« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

プリウスのエンジンオイル交換

E280のエアコンフィルター交換ついでに、プリウスのエンジンオイル交換をした。
なるべく柔らかいエンジンオイルを使いたいところ(前回は安売りの5W-30を使用)であるが、260E/E280用に購入しているものを使い、「遊び」で有機モリブデン系添加剤を入れて見た。

IMG_2304s
今回入れたオイルとオイル添加剤
CEVRON シェブロン・シュープリーム10W-40と、モリドライブ・ルブリ
添加剤、本当は昔使っていた住鉱潤滑剤製の二硫化モリブデンを使いたかったが、近くのホームセンターに売っていなかったのでこれを選択。
しかし、有機モリブデン添加オイルって普通のオイルと雰囲気が全く変わらず、入れた気がしないな。
やはり、二硫化モリブデンで無いと!

IMG_2306s
吸引中
オイルは上抜きである。
手軽である。

で、交換後は・・・
やっぱり10W-40は重いなぁ。
プリウス、あんまりエンジンが熱くならない(特にこの季節だと)みたいなので、特にそう感じるような。
燃費も悪くなるかも。
目に見えて悪くなるようであれば、今度は5W-20等の今風の柔らかいオイルにしよう・・・

以上写真は全て CANON IXY DIGITAL 910 IS

参考までに、シェブロンオイルを買える通販ショップを紹介する。
なお、現在、コストコでは4000円弱で12qt(=3ガロン)購入可能である。


シェブロン 4サイクルエンジンオイル 10W-40 946ml×12本

 


シェブロンは全米No.2のオイルです!SMグレード 10W-40 シェブロン エンジンオイル 946mlx12...

 


シェブロンは全米No.2のオイルです!SMグレード 20W-50 シェブロン エンジンオイル 946mlx12...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大井川鐵道乗り鉄の旅(1)

先週前半、大井川鐵道の乗り鉄旅に行ってきた。
朝5時くらいに家を出て、ETC早朝夜間割引・通勤割引を活用し、新金谷駅へ。
新金谷駅で車を預ける(有料で預かってくれる)。

車から出ると、天気は良いが風が強く少々びびった。
カメラが煽られる煽られる・・・・

気温も上がり、杉花粉も多く、ちょっとタイミングが悪かったかな?
風がなければ寒くても良かったのに。

なお、フィルムカメラはメインにPENTAX 645Nと、日常持ち歩いているサブのNATURA CLASSICAのみ。
久々にCONTAX Gを連れずに旅行した。
ちょっと心細かったな。

img_0902_208_
出撃準備中
今日はC11 190の日のようだ。
博物館のアトラクション以外で、本物の蒸気機関車列車に乗ったことが無いので、気分は高まる。

img_0902_209_
石炭の山
後ろは整備中のC11 190運転席。

img_0902_210_
元京阪電気鉄道3000系と、E10形
駅構内を眺めているだけで楽しめる。

写真撮影を楽しんでいると、整備を終えてC11が寝床から出てきた!

img_0902_215_
出撃!
動いている本線用のSLを生で見られて、テンション上がりまくり。
単機で客車の元に向かう。

img_0902_218_
C11の後ろ姿
右側に止まっている客車と連結する前、ここでしばらく停車してくれる。
タンク式蒸気機関車なので、こちらが先頭になることもあるようだ。
四角いのは、伝声管だろうか?

この後、列車は新金谷駅に向かい、20分ほどで金谷駅に戻ってくる。
その入線を待ちわびる。

img_0902_223_
金谷駅入線
露出をあれこれ迷い、景色を撮る感じで露出ロックしてみたが・・・
完全にアンダーだったので、画像処理でなんとか持ち上げてみた。
普通に評価測光 or 中央重点測光にして、-0.7~-1EVくらいで撮影すれば良かったと反省。

img_0902_224_
輝く形式プレート
乗り込む直前に200mmで撮影。
SLのメンテナンスに整備士の誇りが感じられる。

写真は全て:
 PENTAX 645N + FA645 200mmF4 + FUJIFILM RHPIII

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青梅駅周辺散策

青梅駅を降りて周辺を散策。
この近辺に住んでいたのは20年ほど前だが、「レトロ風対応」をした以外は思ったほど変わっていないかな。

img_0901_092_
巨大だるま
はっきり言って怖い。
夜見たら泣きそうだ・・・

img_0901_094_
夏への扉
真冬に「夏」と見るとつい反応してしまう。
カフェ&カレーの店らしい(リンク先参照)。

img_0901_096_
住吉神社
境内から鳥居方向を、あえて絞り開放付近で撮影してみた。

img_0901_098_
路地
車さえ写らなければ、いつの時代かわからない。
そんな場所。

img_0901_099_
ネコ達
何の店だったかは忘れた。

img_0901_103_
いらっしゃいませ
いたる所にネコ。
石灰窒素」を思わず調べてしまった。

img_0901_105_
パパは逆立ちしてもパパなのだ
青梅赤塚不二夫会館」入り口にて。
残念ながら時間が無くて入館はせず。

img_0901_106_
その隣の「となりのレトロ」
思わず写してしまった・・・

img_0901_108_
妖怪本舗と登嶋家
「登嶋家」の看板がおもしろいので撮影。
ちなみに、ラーメン屋らしい。

青梅駅近辺、おもしろい場所にはなったが、ちょっと狙いすぎかなぁ?

写真は全て:
 CONTAX G2 + Sonnar T* 90mm F2.8 + Kodak ELITECHROME 200(ED)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

E280、2年半ぶりのエアコンフィルター交換

2年半ぶりに、E280のエアコンフィルターを交換した。
一応、blog上にも燃費・メンテナンスシートにも記録が残っていて、

・2005年5月頃:エアコンフィルタ交換(E280)
・2006年8月頃:E280,エアコンフィルタ交換

フィルターが汚れてくると、空調の吹き出し音が大きくなる。
エアコンフィルターが無い中期型までのW124だと風量1だとほとんど音がしないが、フィルター付き後期型のW124だと、フィルターが新品でも風量1で結構音がする。
それが酷くなるわけだ。

IMG_2298
ともかく面倒くさい、エアコンフィルターへのアクセス
2年半ぶりだと忘れていて、結構手間取り、30分くらいかかってしまった。

2年半ぶりと言っても、走行距離はそれほどでは無い。
後半は屋根付き駐車場に停めていたこともあって、予想していたより酷くは無かった。

IMG_2299
左が使用後、右が使用前
それでも汚れまくっている。
車内側もかなり黒い状態。
なお、SPEED JAPANから取り寄せたエアコンフィルターは、BOSCH製の極々普通のもの。

IMG_2301
元に戻す
元に戻すのも結構面倒で、30分くらいかかった。
この時期、空調は常に使用しているわけで、面倒ながら満足度の高い作業だ。

以上写真は全て CANON IXY DIGITAL 920 IS

交換の仕方は下記のページに詳しいが、「結構面倒だよ」と言っておく。
●W124 E280 Maintenance Note
エアコンダストフィルター交換

参考までに、手軽に購入出来る店をリンクしておく。
どこも値段はそれほど変わらず、4600~5000円くらいだ。
写真と実物が違う店が多い(正しいのは一番下の株式会社 ル・パルナスだけだ)が、気にしなくて大丈夫であろう。

 


まんてん屋

 


カー用品卸問屋 NFR

 


カー用品卸問屋 ニューフロンテア

 


株式会社 ル・パルナス

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パイオニア交響楽団第19回定期演奏会のお知らせ

毎度のことではあるが、私が乗っているオケのご案内を。
今回は シューマン 交響曲第1番「春」 のファゴット1stにのみ乗る。
お越しいただける方はご連絡をいただければと。

Pso_19th_poster_web

パイオニア交響楽団第19回定期演奏会

演奏曲:
 シューマン 交響曲第1番「春」
 モーツァルト 交響曲第39番
 チャイコフスキー  イタリア奇想曲

指揮: 黒岩英臣

2009年4月18日(土)
14:00開演(13:00開場)
杉並公会堂 大ホール JR中央線・東京メトロ丸ノ内線荻窪駅北口より徒歩7分
全自由席 1,500円

チケット取り扱い:
 チケットぴあ 0570-02-9999(電話予約)
 @電子チケットぴあ  http://pia.jp/t (24時間受付)

お問い合わせ:
 パイオニア交響楽団
 TEL チラシ参照
 URL http://pioneer.jp/pso/

より良い環境で演奏会をお楽しみ頂くために、未就学児のご入場はお断りしております。
どうぞご理解の上、ご協力をお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真 ~Gun auto tradeにて~

Gun auto tradeにて作業中、気分転換に撮った写真を何枚か。

img_0902_035
190E 2.5-16V Evolution II & Evolution I
手前がEvoII、奥がEvoI。
並ぶのは珍しいので。
やはり、EvoIIのオーバーフェンダーは凄いね。

img_0902_031
G320
まっちょだが実は繊細なGクラス。

img_0902_032
診断中

img_0902_033
190E 2.5-16V Evolution I
ぱっと見、普通の2.3/2.5-16Vとの差がわかりづらいが・・・

写真は全て:
 CONTAX G1 + Sonnar T* 90mm F2.8 + Fuji X-TRA 400

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JR青梅線 青梅駅

河辺駅から201系に乗って、久々にやってきた。
「レトロステーション」青梅駅

img_0901_084
「大いなる旅路」
至る所に映画の看板が。
201系とのツーショットで。
未だに、青梅駅内の青梅線イラストは201系だった。
CONTAX G2 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak ELITECHROME ExtraColor(EBX)

img_0901_109_
平和像
青梅駅の看板が古めかしく見えるが、錆は塗装で出している。
CONTAX G2 + Sonnar T* 90mm F2.8 + Kodak ELITECHROME 200(ED)

img_0901_111_
これでいいのだ!
ほんと、これでいいのかもしれない。
CONTAX G2 + Sonnar T* 90mm F2.8 + Kodak ELITECHROME 200(ED)

img_0901_114_
E233系 奥多摩行き
まだ馴染めないな。
私の中では、青梅以西は未だに103系の4両編成というイメージがある。
201系でも新しいのに・・・
CONTAX G2 + Sonnar T* 90mm F2.8 + Kodak ELITECHROME 200(ED)

img_0901_115_
自転車通学
青梅駅北口にある、青梅一小の生徒かと思ったが、制服を着ているし中学生か?CONTAX G2 + Sonnar T* 90mm F2.8 + Kodak ELITECHROME 200(ED)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

201系H7編成

先月の話になってしまうが・・・
河辺駅に車を停め、青梅駅周辺に写真を撮りに行って来た。

河辺駅で電車を待っているとき。
「どうせなら201系(残2編成)でも来ないかな~昔は201系が来るのが当たり前だったのに・・・」
と考えていると。
(幼少~中学生時代前半まで、小作・河辺エリアに住んでいたので)
小作駅方面からオレンジの奴が!

胸がときめいた!
時間が一瞬、20年遡った気がした!
(もっとも、20年前は青梅線に今ほど10両編成走っていなかったと思うが)

img_0901_079_
感動より前に
写真に収めなければならぬ。
E233系編成写真でも撮影しようと思い、Sonnar 90mmを装着していて良かった。
ISO100で被写体ぶれしないよう、ほぼ開放で撮影。
ピンぼけしないよう、わかりやすいところに置きピン(CONTAX Gシリーズで走行中の鉄道撮影は難しいよ・・・)。
おかげでフレーミングが中途半端になったが、ピントはほぼOKだった。
EBXのおかげで、新車のような車体の色!
CONTAX G2 + Sonnar T* 90mm F2.8 + Kodak ELITECHROME ExtraColor(EBX)
(多少トリミングしている)

201系は1981年に量産車が投入されはじめている。
ちょうど私は小学生で、黒い顔の201系がやってくると「新しいのが来た!」と喜んだものだ。
冷房装着率も100%で、夏場も嬉しかった。
電動車に乗ると、サイリスタチョッパ制御の「プゥー」という音が聞こえ、かつ滑らかな加速にえらく満足したことを覚えている。

img_0901_080_
クハ201-128車内にて
おそらく、私は挙動不審に見えたことだろう。
ちなみにこの2週間後、同一編成に再度乗る機会があったのだが、「クハ201-128」のプレートは、盗り鉄被害にあったのか、はがされていた。
酷い。
CONTAX G2 + Sonnar T* 90mm F2.8 + Kodak ELITECHROME ExtraColor(EBX)

img_0901_081_
青梅駅にて
90mmにて、ホーム端から撮影。
Biogon 28mmは持っていたが、先頭車両は標準レンズより望遠側で写したいもの。
Planar 45mmを持ってこなかったことを少々悔やんだ。
CONTAX G2 + Sonnar T* 90mm F2.8 + Kodak ELITECHROME ExtraColor(EBX)

img_0901_086_
号車札
奥多摩側に移動して撮影。
オレンジ色の201系が青梅以西に入って行くことはもう無いらしい。
電車に感情があったら、どんな思いで奥多摩方面を見つめているのか。
CONTAX G2 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak ELITECHROME ExtraColor(EBX)

この後、東京行きの車掌さんが、顔なじみの乗客?と、201系の今後について雑談をしていた。
残りの2編成は、今年前半は安泰のようだが、そう長くも無いようだ・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

E280、リアロアアームジョイント交換

車検前整備として、リアロアアームジョイント交換を行った。
場所はいつもお世話になっておる、Gun auto tradeにて。
リフトとSSTを借用させて頂いた。

IMG_2270
リアブレーキキャリパー・ローターを外し、バックプレートをずらし、ロアアームのハブキャリア側を外してご対面。
ひび割れていたのは知っていたが、ここまで酷い状態とは!

IMG_2277
左右とも、裂けていた。
手でもグリグリ動く状態。
右奥が新品。
OEM品(LEM社製)で1つ4000円程度、つまりペアで8000円する。
結構高価な部品だ。

IMG_2279
SSTを使って挿入中
SSTが無いと大変そうだ。

IMG_2281
新品挿入後の状態
久々に満足度の高い作業だ。

結構手間取り、時間がかかった。
リアブレーキローターのバックプレートを自由にするための作業と、ロアアームの再装着が大変だった。

交換後の効果は・・・
直進性が良くなったかな?
けど、リアのトーが変化しただけかもしれない。
ホイールアライメントを取りに行こう。

写真は全て CANON IXY DIGITAL 920 IS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

G.Sonnar + EBX

光線漏れ修理で銀塩写真ネタが少なくなっていたので、修理前の年始に撮影した写真を。
CONTAX G2 + Sonnar 90mm + ELITECHROME ExtraColor(EBX)を使用。

img_0901_051_
煉瓦と松飾り
ISO100のポジはいいな。

img_0901_052_
警報機
もう少し明るく写すべきだったか。

img_0901_054_
高麗川
EBXは暖色系の発色をするが、影の大きさ、明部と暗部の大きなコントラスト差から冬を感じられるかと。

img_0901_055_
水こぼれる
庭先から水が常に出ていて、それを一旦受け止めているブリキのバケツ。
どこから水がわき出ているのか。
なんのためにバケツが置いてあるのか?

img_0901_057_
竹垣
竹細工屋の竹垣。

また全部縦位置写真だった~

写真は全て:
 CONTAX G2 + Sonnar T* 90mm F2.8 + Kodak ELITECHROME ExtraColor(EBX)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

西武新宿線本川越駅

先週の話。

光線漏れしているCONTAX G2を中古購入元のフジヤに持っていった。
 「同等の製品が無いので、返金しますか?修理しますか?」
1ヶ月以上経っていても返金してくれるのは大したものだなぁと思いつつも、外観が綺麗だし、また初期チェックするのも辛いので修理をお願いした。
(ちなみに今日、修理上がり連絡があった。明日、引き取りに行ってくる。)

その足で、川越に向かう。
普通に考えれば、
 中野→新宿→池袋→(東武東上線)→川越 or 川越市
だが、ひねくれて、
 中野→国分寺→(西武国分寺線)→東村山→(西武新宿線)→本川越
と回ってみた。
中央特快に今や2編成しか無い201系が来たので、正解だったと思う。
(この話は後日)

本題の本川越駅
高校生時代の2年間半お世話になった駅だ(最初の半年は川越駅を使っていた)。

久々に降り立ってみると、中央に線路が引かれていた。
1998年に改修されたらしい。

CRW_2107
お見送り
ちょうど、親子が特急「小江戸」 (レッドアロー)の発車を見送っていた。
今回、一番気に入っている写真。
もうちょっと列車が奥に行って、被写界深度から外れたあたりでも1枚撮っておけば良かったな。

CRW_2109
2000系初期型
西武池袋線ではお目にかかれない車両だ。
後期型の2000系より美しいという人の気持ちもわかる。

CRW_2110
改札からホームを望む
この眺めは、私が高校時代の18年前とそれほど変わっていないと思うのだが・・・
「国分寺行き」というのが興味深いな。

写真は全て:
 CANON EOS 10D + EF28mm F2.8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武池袋線池袋駅

PSO(パイオニア交響楽団)の練習の帰り。
特急むさし(レッドアロー)の発車時刻まで、EOS 10D片手に撮影をした。

CRW_2034
もうすぐ発車
西武2000系
7番線ホームは特急ホームと繋がっていて長く、引いて撮影しやすい。

CRW_2045
2000系(右手前)&9000系(左奥)
手すりが黒いのが9000系なんだそうな。
今回、一番気に入っている写真。
乗降客が途切れた隙を見て撮影。
EOS 10Dに50mm装着だと画角的には80mm相当となり、都心部の駅では少々使いづらい。

CRW_2052
降車客が捌けるのを待つ
特急ホームにて。
楽器を持っているときは、いつもこの特急に乗って帰宅。

CRW_2053
降車ホーム
降車ホームは人が全くいなくなるので撮影しやすい。

写真は全て:
 CANON EOS 10D + EF50mm F1.8II
 RAW出力、DPP現像

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリウス、エンジンが「ガクガクブルブル」

パイオニア吹奏楽団のステージ練習の日。
楽器の運搬があるので、妻にプリウスで会場に来てもらったのだが。
「プリウスがブルブルし始めた!」
と。

帰路どんな感じだろうと運転してみると、エンジンが暖まるにつれ、確かにブルブルし始めた。
そういえばこの感触、いつかE280で体感したな・・・
確か、イグニッションコイルが飛んで、2気筒着火不良になった時だったか・・・

アクセルを踏んでもブルブルするだけで、なかなか加速しない車でなんとか帰宅。
こういう時には特にモーターのアシストが頼もしいが、燃費表示は酷い値を表示していた。
(こんな状態でも、停車時はアイドリングストップのおかげで静か!)

●原因調査
当初、修理はディーラーお任せにしようと考えたが、月曜日はディーラー休みということで原因調査してみることにした。
手軽なところでわからなければ諦めようと思い。

気筒が着火不良になっているのは、ほぼ間違いなさそうなので、原因は手軽に解決出来る順で:

 ・プラグ不良
 ・燃料噴射系の問題
 ・ダイレクトイグニッションシステムの異常
 ・圧縮抜け
 ・他・・・

とりあえず、手軽なところから見ていこう。

まずはプラグを見てみたい。
インターネット上を調べてみると、先人がいらっしゃったので、勉強させて頂いた。
 GarageNOVLog プラグ交換!!

IMG_2261s
リレーボックスを外し、プラグソケットを外す。
ソケットを引き抜く際、ゴムリングを落とさないように!
1枚、エンジンの後ろに落としてしまい、回収するのに苦労したので(こういうミスのリカバリーが一番時間かかる)。
ハーネスは細いが、10年経っても柔軟性が残っており、もちろん皮膜が裂けていたりしないところが頼もしい!

IMG_2260s
新品のプラグ(左)と、取り外したプラグ(右)
(写真は、プラグ購入して取り付ける時に撮影した)

で、外したプラグは・・・
イリジウムプラグ(IK16)だが、明らかにギャップが開いている。
フック側が削れてしまっているようだ。

(2009/2/4追記)
整備記録簿によると、過去3回の車検整備時にはプラグは交換されていない。
車検時の走行距離から判断して、少なくとも8万キロはプラグ交換していないことになる。
イリジウムプラグは10万キロ保証の製品があるが、果たして、写真右のようになるには何万キロ走っているのだろうか。

●プラグ交換
「これが原因である可能性が高い!」ということで、プラグを購入。
カインズホームで極々普通のもの(NGK BKR5EYA-11)を購入、2000円ナリ。
(自動車用品店には高価なプラグしか置いて無い・・・4本7000円もかけたくないよ。)

↑NGK BKR5EYA-11

※このプラグは初代プリウスの前期型(NHW10型)のみの模様。
 NHW11型、NHW20型の場合は、イリジウムプラグ指定か?

IMG_2263s
プラグはV字カットされている。
効果は謎。

で、交換の結果・・・・
直った!
良かった~、イグニッションや燃料噴射系で無くて。
大したことしてないけど、久々に満足度の高い整備をした気分だ。

●おまけ
直って気分が良かったし、火山灰が積もっていたので洗車した。
普段は洗車機だけど。

IMG_2266s
30万キロの傷
さすがに飛び石の傷が多い。

写真は全て CANON IXY DIGITAL 920 IS
手ぶれ補正、便利だわ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パイオニア吹奏楽団 第19回定期演奏会事後報告

パイオニア吹奏楽団(PWE)第19回定期演奏会、終了!

寒い中、お越しくださった皆様、お手伝い・エキストラの皆様に感謝いたします。

PWEの本番は、プロの方々の本気の演奏をステージ上で聴くことが出来て、偶に自分の演奏を忘れそうになるよ(苦笑

DPP_0001
航空公園駅の朝
今回は天気が良くて良かった!
昨年は雪だったため。

DPP_0002
照明チェック中
ミラーボールのチェックだろうか。
ミラーボールが完全に白飛びしているが・・・

DPP_0011
モーレンハウエル
パイオニア交響楽団(PSO)のプログラム用の写真を撮影してみた。
撮影のために、綺麗に磨かれたO先輩の楽器。
蛍光灯下というのが色気が無かったなぁ。
やっぱり、間接照明下で撮るべきか。

DPP_0029
ピアノ
さすが、コンサートホールにあるヤマハのピアノ。
サイドにヤマハマークが入っているので、最高級機なのだろうか。
中を覗いているだけで幸せな気分になれる。

DPP_0032
マイ・ファゴット
こちらもヤマハの製品。
ホールの照明下で見ると、とても綺麗。
一眼レフ用の広角レンズ(画角的には標準になっちゃうが)だと、ちょっと歪曲が気になるな。

演奏自体は・・・
本番は団全体で事故が多かったかな?

前回から本拠地から離れた場所での演奏会のため、集客的には少し厳しくなっているが、それでもたくさんのお客様に満足していただけたようで良かった。

DPP_0044_
花束

今回選択した写真は、全て縦位置になってしまった。
何故、そうなったかは後日。

写真は全て:
 CANON EOS 10D + EF28mm F2.8

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »