといけない・・・)

R0012601
キヤノンEOS 10D + EF 50mm F1.8 II(後述)と、 TAMRON 28-300mm F3.5-6.3(右)
(RICOH GX100で撮影)

しかし、興奮もつかの間。
少し使ってみたが、このズームレンズ、APS-Cサイズの10Dで使うと1.6倍の43mm~465mm相当の画角になってしまう。
しかも、望遠域ではF5以上になってしまうので暗い・・・

そんなわけで、明るいレンズも買っておこうと思い、中古レンズを物色すると・・・
新品でも安いレンズ発見!
EF50mm F1.8II


↑十分安いので、送料がかからず、購入手続きの楽なamazonから購入。

世間では、この値段で単焦点レンズ沼に消費者を巻き込むべく、「撒き餌レンズ」なんて呼ばれているらしいが(笑

amazonからすぐに届いて、予想通りのチープな外観に苦笑しつつもEOS 10Dに装着。

R0012603
キヤノンEOS 10D + EF 50mm F1.8 II
やはり、かっこうよさでは「EF50mm F1.4 USM」に全くかなわないな・・・
(RICOH GX100で撮影)

ちなみに、「50mm」とは謳っているが、10DはAPS-Cサイズなので80mm相当の画角になってしまう。
中望遠レンズ扱いだ(計算が面倒くさい)。

つづく

|

« 久々に青梅線 with Biogon | トップページ | 駅写真:吾野駅 »

デジカメ写真(CANON EOS 10D)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33788/56584408

この記事へのトラックバック一覧です: CANON EOS 10DとEFレンズ:

« 久々に青梅線 with Biogon | トップページ | 駅写真:吾野駅 »