« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

弟の結婚式

九州旅行編は一時中断。
昨日は弟の結婚式だった。
早朝から、祖父母を乗せて前橋のアメイジングレースというゲストハウスに行ってきた。

感想、疲れた。
弟のテンションが高くて。

主力のネガフィルムPORTRA800は、ヤフオクに出品している業者に現像に出したので、上がりはまだ先。
ポジフィルムの画像を。

img_0811_703
久々に、我がE280を綺麗にしてみた
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + FUJIFILM RHPIII
F5.6 1/250

img_0811_713
バウンス撮影
中古で購入したストロボ、AF-500 FTZをいきなり実戦投入してみた。
天井でバウンス!
想像していたより、手軽(全てカメラお任せ)に上手くいった・・・
ポジ+ストロボという組み合わせ、自信が無いので主力をネガにしたが、その必要は無かった?
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + FUJIFILM RHPIII
F5.6 1/60 (AF-500 FTZ)

img_0811_714
出産時の体重のぬいぐるみ
流行っているらしいね。
こちらはストロボ無しで。
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + FUJIFILM RHPIII
F2.8 1/60

さて、ネガの写真はどうなっているかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州旅行2日目午前:熊本駅へ

●2008年11月13日(木) 山陽本線上
夜中、何度か目が覚めたが、窓が明るくなって外を見た瞬間に目の覚める光景が広がっていた。
img_0811_219
日の出直前の瀬戸内海
本当に海岸沿いを走るのね。
Biogon、絞り開放っぽい周辺減光が。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + FUJIFILM NATURA1600

徳島駅での駅弁争奪戦には、妻が参戦。
あなご弁当をゲットしてきた。
しかし、昨晩のあまりが結構残っていたので、あなご弁当は昼食に回すことに。

残念ながら、寝台列車での朝は苦手だ。
車内販売のホットコーヒーに普段は入れない砂糖を入れて目を覚ます。

●2008年11月13日(木) 下関駅
機関車交代イベント。
そのため数分の停車時間があるため、結構な人数が客車から降りて機関車交換を見守る・・・
噂には聞いていたが、ちょっとした撮影会になっていた。
もちろん、私もその中の一人だったわけだが。

img_0811_304
お疲れ様、EF66
なんとか、観客が写り混まずに撮影出来た。
CONTAX G1 + Planar T* 45mm F2 + Kodak PORTRA400NC

img_0811_306
ショートリリーフ
下関~門司間は、関門トンネルのためのステンレスボディーのEF81がショートリリーフ。
ま、EF81は見慣れているからねぇ。
CONTAX G1 + Planar T* 45mm F2 + Kodak PORTRA400NC

●2008年11月13日(木) 九州上陸~熊本駅
門司駅で後方富士号の切り離し、EF81からEF76の機関車交換を行う。
「はやぶさ」のみとなり、軽快な身で博多~鳥栖~熊本を目指す。

対面で話し相手になってくださったおばさんと鳥栖駅でお別れ。

img_0811_040
贅沢な午前
明るく、静かな車内で終点を目指す。
こんな旅行手段が廃れてしまうのは、本当に惜しいな・・・
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak ELITECHROME 200(ED)

img_0811_313
2段ベッド
お世話になった、4号車6下の札を記念に撮影。
上段には人が来なかった。
CONTAX G1 + Planar T* 45mm F2 + Kodak PORTRA400NC

長かったようで短かった18時間を経て、熊本駅に到着。
お昼に寝台列車を降りることに違和感を感じつつ。

img_0811_319
はやぶさ号@熊本駅
定番の撮影場所から記念撮影を。
CONTAX G1 + Planar T* 45mm F2 + Kodak PORTRA400NC

img_0811_042
ネガとポジ、PlanarとBiogonの違い
赤が赤く、青が青い!
けど、ネガの方が見た目に近いような?
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak ELITECHROME 200(ED)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

プリウスの主バッテリー交換と、代車アリオンA15

プリウスの主バッテリー交換予約」をし、トヨタ店より電話でバッテリーと代車の準備が出来たとの連絡を受けたので、トヨタ店にプリウスを預け、交換してもらった。
引き取るときに、サービスマンから「ご迷惑をおかけし申し訳ありません」と謝られたが、むしろこちらが申し訳ない気分だ・・・
交換後は亀マークが出ることも無くなり、安心して坂を登れるようになった。

●代車:アリオンA15
バッテリー交換作業中の代車は「初代(先代)アリオンA15」だった。
T240型と言うらしい。
A15なので、1.5Lの1NZ-FE型エンジンを搭載しているのだろうか。

「アリオン・プレミオ」と言うと最近の車というイメージがあり、当然綺麗な車体なのでどんな感じか興味津々で20分ほど運転してみたが・・・
結論から言うと期待はずれだった。
初代プリウスの方が良い車だ。

Wikipediaに依ると、私が乗っている初代プリウス(NHW10型)と初代アリオンはビスタ系のプラットフォームを使っているらしい(他にも、カルディナやアベンシスも同じ)。
同じプラットフォームだが、乗り味はかなり異なる。

ハンドルは走行中、常に「ざらつき感」がある。
初代プリウスはステアリングインフォメーションの乏しい電動パワステだが、そのおかげか、ざらつき感は皆無なのだ。
この差は大きい。
運転中に常に体感するわけだから。

アクセルは、このクラスのトヨタ車の常で、ちとアクセルを踏み込むとグワっと加速。
けど、踏み込んでも大したことが無い。1.5Lだから当然だが。
つまり、アクセル踏量とスロットル開度のカーブを極端にしているだけ。
昔は国産車全体に見られた特性だが、最近はトヨタ車にしか見られないような。
初代プリウスは、トヨタ車では例外的に穏やかなアクセルフィールで気に入っている。
少し踏み込むと、モーターのアシストが働いて、エンジンが唸らなくてもトルクを感じられる。
燃費の良さは当然だが、「エンジンが唸らなくてもトルクが出る」というのがプリウスの美点だろう。

ブレーキは普通。
カックンブレーキでは無い。
プリウスのブレーキは回生ブレーキのおかげで少し不自然だが、これはプリウスの特徴みたいなものだから諦められる。

内装は地味ながら雰囲気が良い。
メーター類、スイッチ類もわかりやすい。
うちのプリウスは30万キロ超のくたびれた内装なので比較にならない。

シートは短時間乗車なので良くわからないが、仕事で何度か長時間運転した経験上、トヨタ車のシートは無難だという印象。
うちのプリウスのシートは座面がそれ相応にくたびれているが、それでも1時間くらいの運転は苦にならない。

見た目は少し立派、走ると極々普通のFF車、それがアリオンだろうか。
ハンドルフィールがもう少し良ければなぁ。
肝心な所にコストがかかっていないように感じてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州旅行1日目:東京駅18:03発

やっと現像されたフィルムをスキャンし終えたので、写真を中心にまとめたい。

●2008年11月12日(水) 東京駅発
昼頃まで旅行の仕度をし、15時くらいに家を出て東京駅に向かう。
西武池袋線が人身事故の影響で少し遅れていたが、余裕を持っていたので大丈夫だった。

予定通り17:00に東京駅に到着、夕食・飲み物・予備の朝食を購入。
私は、崎陽軒帆立ごはん弁当昔ながらのシウマイ(15個)+酒類を購入。

img_0811_033
東京駅の地下通路
平日なので、早く帰れるビジネスマン・ウーマンで賑わっている。
CONTAX G1 + Planar T* 45mm F2 + Kodak ELITECHROME 200(ED)

買い物を終えて10番ホームに上がる。
すぐにEF66に牽かれて「富士・はやぶさ」が入線してきた。
しかし、機関車の機回しのため、17:45くらいまで客車内には入れず。

img_0811_203
EF66 53号機
神田駅に向かって。
車庫から引っ張ってきて、機回しのために客車から切り離されたところ。
神田側にはヘッドマークが付いていないので、品川側が大人気なので、Biogon 28mmで接近戦を。
ちなみに、帰りも53号機だった。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + FUJIFILM NATURA1600

ちなみに、私は幼い頃からEF66が大好きで、鉄道模型を買うと必ずEF66も購入。
当時はEF65PFがブルートレインを牽いていたが、EF66が牽引するのを夢にみていたものだ。
幸いにも、EF66がブルートレインを牽引することになったが、実際に乗って旅するのは叶わず。
やっと念願叶ったということ。
しかし、廃止間際じゃなく、もっと早く乗っておけば良かったなぁ。
北海道・東北方面は機会が多いのだが、九州・山陽方面はなかなかね・・・

ちなみに、ブルートレインを牽くEF66の運転に関しては、下の本が詳しい。
特に瀬野八での運転に関しては、EF66を持ってしても神経を使うようだ。
また、ブルートレインを牽く機関車の運転手が、如何に衝動の少ない運行のために気を配っているか、職人技がわかる好著。
乗る前に是非読んで欲しいので紹介する。

img_0811_300P
最後尾
6両編成×2編成の12両編成で、上りも下りも後ろが「富士」となる。
つまり、客車は熊本に行ったり、大分に行ったりを繰り返すということか。
撮影者が少なかったのでPlanar 45mmで撮影。
このくらいの焦点距離のレンズの写真が、駅撮りでは自然に見えるので好ましいが、撮影者が多いと難しい。
CONTAX G1 + Planar T* 45mm F2 + Kodak PORTRA400NC

ちなみに、35mm版では初「Kodak PORTRAで、今回の旅行でのメインフィルム。
現像結果をスキャンして見ると、想像通り、ISO400フィルムなのに粒子が細かく、階調が滑らかで良い雰囲気だと思う(感度が違うが、NATURA1600と比べると差が激しい)。

img_0811_302
はやぶさ号
機回しが終わったので、前方(品川方向)に移動してみた。
CONTAX G1 + Planar T* 45mm F2 + Kodak PORTRA400NC 

img_0811_210
品川方向
機回しが済んでしまうと、機関車を撮影出来ないようだ。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + FUJIFILM NATURA1600

img_0811_213
今夜の宿、開放B寝台
もちろん、進行方向に向かって座れ、乗り心地の良い車両中間部分を確保。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + FUJIFILM NATURA1600

img_0811_217
どこかの駅で
カメラをアクセントに。
同じカメラを2台持っていったので、こういうことが可能。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + FUJIFILM NATURA1600

しばらくして、妻のために確保したソロで帆立ごはん弁当とシウマイを食したが、冷めていても美味しかった。

その後は、私は向かいに座っていたおばさんと話をしつつ、のんびりとした時間を過ごした。
おばさん曰く、長崎から東京・埼玉の息子・娘に会いに来た帰りという。
飛行機は嫌いなので、普段は新幹線だが、もう乗れなくなるからと「はやぶさ」を選んだらしい。
鳥栖まで乗って、そこで「かもめ」に乗り換えて帰るとのこと。

東海道本線を走るブルートレインの乗り心地は最高に良く、静かな車内でどんどん時間は過ぎていった・・・

(追記)
駅で列車の写真撮影をする時、驚くことにストロボ焚いている人が結構いた。
客車に向かって焚いたりするなら良いが、ガイドナンバー50位の大きな奴を機回し中の機関車に向かって発しているのを見て唖然。

下にバナーを貼ったが、運転士に向かってフラッシュ・ストロボを焚くのは止めましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新井薬師

九州旅行の写真の整理に手間取っているので、中野・新宿散策(中古カメラ屋巡り)前に立ち寄った新井薬師の写真を。

img_0810_269s
新井薬師前駅
普段、あまり西武新宿線には乗らないし、乗ったとしても西武新宿~所沢通しなので途中の駅で降りることはまず無い。
しかし、高架・複々線化と近代化しつつある西武池袋線に比べ、新宿線の方が雰囲気あるかも。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak ULTRAMAX 400(GC)

img_0810_272s
新井薬師公園
子供達と、その親達で賑わっていた。
過疎化しつつあり、子供があまりいない地元とは大違いだ。
写真としては、もう少し前に出た方がよかったな。
ボールがあと1.5倍くらい大きく写っていればと・・・
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak ULTRAMAX 400(GC)

img_0811_005_s
新井薬師
ちょうどカップルがお参りしているタイミングで。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak ULTRAMAX 400(GC)

img_0811_008s
線香にピント
を合わせたつもりだが、甘かったようだ。
どこにピントが来ているか良くわからないので、単純に手ぶれしているのかも。
CONTAX G1 + Sonnar T* 90mm F2.8 + Kodak ELITECHROME 200(ED)

img_0811_009s
子供
ふるちんである。
弓を渡しているようだ。
私の幼少の時にほぼ同じファッションの写真が残っているが・・・
CONTAX G1 + Sonnar T* 90mm F2.8 + Kodak ELITECHROME 200(ED)

img_0811_010s
井戸
メカ(と呼べるほどでも無いが)を見ると、ついレンズを向けてしまう。
CONTAX G1 + Sonnar T* 90mm F2.8 + Kodak ELITECHROME 200(ED)

話が前後するが、この後、中野駅方面に徒歩で向かったのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

E280、50円の外観リフレッシュ

1年前に全塗装してとても綺麗になった我がE280。
しかし、ナンバープレートのネジが錆びて赤茶色。
ナンバープレートが赤い涙を流しているようだ。

IMG_1818
錆び錆びのナンバープレート取り付けボルト
前持ち主が登録地的に同じ管轄のため、ナンバープレートはかなり古いのだ(33ナンバー)

もしかしたら陸運局に行けば貰えるのかもしれないが、近所のホームセンターでM6×10程度のステンレスボルトを購入し、交換してみた。

必要金額、ワッシャー等も含めておよそ50円なり。
(ボルトが16円程度、ワッシャーが6円程度、2set必要)

IMG_1822
after
ステンレス製なので、もう錆びることは無いだろう。

しかし、ナンバープレートにこびり付いた錆は、何をしても(ピッチクリーナー、ガスケットリムーバー、コンパウンド等々)綺麗に落ちなかった。
もっと頑張れば綺麗になるのかもしれないが、諦めた。
少々残念なり。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

九州旅行計画

長期休暇を取り、今年は九州旅行をすることにした。

 主目的:往復ブルトレ乗車(2009/3廃止決定のため・・・)
 副目的:熊本→鹿児島乗り鉄(くまがわ→いさぶろう→隼人の風)
 副目的:鹿児島観光(桜島・指宿)

長崎や宮崎にも行きたかったが、鹿児島出身の先輩に「無謀」と一蹴された(笑
確かに、実際にスケジュールを立てると無理だとわかった・・・
乗り鉄メインなら良いが、駆け足旅行は望むところでは無いので。

●切符の手配
「周遊きっぷ」、「鹿児島ゾーン」で組むことにした。
熊本~鹿児島館、往路は在来線、復路は九州新幹線の場合、往復切符は使えないので、これが一番リーズナブルのようだ。

それでも「周遊きっぷ」+「鹿児島ゾーン」で、往復1人:30000円弱 。
これに、片道1万円弱のB寝台+特急料金がかかるから、2人で往復10万円!
「いい夫婦パス」のようなお得なきっぷがないと高いなぁ・・・

●寝台
一度、開放寝台っていうのを経験して見たいので、 往復
 妻:Bソロ
 私:B開放

で取得出来た。

IMG_1824s
取得した往復分の寝台券と、鹿児島ゾーン券
開放寝台は物心つく前に乗ったきりなので、ほぼ初体験。楽しみ。

●行程
 1日目:夕方、東京発
 2日目:お昼、熊本着、熊本観光後、熊本泊(ビジネスホテル)
 3日目:熊本→鹿児島乗り鉄(4時間以上かかるのね・・・)、桜島泊(国民宿舎)
 4日目:鹿児島→知覧→指宿。指宿泊(休暇村)
 5日目:指宿or鹿児島観光、夕方、新幹線で熊本へ。熊本泊(ビジネスホテル)
 6日目:熊本観光、夕方、熊本駅発
 7日目:午前、東京着

鹿児島泊以外はビジネスホテルで少し節約を。

IMG_1826s
熊本→鹿児島のチケット
特急券通しで買えないのが辛い・・・
吉松以降は鹿児島ゾーン内のため自由席なら特急券不要だが、指定券を確保したい場合は特急券も別途用意する必要があるようだ。

●持っていくカメラ・フィルム
PENTAX 645Nを持っていきたいが、鉄道旅行で荷物をコンパクトにまとめたいのため諦め。
CONTAX G1×2台、Planar 45mmとBiogon 28mmを装着しっぱなしとする。
フィルムは:
 ・NATURA 1600 (寝台列車移動中専用)
 ・PORTRA 400NC
 ・ELITECHROME 200
を数本ずつ持っていくことにした。

●参考
・九州観光列車「くまがわ」「いさぶろう」「隼人の風」
・寝台特急 はやぶさ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

中野・新宿散策(中古カメラ屋巡り)

先週の土曜日、高校からの友人とものぶ氏と、中野・新宿の中古カメラ屋散策をした。
その成果を!

IMG_1253
OLYMPUS ZUIKO 50mm F1.4MC

OM用レンズはもう買わないと決めていたのに、とものぶ氏に背中を押され、つい買ってしまったF1.4MC。
MC品、確かに前々から欲しかったんだけれどね(笑
ジャンクコーナーにカビ有りのため4000円の値札を付けられていたものをゲット。

IMG_1254
50mm同士の比較 左F1.4MC 右F1.8
モノコートとマルチコートの違いがわかるだろうか?
レンズ径も随分違う。

「カビ有り」とはいえ、自宅のF1.8よりはるかに綺麗で良い買い物だった!
しかし、F1.8はコンパクトだなぁ。

IMG_1260
PENTAX 645N用のアイテム
左から、PENTAX ケーブルスイッチ F、marumi サーキュラーPL 58mm、PENTAX 645N フォーカシングスクリーン AA-82
中野と新宿でジャンク品漁りの結果、全部で2700円で入手出来た!

マイクロプリズムのAA-82を早速645Nに装着してみたが、OM-1と同じ使い勝手に!
AF機とはいえ、目視で確実にピントが合っているか確認出来るのは嬉しい。

IMG_1265
Kodak PORTRA 800(120)と、PORTRA 400NC(135)
120は弟の結婚式用。
135は九州旅行用。
これらが一番高かったな(苦笑

写真は全て
CANON EOS 10D + EF50mm F1.8II ISO800

| | コメント (2) | トラックバック (0)

巾着田→高麗川駅方面

1ヶ月くらい前になるが、天気が良い日、巾着田から高麗川駅方面にカメラ片手(と言うほど小さくないけど・・・)に散歩してみた。

img_0810_304
あいあい橋
四角い橋の手すりにくくりつけて、絞ってみた。
ポジを見ると、凄い解像度だ!ってことで。
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + FUJIFILM RHPIII
F11 1/90

img_0810_307
満蔵寺の地蔵尊
目的地の一つがここ、「満蔵寺」
春は桜が綺麗な場所らしい。
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + FUJIFILM RHPIII
F8 1/125

img_0810_308
中学校
特定の人向けの写真。
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + FUJIFILM RHPIII
F16 1/180

img_0810_316
高麗の郷
いわゆる福祉センターの内庭より。
1度、風呂に入りに来たことしか無かった。
無駄にでかい建物のような・・・
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + FUJIFILM RHPIII
F11 1/125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高麗川駅

ぱれおさんのblog、「よろずtrain photo blog」に22年前の高麗川駅の写真が出ていた。

・★ステンレス★
・★高麗川駅名★
・★川越線★

この駅、駅舎自体は昔のままだが、いつ近代的な?駅舎になってしまってもおかしくないので、旅行のチケットを取りに行くがてら撮影してきた。
(※取得したチケットについては後日・・・)

img_0810_301s
入り口
八高線の駅に相応しい雰囲気だ。
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + FUJIFILM RHPIII
F8 1/350

img_0810_302s
駅舎全景
かろうじて、昔の面影を残している駅舎。
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + FUJIFILM RHPIII
F8 1/500

img_0810_303s
駅前ロータリー
ロータリーだけ結構近代化されてしまった。
昔はバスの転回も大変な、ちょっとした駅前だったのに。
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + FUJIFILM RHPIII
F11 1/750

| | コメント (2) | トラックバック (0)

PENTAX 645Nで鉄道写真に挑戦!

やっと挑戦した。
FA200mmF4+FUJIのプロビア400Fの組み合わせにて。

結論から言うと、私にはやっぱり難しい・・・
流し撮りなんて、絶対無理だと思う。

ちなみに、露出補正値は参考にしないでください。
大半がAELを使っているので。

img_0810_353
西武4000系 高麗~武蔵横手
後追いにて。
なんとか4両編成が収まったけれど。
電柱の陰が邪魔だな。
PENTAX 645N + FA645 200mmF4 + FUJIFILM RHPIII
F8 1/1000

img_0810_355
西武新101系 高麗~武蔵横手
逆光環境。
列車の動きに合わせてカメラを動かしながら撮影してみたが、1/500じゃ意味ないか。
PENTAX 645N + FA645 200mmF4 + FUJIFILM RHPIII
F5.6 1/500

img_0810_356
西武10000系特急ちちぶ 高麗~武蔵横手
これも後追い。
ロングレールのジョイントを目印にピント。
10000系の流線型の形が上手く出たと思う。
PENTAX 645N + FA645 200mmF4 + FUJIFILM RHPIII
F5.6 1/750

img_0810_358
西武4000系 武蔵横手~高麗
実験的に、コンティニュアスAF任せで写してみた。
AFは上手く作動したように見えるが・・・
もう少し奥で撮影し、もう少し明るく写すべきだったかと。
PENTAX 645N + FA645 200mmF4 + FUJIFILM RHPIII
F5.6 1/1000

img_0810_357
線路端の花
これも露出が中途半端だなぁ。
PENTAX 645N + FA645 200mmF4 + FUJIFILM RHPIII
F6.7 1/125

しかし、撮影データが記録されているおかげで、勉強になるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »