« オケ練をZUIKO 100mm F2.8で | トップページ | 夜桜撮影(デジ編) »

260E、ファンカップリング交換(水温高いトラブル前編)

父の260E(もうすぐ19万キロ)の水温が、最近、100度を容易に超えるようになった。
外気温がまだ15度超えることが少ない状態(3月までの話)で、これは異常である。

そもそもこの車、中古購入時から水温が少し高め。
100度を超えることは無いが、90~100度の間で安定しており、私のE280(こちらは85度前後とサーモの開温度に近い)と比較しても高め安定だった。
(こういうモノだと思っていたが、どうやら違ったようだ。後述)

水温が高い場合の原因、私の理解では:

 ・冷却風量不足
   ・ファンカップリングの機能低下(直4はマグネットクラッチ)
   ・アディショナルファンが回らない(制御系/モーター不良)
   ・ラジエター・エアコンコンデンサー汚れ
 ・冷却水流量不足
   ・クーラント不足・不良
   ・サーモスタットの損傷
   ・ラジエター詰まり
   ・ウォーターポンプの損傷(金属インペラの車両なので、これは極まれか)
   ・その他、どこかで詰まり
 ・エンジンの発熱量過多
   ・アイドルアップの持続
   ・アイドル未検知(アイドルスイッチが押されていない)
   ・エアコン・コンプレッサの常時回転
   ・他

アディショナルファンは、本来、エアコン使用時のコンデンサ冷却用という理解だが、水温が所定値(110度くらい?)を超えても作動する。
これは作動していることを確認。
というか、水温が常時高く、ある程度以上走らせると作動し続けてしまっている・・・

その他、今までの整備記録や、目視点検結果を考慮し、まずは
  ・ファンカップリングの機能低下
  ・サーモスタットの損傷
を疑い、SPEED JAPANから部品を購入。

●ファンカップリングの交換
手軽に交換出来るサーモスタットの交換は後回しにし、まずはファンカップリングを疑う。
目視でもファンの回転に力がないからだ。

ファンカップリングの取り外しには、プーリーを押さえ込んでおくSSTが必要なので、いつもお世話になっているGun auto tradeにて作業を行った。

IMG_2555
新品のファンカップリング
届いたのはBEHR製。
中にオイルが入っているので、保管時は箱の指示に従うこと。

IMG_2557
取り外し
棒状のSSTをプーリーの裏の穴に差し込み、プーリー側を固定。
8mmのヘキサゴンソケットを、8mmのメガネレンチにかけて外した。

IMG_2560
右、取り外したファン
漏れ出したオイル?のためか、汚れが激しい。

IMG_2563
すっきりしているの図
ファンのプーリーは、ベルトの表面で少しかかっているだけなので、SSTが無いと緩めることは難しいと思われる。

●交換結果・・・
交換後、明らかにファンが力強く回るようになった。
「これで解決か!」
と思い、帰宅したが・・・・
途中でやはり水温が上がる。
外気温15度程度、4速1800rpmくらいで平地を60km/h巡航しても下がらない・・・
残念ながら、根本解決していないようだ。

つづく

以上写真は全て CANON IXY DIGITAL 910 IS

|

« オケ練をZUIKO 100mm F2.8で | トップページ | 夜桜撮影(デジ編) »

車の整備(W124)」カテゴリの記事

コメント

作業お疲れ様。

下がらないということはサーモスタットでしょうか?

同時に複数の部品交換してしまうと原因の特定が出来ないので一つずつ交換は正解ですね。

シリンダーヘッドガスケットじゃないことを願っています。

投稿: yamaE280 | 2009年4月 6日 (月) 13時40分

こんばんは。

既に直っていまして、正解です。

次回のネタです。

一つ一つ交換して様子を見られるのがDIYの良いところかと。
整備工場では、場合に依っては疑わしきは全て・・・となりそうなケースです。

投稿: やまりゅ~ | 2009年4月 6日 (月) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33788/44575924

この記事へのトラックバック一覧です: 260E、ファンカップリング交換(水温高いトラブル前編):

« オケ練をZUIKO 100mm F2.8で | トップページ | 夜桜撮影(デジ編) »