« パイオニア吹奏楽団、ステージ練習 | トップページ | プリウス、エンジンが「ガクガクブルブル」 »

パイオニア吹奏楽団 第19回定期演奏会事後報告

パイオニア吹奏楽団(PWE)第19回定期演奏会、終了!

寒い中、お越しくださった皆様、お手伝い・エキストラの皆様に感謝いたします。

PWEの本番は、プロの方々の本気の演奏をステージ上で聴くことが出来て、偶に自分の演奏を忘れそうになるよ(苦笑

DPP_0001
航空公園駅の朝
今回は天気が良くて良かった!
昨年は雪だったため。

DPP_0002
照明チェック中
ミラーボールのチェックだろうか。
ミラーボールが完全に白飛びしているが・・・

DPP_0011
モーレンハウエル
パイオニア交響楽団(PSO)のプログラム用の写真を撮影してみた。
撮影のために、綺麗に磨かれたO先輩の楽器。
蛍光灯下というのが色気が無かったなぁ。
やっぱり、間接照明下で撮るべきか。

DPP_0029
ピアノ
さすが、コンサートホールにあるヤマハのピアノ。
サイドにヤマハマークが入っているので、最高級機なのだろうか。
中を覗いているだけで幸せな気分になれる。

DPP_0032
マイ・ファゴット
こちらもヤマハの製品。
ホールの照明下で見ると、とても綺麗。
一眼レフ用の広角レンズ(画角的には標準になっちゃうが)だと、ちょっと歪曲が気になるな。

演奏自体は・・・
本番は団全体で事故が多かったかな?

前回から本拠地から離れた場所での演奏会のため、集客的には少し厳しくなっているが、それでもたくさんのお客様に満足していただけたようで良かった。

DPP_0044_
花束

今回選択した写真は、全て縦位置になってしまった。
何故、そうなったかは後日。

写真は全て:
 CANON EOS 10D + EF28mm F2.8

|

« パイオニア吹奏楽団、ステージ練習 | トップページ | プリウス、エンジンが「ガクガクブルブル」 »

オーケストラ・吹奏楽」カテゴリの記事

デジカメ写真(CANON EOS 10D)」カテゴリの記事

音楽演奏(ファゴット)」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。ご無沙汰しております。

被写体としてだけでなく、楽器そのものをしげしげと見入ることが無いだけに、改めて非常に美しい物であることがよくわかります。
一つ一つのパーツ全てに意味がある、まさに機能美ですね。

特にピアノ内部の写真は凄いですね。
このアングルに近いところから演奏者を画面に入れた写真を何度か見たことがありますが、ピアノの方は注視していませんでした。
グランドピアノの蓋を開けた裏側が鏡になっていたら客席からも見えるかも、と思いました。

投稿: kgr2007 | 2009年2月 3日 (火) 07時52分

kgr2007さん、コメントありがとうございます。

ピアノの内部の写真は、下の写真に影響されて撮影してみました。

http://www.flickr.com/photos/25485691@N05/3221536532/in/pool-971564@N24

確かに、このクラスのピアノの中は、なかなか見られないのかもしれませんね・・・

投稿: やまりゅ~ | 2009年2月 3日 (火) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33788/56584463

この記事へのトラックバック一覧です: パイオニア吹奏楽団 第19回定期演奏会事後報告:

« パイオニア吹奏楽団、ステージ練習 | トップページ | プリウス、エンジンが「ガクガクブルブル」 »