« 駅写真:飯能駅 | トップページ | パイオニア・ミューズ・コンサート2008 »

母校(中学校)に廃校の噂

母校でもある、地元の中学校が廃校になるという噂?を聞いた。
やっと開校20周年くらい(私は2期生)の比較的新しい中学校なのに、介護施設にリニューアルするとか?
真実かどうかわからないが、住宅街の児童数減少より遅かれ早かれ事実になりそうだ(悲

生徒は夏休みながら中学校として存在しているうちに一卒業生として写真撮影をしておかねばと使命感に燃え、2週間ほど前の天気の良い真夏日に訪れてみた。

●フィルムの選択
今までOM-1はネガフィルムのみでポジフィルムを使っていなかったが、実験的に詰めてみた。
望遠も使う可能性が高いと考え、ISO200のKodak ELITECHROME 200(ED)を選択。

また、G1には派手系フィルムのKodak ELITECHROME ExtraColor(EBX)を詰めてみた。

●画像のサイズ
今回は画像数が多いので、従来の画像サイズ(960x640)に戻した。
そんな人いるかどうかわからないが、オリジナルサイズをご覧になりたい場合、下記へどうぞ:
 ・フォト蔵
 ・Flickr (現状Freeアカウントなので、オリジナルサイズでは無い)

img_0808_300
裏門
私はここから登下校した。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak ELITECHROME ExtraColor(EBX)

img_0808_301
壁画
というのか?
市の鳥、カワセミをモチーフにしているようだが、とても見づらい。
こういうのは卒業アルバムに絶対登場するね。
逆に言うと、学校は明確な被写体が少ないと思う。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak ELITECHROME ExtraColor(EBX)

img_0808_352
鉄棒
体育の時間良く懸垂をした鉄棒を主役に、校舎をぼかしてみた(結果的に中途半端だが)。
校庭の周りは雑草が多く、手入れ不足を感じさせた。
ちなみにフィルムが違うので正しい比較とは言えないが、ZuikoレンズはZeissレンズに比べ色が地味だなぁ。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 50mm F1.8  + Kodak ELITECHROME 200(ED)

img_0808_305
西武牛乳
給食はもちろん、地元の西武牛乳だった。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak ELITECHROME ExtraColor(EBX)

img_0808_307
土足禁止
体育館入り口にて。
もちろん中には入れないが、体育館玄関には歴代の体育系部活の入賞記念写真が。
しかし、古いのは色褪せている・・・
直射日光に当たりそうなところなので、もう少し考えて欲しいものだ。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak ELITECHROME ExtraColor(EBX)

img_0808_355
校章
在校中に誰かのデザインが採用されたような。
私もデザイン案を出したんだっけかな・・・
まぁ、大したデザインでは無かったであろう。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 200mm F4  + Kodak ELITECHROME 200(ED)

img_0808_313
教職員玄関
私が中学2年生の1学期始まって2週間くらい立ったとき(引っ越しの関係で凄く中途半端な時期だ)、ここから転入手続きのために足を踏み入れたのを思い出す。
とても綺麗で、先生方もやる気に満ちあふれていたな。
EBX、特別派手という感じは受けない。
黄色が目立つという評価があるが、Zeissレンズとのマッチングは良さそうだ。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak ELITECHROME ExtraColor(EBX)

img_0808_315
現在の教室配置
空き教室が目立つ。
私たちの時は4~5クラスあったが、現在は2クラスずつ。
ここまで生徒数が減ると、小学校と中学校を分ける意味がわからないな。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak ELITECHROME ExtraColor(EBX)

img_0808_318
野球部員視点で
元野球部の人たち向け、サービスショット。
にしては、少し直球過ぎたか?
転校してきて最初の担任の先生は、絵に描いたような野球部顧問だったな。
土が赤いのはフィルムの特性か。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak ELITECHROME ExtraColor(EBX)

img_0808_319

適度の雲が浮いている天気だったので、タイミングを見計らって空に露出を合わせ。
防球フェンスにアクセントになってもらった。
水平が出ていない・・・
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak ELITECHROME ExtraColor(EBX)

img_0808_321
正門
まだ綺麗なのに勿体ないな。
しかし、ニュータウンは住民の世代が入れ替わらないと悲しいものだな。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak ELITECHROME ExtraColor(EBX)

|

« 駅写真:飯能駅 | トップページ | パイオニア・ミューズ・コンサート2008 »

旅行・地域」カテゴリの記事

銀塩写真(CONTAX G1/G2)」カテゴリの記事

銀塩写真(OLYMPUS OM-1/OM-2000)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

母校が無くなってしまうのは心情的に辛いですね。
通っていた頃は気にも留めなかった光景でも、改めて訪れると被写体に溢れていることに驚かれたと思います。
こうした物の見方が出来るのも、写真をやっている人の特権かもしれませんね。

EBXは、ベルビア系のような全体の彩度・コントラストを上げたのとはちょっと違う味付けですね。
特定の色(原色)だけを鮮やかに引き出すような、面白い特性があると思います。

コダックだと完全ニュートラルともいえるEB-3を基準にすると考え易いと思いますが、これの彩度・コントラスト全体を少しだけきれいに持ち上げたのは、どうもE100Gのようです。
このE100Gがフジでいうとプロビア100F、これを更に上げたのがE100VSでベルビア系、のような図式ではと思います。

これら “プロフェッショナル・エクタクローム” は、保管時の温度管理や消費期限にシビアな面もありますが、これはフジのプロフェッショナル系でも同様です。
高コントラストでありながら広ダイナミックレンジを持つ(らしい)その性能は、一般向けとはチト違う(らしい)です。

それにしても、G1 + ツァイスのシャープな絵はいいですね。
ずっと昔、“G2 スナップショットセット”というのを購入しましたが、もともとがパンフォーカスのファインダー像でAF、というのに馴染めず、ろくに撮りもせず手放してしまいました。

惜しいことしたなぁ… このことが最近になって効き始めています。
一眼レフのレンズたちは防湿庫でひしめき合っているので(笑)もういいとして、そろそろツァイス・イコンに触手が…
誰か止めて欲しいです。止まらないでしょうけど (^ ^;)ゞ

投稿: コガラ | 2008年9月 7日 (日) 21時03分

コガラさん、コメントありがとうございます。

確かに、今になって思うと「写真を撮っておくべきだった」と思える情景というのはとても多いです。
まぁ、社会人になって金銭的に余裕があるので出来る趣味ではありますが。
中学・高校時代は、現像代が高価に感じましたし。


EB-3、今度G1で使ってみます。
EBX、ED-3にせよ、ブローニーサイズが無いのが残念です。


もう一度、G2購入されては如何でしょうか。
コガラさんのG2での撮影画像も見たいです。

投稿: やまりゅ~ | 2008年9月 8日 (月) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33788/56584415

この記事へのトラックバック一覧です: 母校(中学校)に廃校の噂:

« 駅写真:飯能駅 | トップページ | パイオニア・ミューズ・コンサート2008 »