« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

中判に挑戦(PENTAX 645N購入)

通勤路上にポジ(リバーサル)フィルムを1時間程度で現像してくれる写真屋を見つけて以来、ポジフィルムで撮影し、ライトボックス&ルーペでの鑑賞にはまっている。
すると、必然的に?「もっと大きな版で見たい!」という欲望が。
店のライトボックスやルーペの展示機には、中判(おそらく6×7だろう。迫力がある)のポジフィルムが参考に置いてあることが多く、あのイメージだ。

●中判カメラの検討
情報をあさった結果、以下のように考えた:

・67版にも惹かれるが、コストパフォーマンス、カメラの大きさ・重さを重視し、645版とする
・35mmはCONTAX Gを使い続けるとして、645版はOLYMPUS OMの代替を兼ねるとし、望遠・マクロ撮影可能な一眼レフをターゲットとする
・すると645版だとPENTAXかマミヤの選択肢になるのかな?
・マミヤはミラーショックが大きいらしい。安価に揃えられるようだが、手持ち撮影での使い勝手を重視し、PENTAXとする
・選択肢はPENTAX 645シリーズ。645が安価だが、近代的で値段もそこそこ安い645Nとする(ミーハーだが、撮影データ写し込み機能も欲しい)
・レンズはとりあえず標準画角(35mm換算50mm相当、645判だと75mm付近)をターゲットとし、AF/MFは問わない

最後は、「私の撮り方・嗜好で本当に中判が必要か?」と自問したが、「中判に足を踏み入れてみたい。後悔するなら足を踏み入れなかった後悔より、経験してみて無駄金使ってしまったという後悔の方が健全!」と考えた。

●PENTAX 645Nを購入
そうと決まれば話は早い、ヤフオクで中古を物色、645Nセットの落札を試みる・・・
が、予算overで失敗(熱くならないよう、上限値を最初から決めている)。
無難に某大手中古カメラ店で、訳あり品を購入。
新品価格に比べれば安価とはいえ、絶対的には安くない金額、中古屋の保証も欲しいしね。

IMG_0850
購入したPENTAX 645N + FA645 75mmF2.8レンズ
UVフィルター、標準フード、説明書、ストラップも付属。
ついでにブローニーフィルム(120)を購入、400ネガと100ポジ。
ポートラ、E100VSなんて、35mmでは買ったことのない高級フィルムだ・・・
これまたミーハーだが、ブローニーフィルムを買ってみたかったのだよね~
CANON EOS 10D + EF50mm F1.8II ISO800

IMG_0856
「訳あり」部分がわかるかな?
CANON EOS 10D + EF50mm F1.8II ISO800

IMG_0858
シャッター速度のロックボタン破損
まぁ、シャッタースピード優先で使わないから良いでしょう。
使うようになったら、ここだけ修理すれば済む話。
CANON EOS 10D + EF50mm F1.8II ISO800

●安比奈親水公園で試し撮り&現像
この中古カメラ屋は、2週間まで初期不良等の交換が出来るようだ。
天気が悪いのが残念だが、訪れたことのない川越市の安比奈親水公園に行ってみた。

で、ネガとポジを撮影後、前述の写真屋に持って行ってみたのだが・・・
「ブローニーのネガは外注です。お客さんが少なくて、ブローニーサイズを通すためのネガ現像機のメンテナンスが・・・」
ということで、ネガは後日となってしまった。
ポジの方が早く見られるとは、ちと不思議な感覚。

645判のポジは67判と比べると迫力に欠けるが、35mmに比べれば十分大きく、ライトボックスを通して見るととても楽しい。

PCで見てみようとEPSON GT-X970にブローニーサイズのセットを初挑戦・・・
しかし、難しい!
少なくとも手袋は必須かと。
結局、フィルムガイドを装着したまま、滑り込ませるようにマウントした。

サイズが大きいので1200dpiでスキャンし、適当なサイズにリサイズしてみた結果は以下:
(残念ながら、撮影データが写し込まれた部分は取り込みサイズを「大」にしても上手く取り込めないようだ)

img_0808_402
「あぶないわよ!」
撮影しようとした時、ちょうど橋を渡ろうとしている子供のお母さんが叫んだ。
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + Kodak E100VS

img_0808_403
「ナイスショット!」
玉転がし?を興じる方々。
今回は、この写真が一番中判のメリットを表しているかな?
ピントが合った部分の芝の描写で。
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + Kodak E100VS

img_0808_407
タイミング良く
本格的にサイクリング中 のおじさんが登場したので助かった(笑
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + Kodak E100VS

img_0808_416
仕事中
お仕事中を撮影するため、絞りを開いてシャッタースピードを稼いだ。
想像通り、被写界深度浅いなぁ。
このレンズ、ボケはあまり美しくないようだ。
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + Kodak E100VS

一脚しか持っていないのに、忘れていったため、全て手持ち撮影。
思ったより手持ちでいけそう。
けど、頑丈な三脚買うことになりそうだなぁ(笑

| | コメント (10) | トラックバック (0)

パイオニア・ミューズ・コンサート2008

先々週の話だが、久々にPSO(パイオニア交響楽団)の練習に参加。
やっと、休日出勤続きの日々から解放されたので。

そしていきなりコントラファゴットを練習!
周りの人に「音程が悪い」と苦情を言われるが、とりあえず気にしない。

img_0808_276
コントラファゴット
NATURA CLASSICA + Kodak ULTRAMAX400(GC)

というわけで宣伝。

♪♪♪ パイオニア・ミューズ・コンサート2008 ♪♪♪
日時:2008年10月5日(日) 14時開演(予定)
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール(JR川崎駅下車徒歩1分)
指揮:黒岩 英臣
独唱:ソプラノ 高橋 薫子
   テノール 岡本 泰寛
   バリトン 牧野 正人
合唱:パイオニア合唱団
曲目:メンデルスゾーン:「ルイ・ブラス」序曲
   ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲
   グノー:聖チェチーリア祝日のための荘厳ミサ
料金:S席2,500円 A席2,000円 B席1,500円

よい雰囲気でコンサートをお楽しみいただくために、未就学児のご入場はお断りしております。
どうぞご理解の上、ご協力をお願いいたします。

だそうで。
私は、ハイバリのコントラと、グノーの2nd Fg(ファゴットは4管)。

今回はチケットノルマはありまへんので・・・
申し訳ありませんが、聴きに来ていただける方は、チケットをご購入いただき・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母校(中学校)に廃校の噂

母校でもある、地元の中学校が廃校になるという噂?を聞いた。
やっと開校20周年くらい(私は2期生)の比較的新しい中学校なのに、介護施設にリニューアルするとか?
真実かどうかわからないが、住宅街の児童数減少より遅かれ早かれ事実になりそうだ(悲

生徒は夏休みながら中学校として存在しているうちに一卒業生として写真撮影をしておかねばと使命感に燃え、2週間ほど前の天気の良い真夏日に訪れてみた。

●フィルムの選択
今までOM-1はネガフィルムのみでポジフィルムを使っていなかったが、実験的に詰めてみた。
望遠も使う可能性が高いと考え、ISO200のKodak ELITECHROME 200(ED)を選択。

また、G1には派手系フィルムのKodak ELITECHROME ExtraColor(EBX)を詰めてみた。

●画像のサイズ
今回は画像数が多いので、従来の画像サイズ(960x640)に戻した。
そんな人いるかどうかわからないが、オリジナルサイズをご覧になりたい場合、下記へどうぞ:
 ・フォト蔵
 ・Flickr (現状Freeアカウントなので、オリジナルサイズでは無い)

img_0808_300
裏門
私はここから登下校した。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak ELITECHROME ExtraColor(EBX)

img_0808_301
壁画
というのか?
市の鳥、カワセミをモチーフにしているようだが、とても見づらい。
こういうのは卒業アルバムに絶対登場するね。
逆に言うと、学校は明確な被写体が少ないと思う。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak ELITECHROME ExtraColor(EBX)

img_0808_352
鉄棒
体育の時間良く懸垂をした鉄棒を主役に、校舎をぼかしてみた(結果的に中途半端だが)。
校庭の周りは雑草が多く、手入れ不足を感じさせた。
ちなみにフィルムが違うので正しい比較とは言えないが、ZuikoレンズはZeissレンズに比べ色が地味だなぁ。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 50mm F1.8  + Kodak ELITECHROME 200(ED)

img_0808_305
西武牛乳
給食はもちろん、地元の西武牛乳だった。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak ELITECHROME ExtraColor(EBX)

img_0808_307
土足禁止
体育館入り口にて。
もちろん中には入れないが、体育館玄関には歴代の体育系部活の入賞記念写真が。
しかし、古いのは色褪せている・・・
直射日光に当たりそうなところなので、もう少し考えて欲しいものだ。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak ELITECHROME ExtraColor(EBX)

img_0808_355
校章
在校中に誰かのデザインが採用されたような。
私もデザイン案を出したんだっけかな・・・
まぁ、大したデザインでは無かったであろう。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 200mm F4  + Kodak ELITECHROME 200(ED)

img_0808_313
教職員玄関
私が中学2年生の1学期始まって2週間くらい立ったとき(引っ越しの関係で凄く中途半端な時期だ)、ここから転入手続きのために足を踏み入れたのを思い出す。
とても綺麗で、先生方もやる気に満ちあふれていたな。
EBX、特別派手という感じは受けない。
黄色が目立つという評価があるが、Zeissレンズとのマッチングは良さそうだ。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak ELITECHROME ExtraColor(EBX)

img_0808_315
現在の教室配置
空き教室が目立つ。
私たちの時は4~5クラスあったが、現在は2クラスずつ。
ここまで生徒数が減ると、小学校と中学校を分ける意味がわからないな。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak ELITECHROME ExtraColor(EBX)

img_0808_318
野球部員視点で
元野球部の人たち向け、サービスショット。
にしては、少し直球過ぎたか?
転校してきて最初の担任の先生は、絵に描いたような野球部顧問だったな。
土が赤いのはフィルムの特性か。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak ELITECHROME ExtraColor(EBX)

img_0808_319

適度の雲が浮いている天気だったので、タイミングを見計らって空に露出を合わせ。
防球フェンスにアクセントになってもらった。
水平が出ていない・・・
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak ELITECHROME ExtraColor(EBX)

img_0808_321
正門
まだ綺麗なのに勿体ないな。
しかし、ニュータウンは住民の世代が入れ替わらないと悲しいものだな。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak ELITECHROME ExtraColor(EBX)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

駅写真:飯能駅

前回の続き。

西所沢から20000系に乗る。
西所沢駅で30000系などを撮影していたので、必然的に先頭車両・・・
そこで、普通の乗客視点で考えるとかなり浮くが、乗客も少ないことだし(言い訳)、せっかくカメラも持っているところなので運転席から前方を撮影してみた!
(注意:当然のことながらフラッシュなどは焚いてはいけない)

img_0808_176
発車準備完了
20151の運転席。
稲荷山公園かな?
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 100mm F2.8  + FUJIFILM REALAACE

img_0808_222
仏子駅への進入
液晶画面の表示、加速時などは編成中の全電動機の電流値などが表示され、興味深い。
しかし、最近の電車の運転手は右手がつまらなそうだ。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + FUJIFILM TREBI100C

img_0808_177
お疲れ様
この車両の運転席を撮ったわけ。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 100mm F2.8  + FUJIFILM REALAACE

本題の飯能駅
私が埼玉に引っ越してきた時は、元加治・東飯能方面からホームを降りて駅構内踏切を渡り、北口に出られるだけの駅だったように記憶している。
いつの間にやら駅ビル(ぺぺ)も出来、ごくごく普通の駅になってしまったような。

img_0808_185
駅標
1番線からは池袋方面にしか出ないようだ
ちなみに番線の順序を入れ替えたのは比較的最近のこと。
少し前は特急ホームが1番線だったように記憶している。
北口側のみに改札があった時の名残は完全に消えたわけか。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 50mm F1.8  + FUJIFILM REALAACE

img_0808_184
飯能と言えば「まるひろ百貨店
というイメージがある。
創業の地らしい。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 50mm F1.8  + FUJIFILM REALAACE

img_0808_187
飯能駅改札
明るいレンズのおかげで、ISO100のフィルムでも何とか撮影出来た。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 50mm F1.8  + FUJIFILM REALAACE

img_0808_224
飯能駅南口
夏らしい雲が窓に映り込んでいた。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + FUJIFILM TREBI100C

img_0808_223
夏の空
ポジフィルムで写すと派手だな。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + FUJIFILM TREBI100C

| | コメント (2) | トラックバック (0)

駅写真:西所沢駅

清瀬ひまわりフェスティバル」の帰り。
友人と別れ一人電車で帰る途中、小手指止まりの電車を西所沢で降りた。
ま、「小手指で上りホームに到着するので、西所沢駅でのお乗り換えが便利~」というアナウンスが流れたからだが。

なので、駅外観の写真は無い。

img_0808_175
3番線
人がいない時を見計らって。
100mmのレンズ一本で撮るというのも、またおもしろいものだ。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 100mm F2.8  + FUJIFILM REALAACE

img_0808_171
2+2=4
西武狭山線の新101系の2両+2両の4両編成。
昔は、2+2+2+2=8両編成ってのもあったとか。
先頭車両にパンタがあって、これ以上アップで撮れない・・・
車掌のポーズがかわいい。
プリントすると、陰になっている側面がつぶれてしまうパターン。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 100mm F2.8  + FUJIFILM REALAACE

img_0808_173
スマイル
スマイルトレイン30000系
尾灯を点けているこの姿、少し狙いすぎじゃないか?
8両編成のおかげで、100mmで良い感じに撮れた。
しかし、最近の西武鉄道の車両は、白塗装部分が多くて写真撮影渋いね。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 100mm F2.8  + FUJIFILM REALAACE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結婚記念日に結婚式場で

8/14は籍を創った結婚(創籍)記念日。
去年は何もしなかったので、今年は私たちの結婚式場(レストランウェディングなので)である入間市の「マイリゾートダイニング」でディナーを予約して行ってきた。

料理はもちろん美味しかったし、お店の方々も2年近く前のことながら覚えていてくださったので、結婚式の時の話など楽しい時間を過ごせた。
感謝。

機会を見つけて、また食事に行こうと思う。

IMG_0724
あえて冷え冷えではない温度で出てきたギネスビール(既に飲みかけ)
CANON EOS 10D + EF50mm F1.8II ISO400

IMG_0730
パンはオリーブオイルをつけて頂く
妻撮影。
CANON EOS 10D + EF50mm F1.8II ISO400

IMG_0755
結婚式の時はレイアウト上苦しめられた壁
暗くなってきたのでやむなくISO800に増感。
絵にピントを合わせたつもりが、椅子に合ってる?前ピン?
CANON EOS 10D + EF50mm F1.8II ISO800

| | コメント (2) | トラックバック (0)

E280、Fロアアームを元に戻し始める(進捗50%)

5月頃に、渋々、ロアアームを元に戻す決意をした。
こう暑いとやる気が起きないが、天気予報に依ると今日は涼しいということで、重い腰を上げてGun auto tradeに向かった。

img471
写真と本文はあまり関係ありません
コンパクトデジカメ不調で、整備中写真が無く寂しいから。
CONTAX G1 + Planar T* 45mm + DNP CENTURIA 400

しかし、これくらい涼しい(外気温20度前半)と、異音がしない・・・
春は20度くらいでも異音がしていたのに?
いずれにせよ30度を超えると盛大に異音がするため、夏の間にけりをつけなければ!

Gun auto tradeに到着、テキパキとロアアーム交換・・・
と思いきや、スプリングコンプレッサーの扱いに四苦八苦。
前回は一人で出来たのに、今回は無理だった。
まだ修行が足りない模様。

なんとか、右フロントロアアームを元の純正品に戻し、ショックも自分の車のものに戻したところで体力切れ。
明日から出勤、無理はやめよう。

帰路、少しアライメントが狂ったが、日常利用には問題の無い範疇のようだ。
これで解決していれば良いのだが。
残り半分、いつ作業しよう?

●謝辞
「症状からしてロアアーム不良の可能性大」というアドバイスを、本blogをご覧頂いている方から頂きました。
まだ完治したと断言は出来ませんが、アドバイス、ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清瀬ひまわりフェスティバルと長源寺

会社の友人に誘われて、終了間際(8/11)の「清瀬ひまわりフェスティバル」に行ってみた。

img_0808_209
幟(のぼり)
結果を見るともう少し-EVで撮りたいところだが、これに段階露出はねぇ。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + FUJIFILM TREBI100C

「今年は7月から暑かったから、もう終わってるんじゃ・・・」
は、正解だった(苦笑

img_0808_208
ひまわりとポジフィルムの青空
G1は、Biogon 28mmのみ。
広角で満開のひまわりが「どばーっ」という写真を期待したが、ここではあまり活躍の場面が無く(苦笑
しかし、露出が決まったときのポジの空の色はいい。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + FUJIFILM TREBI100C

img_0808_159
綺麗に咲いているのを
綺麗に咲いているのをピックアップし、100mmでクローズアップ。
けど、マクロレンズ持っていけば良かったな。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 100mm F2.8  + FUJIFILM REALAACE

img_0808_162
バイカラーミックス
ネガスキャンでの色の調整は、私の技術ではこれが限界。
こういうものの場合、どうしても塗り絵みたいになってしまう・・・
写真屋でプリントすれば綺麗に補正されるんだろうけれど。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 100mm F2.8  + FUJIFILM REALAACE

img_0808_163
もう少し黄色いバイカラーミックス
ちまたではあまり見ない「バイカラーミックス」。
咲き乱れていればかなり綺麗だろう・・・
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 100mm F2.8  + FUJIFILM REALAACE

●長源寺
というわけで、カメラ片手に欲求不満が募り、近所の「長源寺」に寄ってみた。

img_0808_210
お地蔵様
竹林がバックで良い雰囲気かと。
しかし、この暗さでISO100だと1/15~1/30で手持ち撮影は限界。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + FUJIFILM TREBI100C

img_0808_165
蝉の抜け殻だらけ
蝉の抜け殻だらけのお地蔵様のボス?
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 100mm F2.8  + FUJIFILM REALAACE

G1もOM-1もISO100フィルムで、開放F2.8レンズだから、少し暗いところでいろいろ挑戦出来ず。
フィルムとレンズ選びは難しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

TAMRON 28-300mm(Model A06)で鉄道写真を

CANON EOS 10Dにくっついて来た高倍率ズーム「TAMRON AF 28-300mm F3.5-6.3 XR LD Aspherical (IF) Macro (Model A06)」、鉄道撮影にはもってこいだろうと思い、早速近所に連れて行ってみた。

IMG_0681
比較的上手く撮れた例1、46mm F5.0
過ぎ去る4000系を連射で。
やはり、デジカメを持つと、無駄打ちが苦じゃ無くなるなぁ。
CANON EOS 10D + TAMRON AF 28-300mm F3.5-6.3(Model A06) + ISO400

IMG_0697
比較的上手く撮れた例2、200mm F6.3
東吾野駅停車中の4000系。
CANON EOS 10D + TAMRON AF 28-300mm F3.5-6.3(Model A06) + ISO400

IMG_0706
比較的上手く撮れた例3、168mm F5.6
東吾野駅停車中の4000系、その2。
CANON EOS 10D + TAMRON AF 28-300mm F3.5-6.3(Model A06) + ISO400

まぁ、確かに35mm換算200mm以上の領域は、鉄道撮影には便利だ。

が、

IMG_0674
眠い画像の例1、77mm F5.0
なんとも眠い描写。
ホワイトバランスも合っていないか。
CANON EOS 10D + TAMRON AF 28-300mm F3.5-6.3(Model A06) + ISO400

これが、CONTAX G1 + Sonnarなら少し画角、色味は違うが、

img_0808_133
高麗川を渡る4000系
見慣れた画質。
ただ、90mmでは少し遠いことがわかった(苦笑
もっと川を入れれば良かったな。
CONTAX G1 + Sonnar T* 90mm F2.8 + FUJIFILM REALAACE

IMG_0690
眠い画像の例2、119mm F5.6
東吾野駅構内踏切だが。
とても眠い。

理由は明確、

image
収差?
黄色がにじんでるよ・・・

まぁ、被写体ぶれ・手ぶれを恐れて、なるべくシャッタースピードを稼ぐため、このズームレンズでは絞り開放付近で使っているせいかもしれないが。
このにじみは辛い。

どういう状況でこのにじみが出るのか良くわからない。
上記の東吾野停車中の車両縁や、ラインも少しにじんでいるので、高コントラストな物を撮影するとNGなのかもしれないが、これでは歩留まりが悪すぎて使えないな。

●補足(8/15追記)

【伊達淳一のレンズが欲しいっ!】タムロンAF28-300mm F/3.5-6.3 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (Model A061)

に依ると、Di無しの「A06」とDi有りの「A061」ではにじみの量が違うようだ。
実際に作例を見比べると随分と違う。
やはり、絞って使わないとダメのようだ。
参考まで。

img_0808_132
おまけ
通過電車待ち中に撮影。
ちと絞り開きすぎたな。
CONTAX G1 + Sonnar T* 90mm F2.8 + FUJIFILM REALAACE

| | コメント (2) | トラックバック (0)

駅写真:吾野駅

西吾野駅あじさい館→吾野駅」の散策シリーズ最終回。

奥武蔵あじさい館を出て、吾野駅を目指す。
西吾野~あじさい館間の2倍程度の距離があり、炎天下の中へとへとに・・・

img_0808_016
吾野鉱業所をバックに
昔は、後ろの建物の下に石灰車が入線していたのだ。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 200mm/F4 + Kodak ULTRAMAX400(GC)

img_0808_019
吾野駅ホーム
Wikipediaによると、1日の平均乗降客数は998人(2007年度)、西武鉄道全92駅中86位とのこと。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 200mm/F4 + Kodak ULTRAMAX400(GC)

img_0808_020
ワンマン運転
扉の開け閉めを行う運転士。
ほんの一瞬の作業だった。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 200mm/F4 + Kodak ULTRAMAX400(GC)

やはり、電車旅はいいね。
カメラを持っていると、待ち時間も苦にならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CANON EOS 10DとEFレンズ

義父からCANON EOS 10Dを譲り受けた(正確には、妻が妻の父からもらった)。

最近、私が新品購入して、車の整備記録や妻の料理撮影など、ハードに活躍してきたCANON IXY DIGITAL L(初代)が故障した。
具体的には、シャッター音が鳴らなくなり、画像が白っぽくなる。
そこで妻が義父に相談したら、「使っていないデジカメあるからやるよ」ということで、体積が20倍くらい?になったようだ(笑
これじゃ、IXY DIGITAL Lの代わりは務まらないのでは無いか・・・

それはともかく、興味津々早速見てみると本体よりまず先に付いてるレンズに目がいった。
TAMRON AF 28-300mm F3.5-6.3 XR LD Aspherical (IF) Macro (Model A06)

 
↑参考までに、こちらは改良版の模様。
手ぶれ補正は付いていない。


↑手ぶれ補正付きだと一気に高価に!

すげー、10倍以上のズーム比だよ!(興奮
しかも、「Macro」の文字通り、全域で50cm位まで寄れるらしい!
ZUIKO 200mm F4とは大違いだ(ZUIKO 200mmは250cmまでしか寄れない。というかむしろ、離れないといけない・・・)

R0012601
キヤノンEOS 10D + EF 50mm F1.8 II(後述)と、 TAMRON 28-300mm F3.5-6.3(右)
(RICOH GX100で撮影)

しかし、興奮もつかの間。
少し使ってみたが、このズームレンズ、APS-Cサイズの10Dで使うと1.6倍の43mm~465mm相当の画角になってしまう。
しかも、望遠域ではF5以上になってしまうので暗い・・・

そんなわけで、明るいレンズも買っておこうと思い、中古レンズを物色すると・・・
新品でも安いレンズ発見!
EF50mm F1.8II


↑十分安いので、送料がかからず、購入手続きの楽なamazonから購入。

世間では、この値段で単焦点レンズ沼に消費者を巻き込むべく、「撒き餌レンズ」なんて呼ばれているらしいが(笑

amazonからすぐに届いて、予想通りのチープな外観に苦笑しつつもEOS 10Dに装着。

R0012603
キヤノンEOS 10D + EF 50mm F1.8 II
やはり、かっこうよさでは「EF50mm F1.4 USM」に全くかなわないな・・・
(RICOH GX100で撮影)

ちなみに、「50mm」とは謳っているが、10DはAPS-Cサイズなので80mm相当の画角になってしまう。
中望遠レンズ扱いだ(計算が面倒くさい)。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々に青梅線 with Biogon

超久しぶりに、青梅線(といっても小作→河辺の1駅だけだが)に乗ってきた。
相棒のCONTAX G1には、苦手としていた広角レンズ、Biogon 28mmを装着。
スナップ感覚で風景を撮ってみた。

●青梅線小作駅
幼稚園~中学1年生の1学期(1988年頃)まで小作の祖父母宅に住んでいた。
河辺以上に小作の発展はすさまじく、駅前近辺は住んでいたときの面影が皆無と言って良い。

img_0808_107
小作駅北交差点
電柱が無く、すっきりとしている。
昔(1985年頃?)、この交差点は複雑な形状をしていた記憶がある。

img_0808_112
小作駅下りホームとE233系
始点の立川駅から、たったの14km。
西武池袋線に換算すると、所沢駅から仏子駅に満たない程度の距離だ。
小学生時代は、ここから西立川の昭和記念公園まで自転車で往復したりしたが、今にして思えば大した距離じゃ無いのね・・・

●青梅線河辺駅
幼少から幼稚園入園前まで河辺駅北口側に住んでいて、小作時代を経て、中学1年の2学期から中学2年の最初期も河辺駅の南口側で過ごした。
しかし、物心ついてからは実質1年も過ごしていないため、あまり思い入れのない駅。
どちらかというと、小作時代に買い物でやってきた記憶の方が強い。

img_0808_115
E233系
もう、青梅線には201系は走っていない模様。
残念無念。

img_0808_120
河辺駅南口
昔はこんな噴水無かった。
ISO100ネガながら、天気が良すぎてあまりシャッタースピードをゆっくりに出来ず。

img_0808_122
河辺駅北口
こちら側は住んでいた頃とは全く違う様相。
「河辺びっくぷらむ」とは、果物のプラムの形をした歩道の形状から名付けられているようだ。

img_0808_125
東急ストア
うちの近所の東急ストアは閉店したのに、こちらは随分と近代的な・・・
空が青い!

img_0808_126
河辺タウンビルB 1F
時間が無かったので中には入らなかったが、この建物の中に銭湯「河辺温泉梅の湯」も入っているようだ。
今度行ってみよう。

以上、写真は全て:
 CONTAX G1 + Biogon T* 28mm + FUJIFILM REALAACE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥武蔵あじさい館と神社

前回からの続き。
西吾野駅から徒歩で「奥武蔵あじさい館」へ向かう。
車では何度か訪れたことはあるが、実際に利用したことは無い施設だ。

img_0808_013
ひまわり
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 200mm/F4 + Kodak ULTRAMAX400(GC)

休憩、上記の写真撮影などを含めて30分弱で「あじさい館」に到着。
施設内を散策してみる。

img_0808_069
ログハウス
本館とログハウスに泊まれるが、ログハウス+BBQコースが楽しそうだ。
すぐ裏は河原、他にも子供用プールも有り。
CONTAX G1 + Planar T* 45mm + FUJIFILM TREBI100C

また、あじさい館から直接入れる神社がある。
私たちが訪れたときは誰も足を踏み入れておらず、こわごわと訪れてみた。

img_0808_072
入り口の鳥居
CONTAX G1 + Planar T* 45mm + FUJIFILM TREBI100C

img_0808_074
階段
こういうものを撮ると、本当にはまるCONTAX。
金属やその塗装の雰囲気を「実物以上に」綺麗に再現する。
しかし、F2かF2.8での撮影だが、Carl Zeissの背景のボケは特別美しくないことがわかる。
CONTAX G1 + Planar T* 45mm + FUJIFILM TREBI100C

img_0808_077
視線
階段を上りきり、少し下ると狐に睨まれる。
その場の雰囲気に正直びびる。
また、かなり暗いのでISO100では厳しいシチュエーションだ。
しかし、OM-1は200mm F4専用状態なので使えず。
CONTAX G1 + Planar T* 45mm + FUJIFILM TREBI100C

img_0808_080

激しい逆光条件下、ポジフィルムでこのような物を撮るのは緊張する。
CONTAX G1 + Planar T* 45mm + FUJIFILM TREBI100C

img_0808_082_
木洩れ日
ポジフィルムだと、ライトボックス+ルーペでの鑑賞用にこういう景色を撮りたくなる。
CONTAX G1 + Planar T* 45mm + FUJIFILM TREBI100C

この場所から、激しくきつい階段が山頂に向けて伸びていたが、誰もいなくて(妻は早々にあじさい館に戻っていた)あまりにも怖いため、途中であきらめた。
もう少し身軽な格好で再挑戦したい。

あじさい館に戻り、風呂に入って昼食を取った。

img_0808_014
あじさい館本館内にて
どんな色だったかな?
ネガなので、色を元に戻せていない可能性大。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 200mm/F4 + Kodak ULTRAMAX400(GC)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅写真:西吾野駅

週末。
身近な駅まで写真撮影に。

img_0808_004
駅写真撮影に電車を利用
20分程度の電車旅。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 200mm/F4 + Kodak ULTRAMAX400(GC)

img_0808_061
ダブル4000系
前回の反省から、G1には45mmを装着。
CONTAX G1 + Planar T* 45mm + FUJIFILM TREBI100C

img_0808_006
降り立ったのは西吾野駅
駅は山の中腹にあり、周りに民家は一切無し。
Wikipediaによると、1日の平均乗降客数は529人(2007年度)、西武鉄道全92駅中89位とのこと。
埼玉県内で唯一の秘境駅らしい(後で知った)。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 200mm/F4 + Kodak ULTRAMAX400(GC)

img_0808_008
無人
駅写真はどうしても似たような構図になりがちだなぁ。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 200mm/F4 + Kodak ULTRAMAX400(GC)

img_0808_064
黄緑
若干、センスを疑う。
ポジフィルムでは厳しいシチュエーションか。
CONTAX G1 + Planar T* 45mm + FUJIFILM TREBI100C

img_0808_067
駅舎
CONTAX G1 + Planar T* 45mm + FUJIFILM TREBI100C

img_0808_010
4000系を見上げる
吾野-西吾野間。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 200mm/F4 + Kodak ULTRAMAX400(GC)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅写真:東吾野駅

続いて東吾野駅。
無理矢理会社を午前半休して、車に乗って撮りに行ってみた。
1時間くらいの滞在時間だったが、駅周辺の雰囲気が良くて撮影に夢中になってしまった。
車で行くとカメラ複数台持っていくのも楽だけれど、やはり電車で行きたいかな。

img_0807_167
昔ながらの案内板を中心に
Wikipediaによると、1日の平均乗降客数は697人(2007年度)、西武鉄道全92駅中88位とのこと。
1933年までは「虎秀駅」と名乗っていたらしい。
OLYMPUS OM-2000 + ZUIKO 200mm/F4 + Kodak ULTRAMAX400(GC)

img_0807_172
誰もいないホームを少し離れたところから
やはり、ベンチは木製に限る。
OLYMPUS OM-2000 + ZUIKO 200mm/F4 + Kodak ULTRAMAX400(GC)

img_0807_173
ついつい、撮りたくなるもの
OLYMPUS OM-2000 + ZUIKO 200mm/F4 + Kodak ULTRAMAX400(GC)

img_0807_175
4000系
4両編成が全て綺麗に収まった。
OLYMPUS OM-2000 + ZUIKO 200mm/F4 + Kodak ULTRAMAX400(GC)

ちなみに、久々にポジフィルム(TREBI100C)を詰めたG1+Sonnar90mmを持っていったのであった。
しかし、OMは200mm、G1は90mmだと中途半端だったかな。

img_0808_053
観光案内
ポジはコントラストが強調されるが、さらに少しいじってみた。
CONTAX G1 + Sonnar T* 90mm + FUJIFILM TREBI 100C

img_0808_056
ポスト
CONTAX G1 + Sonnar T* 90mm + FUJIFILM TREBI 100C

img_0808_059
パンダ顔
ネガとは全く異なる雰囲気。
しかしこの車両、おでこが白飛びし気味(笑
CONTAX G1 + Sonnar T* 90mm + FUJIFILM TREBI 100C

| | コメント (0) | トラックバック (1)

駅写真:武蔵横手駅

カテゴリーに、「駅写真」を加えた。
仕事の合間を縫って、駅写真を撮りに駅に行く。

第一弾は「武蔵横手駅
ここは自宅から徒歩圏内なので、カメラを担いで散歩がてら。

img_o_110
東の踏切より
200mmともなると、レールがへろへろに見えて楽しい。
西武鉄道は乗り心地良いけど。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 200mm/F4 + Kodak ULTRAMAX400(GC)

img_o_113
特急通過
1番ホーム側が直線の通過線になるため、西武秩父行き特急はこちらを通過する。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 200mm/F4 + Kodak ULTRAMAX400(GC)

img_o_115
やっと出発
ちと引っ張りすぎた。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 200mm/F4 + Kodak ULTRAMAX400(GC)

img_o_116
だれもいないホーム
昔ながらの木製のベンチがグッド。
Wikipediaによると、1日の平均乗降客数は357人(2007年度)、西武鉄道全92駅中91位だそうで・・・
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 200mm/F4 + Kodak ULTRAMAX400(GC)

img_o_120
黄色
改札からホームに向かう踏切を、101系がゆっくりと通過。
フィルム写真としては初めてズームレンズを使用。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 35-70mm/F3.5-4.5 + Kodak ULTRAMAX400(GC)

img_o_121
出発待ち
4両編成はワンマン化したが、8両編成は車掌が乗務。
やはり、この時代のズームレンズは、コントラストがいまいちか?
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 35-70mm/F3.5-4.5 + Kodak ULTRAMAX400(GC)

●リンク
ダブル101系を写真に納められた、ダースマーラーさんのブログにTrackBackさせて頂きました。
西武池袋線サイクリング第27話(高麗駅~武蔵横手駅)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »