« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

260E、リアロアアームジョイント、フロントショック交換他

260E(189,000km)の集中整備を行った。
1日で済ませるために、Gun auto tradeのリフトを借用し、父と2人で作業を行った。

さすがにここまで作業すると、作業前と後の運転し心地、乗り心地の変化は激しいものがある。
足回りが遊んでいるような音・突き上げが無くなり、しなやかに動くようになるようだ。

●リアロアアームジョイント交換
E280で既に交換しているので、なぞるだけ。

IMG_2758
購入した部品(左のジョイントは交換した物)
作業2回目になると同時に交換したい部品もわかり、取り寄せておくことが出来る。

IMG_2760
新しいジョイントをはめ込んだ図
こういう作業をすると、メルセデス・ベンツ車のすばらしさを感じる。
作業そのものが気持ちいい。

IMG_2759
グズグズなジョイント
260Eも予想通りグズグズ状態だった。
最近、この部品交換はブーム?になっているようだが、無交換の車両はほぼ確実に劣化しており、改善効果も高いので私もお奨め。

●リアブレーキホース・パッド交換
ロアアームジョイント交換時、キャリパーも外すのでついでにホースとパッドも交換。
ブレーキパッドは経年劣化で硬くなり、ペダルの踏み心地も悪くなるので、厚みがあっても定期的に交換した方が良いと思う。

IMG_2757
リアキャリパーとブレーキホース

IMG_2766
ブレーキフルードも交換

●フロントショック・アッパーマウント交換
フロントショック・アッパーマウントも、交換後12万キロほど走行しているため交換。
リアショックは過去の経験上、10万キロ程度ではそれほど劣化しないと考えているのでパス。

12万キロも走る前に、5万キロくらいでアッパーマウントは交換しても良かったかもしれない。
それくらい、アッパーマウントが重要。

IMG_2767
新しいショックを組み付けた図
SPEED JAPANから取り寄せたら、SACHSのSUPER TOURING(純正相当)が届いた。

●マフラーハンガー交換
2007年5月に260E/E280両車のマフラーハンガーを交換したが、260Eの方は片方無くなっていた!
良く見ると、またひび割れているよ・・・
どうも、非純正部品の中には痛みが早いものがあるようなので、純正指定でSPEED JAPANから取り寄せた。

IMG_2768
一番右が非純正のハンガー、真ん中が新品の純正ハンガー、左が中古の純正ハンガー

安い部品なので、けちらず純正指定での購入をお奨め。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

G1で天井バウンス撮影

img_0905_535_
眼差し
CONTAX G1 + Planar T* 45mm F2 + Kodak E100G + TLA360

CONTAX G1にはTLA140、G2にはTLA200という純正ストロボがあるが、基本的に前面にしか照射せず、バウンス撮影が出来ない。
調べたところTLA360が普通に使えるようなので、キタムラの中古で購入した。

CRW_3324
G1に装着した図
不釣り合いだ・・・
しかも、この写真は手ぶれているし。
CANON EOS 10D + EF24-105mm F4L

本来、CONTAXの一眼レフ用のストロボなので、上記の絵のようにG1/G2に装着すると激しく不釣り合いだが、室内撮影での強い味方。
バウンス撮影用の前面補助発光部を装備しているが、これを使わない(スイッチを右にする)方が個人的には好み。

img_0905_536_
それ欲しい・・・
CONTAX G1 + Planar T* 45mm F2 + Kodak E100G + TLA360

ポジでの天井バウンスは露出制御が難しいかな?と思ったが、ほぼ好みの結果となったので嬉しくなってアップ(笑

これでISO100のフィルムも怖くない(かも)。


スライドフィルム コダック エクタクロームプロ E100G 36枚 6本

リバーサル120・220EK E100GX 120-5P

| | コメント (4) | トラックバック (0)

G2、OM-1で撮り鉄(東飯能~武蔵丘編)

このシリーズ、いつまでも引っ張りたくないので・・・
GW前後に写した写真を。

西武鉄道情報館」の「撮影地ガイド」によると、近所には良質な撮影地がいっぱい・・・
ということで、「東飯能~高麗」(この間に武蔵丘の基地があるので、私は武蔵丘と表記する)の写真を。

●OM-1+ポジフィルム編

img_0905_136
西武鉄道3000系、銀河鉄道999ラッピングトレイン
たまたま出会ったので撮影。
このとき、踏切から撮影している人が居た(その方のお陰で、「何か来る」とわかったわけ)が、前述「西武鉄道情報館」の写真っぽいので、管理人さん?
同じようなシチュエーションで撮影すると、上手い方の写真は私のと違うなと感じるな。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 100mm F2.8(MC)  + Kodak E100G

img_0905_131
西武鉄道10000系レッドアロー
200mmだと写しやすいね~
落ち着いて対処出来る。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 200mm F4(MC)  + Kodak E100G

img_0905_132
西武鉄道9000系
GT-X970でのポジスキャンだと、どうしてもピントが甘い感じになってしまう。
それとも、ZUIKO 200mmの収差かな。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 200mm F4(MC)  + Kodak E100G

img_0905_134
10.0パーミル
写真奥の飯能高校付近まで10パーミル程度、その先は急坂ですな。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 100mm F2.8(MC)  + Kodak E100G

●G2+ネガフィルム編
もう既に修理から返ってきているが、修理前に撮影した写真を。
フィルムの違いはあるが、GのSonnar90mmは、ZUIKO 100mmと比べて圧倒的にくっきりはっきりの今風の写り。
収差も全く認められないし。

img_0905_024_
快速急行!
西武鉄道4000系
逆光環境でも、ネガフィルム+高性能単焦点レンズで安心!
CONTAX G2 + Sonnar T* 90mm F2.8 + Fuji X-TRA 400

img_0905_025_
待ち合わせ
西武鉄道4000系、この写真に3編成写ってる。
不具合でピントが甘いが、シーン的にお気に入りの一枚。
CONTAX G2 + Sonnar T* 90mm F2.8 + Fuji X-TRA 400

img_0905_031
芝桜ヘッドマーク
CONTAX G2 + Sonnar T* 90mm F2.8 + Fuji X-TRA 400

| | コメント (2) | トラックバック (0)

OM-1片手に散歩

GW中の話になるが、高校からの友人T氏とお互いのOLYMPUS OM-1+ポジフィルムを相棒に、智光山公園を撮影散歩した。
そのときの写真を何枚か。

img_0905_100
メタボ
サイボクハムにて。
美味しすぎてメタボになってしまうが笑顔。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 50mm F1.4(MC)  + Kodak E100G

img_0905_102
子豚たち
この寝顔を見ると、人間が如何に罪深いかと・・・
写真的には、健康的で綺麗な豚の肌色が表現出来ていてよろしいかと。
E100G、やっぱりイイね。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 100mm F2.8(MC)  + Kodak E100G

で、このような写真を出した後でなんだが・・・
散歩の後に、サイボクの豚肉で焼き肉をしようということで、混雑する前に買い物。
保冷ボックスに詰めて智光山公園に移動。

img_0905_103
風っ子
ここに来ると、つい撮ってしまう被写体。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 100mm F2.8(MC)  + Kodak E100G

天気が悪かったのが残念だったな。

img_0905_106
薄紫
最短撮影距離が1m。
もうちょい寄れると嬉しいけど、この時代のレンズだと標準的か。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 100mm F2.8(MC)  + Kodak E100G 

img_0905_108
園内
こういう風景を切り取るのは難しいのだが、なんとなく良さげに感じてシャッターを切ってみた。
天気が悪いおかげで、人は少なかった。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 100mm F2.8(MC)  + Kodak E100G

img_0905_114
水流
三脚を持っていったので、シャッタースピードの遅い写真も。
これは1秒だったかな。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 200mm F4(MC)  + Kodak E100G

img_0905_119
木道
智光山公園に来た時には、必ず木道を歩く。
近所ではかなり好きな場所。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 200mm F4(MC)  + Kodak E100G

img_0905_120
宝くじ購入者に感謝
宝くじを買っていない方でも座れる。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 200mm F4(MC)  + Kodak E100G

img_0905_122
宝くじベンチたくさん
前に来た時は無かったけど。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 200mm F4(MC)  + Kodak E100G

| | コメント (4) | トラックバック (0)

妹の結婚式(3)2次会編

CRW_3640

親族が結婚式の2次会に出るというのは、稀だよね。
私の経験上、親族が2次会に出席しているのは1度しか見たことが無い。

今回は、2次会の専属カメラマンということで出席。
一度、パーティー時の写真撮影に挑戦してみたかったので、良い機会だということで。

CRW_3516

場所は、私たちが披露宴を行った、入間市のマイリゾートダイニングにて。

CRW_3512_
チェキ、結婚式2次会需要で売れていそう・・・

CRW_3551

立食パーティー形式ということだが、さすがに60人だと厳しいね(苦笑
けど、出席者みんなが楽しそうで良かった。

CRW_3590

撮影に忙しくて、残念ながら料理を食べる余裕は皆無だったけれど、自分たちの結婚式の時に食べ損なった「スペシャルケーキ」を食べられたので嬉しかった。

CRW_3629

しかし、年齢が10歳も離れていると、雰囲気違うねぇ・・・(苦

写真は全て:
 CANON EOS 10D + EF24-105mm F4L (+ 550EX使用)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

妹の結婚式(2)披露宴編

続いて披露宴。
セレス所沢にて。

やっぱり、デジカメ撮影だとblogを書くテンポも速く出来るなぁと。
RAWで撮っているので、それなりに後処理の手間はあるのだが、ネガフィルムスキャンに比べれば圧倒的に楽。

CRW_3263
披露宴会場入り口
写真を撮る視点で無いと、こういうのは見逃しがち。

CRW_3315
ディスプレイ
これらのボトルが開けられることはあるのか?

CRW_3347
シャンパンを
料理は完食。
2次会のメインカメラマンを頼まれていたため、アルコールはかなり抑えた。

CRW_3427
待ってる
着火されるのを待つ、メインキャンドル。

CRW_3451

蒸発する蝋が写っていてお気に入り。
肉眼ではなかなか見えないなぁ。

写真は全て:
 CANON EOS 10D + EF24-105mm F4L (+ 550EX使用)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

妹の結婚式(1)挙式編

妹の結婚式に列席した。
挙式・披露宴はプロのカメラマンがいるので、好きな写真を撮ってみた。

なお、機材は事前に準備した
CANON EOS 10D + EF24-105mm F4L + 550EX

CRW_3255
ロビー
セレス所沢にて

CRW_3269
誓約台

やはり、手ぶれ補正レンズは良いね!

CRW_3286
灯り

CRW_3304
教会
こういう写真を撮ると、円形絞りのメリットが出るなぁ。

しかし、カメラのファインダー越しだと、非常に客観的で、雰囲気を楽しめないような?

写真は全て:
 CANON EOS 10D + EF24-105mm F4L

| | コメント (3) | トラックバック (1)

G2で撮り鉄(西武多摩川線編)

img_0904_415_
新2000系
小平駅にて。
戸袋窓の無い、新宿線タイプですな。
中望遠で編成を撮ると、なんかイイ。
CONTAX G2 + Sonnar T* 90mm F2.8 + KODAK GOLD100

測距トラブルで入院中のCONTAX G2であるが、入院前に撮影してなんとか見られる写真を。
ゴールデンウィーク中、G2+Sonnar片手に西武多摩湖線の新101系と、西武多摩川線旧101系に乗りに行ってきた。

img_0904_416_
新旧のキス
小平駅にて
左が新2000系、右が旧2000系。
旧2000系の方がファンが多いようだ。
わかる気がする。
この写真、新2000系の「2081」にピントを合わせたが、実際には旧2000系の乗務員室手すりあたりにあっている・・・
CONTAX G2 + Sonnar T* 90mm F2.8 + KODAK GOLD100

なお、行程は:
 飯能→所沢→小平萩山国分寺武蔵境是政→府中本町→新秋津→秋津→飯能
 (太字は写真有り)
乗り換え多すぎ。

img_0904_418_
新2000系4連
萩山駅にて。
池袋線では見られない編成ですな。
この写真は置きピンした場所より引っ張って写してしまったため、幸運にもピントが来ている(苦笑
CONTAX G2 + Sonnar T* 90mm F2.8 + KODAK GOLD100

img_0904_419_
先頭に向かって歩く
国分寺駅にて
私鉄っぽいホームで、結構好き。
CONTAX G2 + Sonnar T* 90mm F2.8 + KODAK GOLD100

img_0904_422_
お久しぶり
久しぶりに旧101系を見かけて嬉しくなった。
CONTAX G2 + Sonnar T* 90mm F2.8 + KODAK GOLD100

それにしても、このカメラで動いている列車を撮るのは緊張する。
純粋に置きピンするしか無いし、ファインダー内でぼけている状態から列車が浮かび上がってくるわけでも無いので、なるべく絞って被写界深度を確保したい状態。

img_0905_008__
後追い
是政駅にて
ワンマン運転で列車内に人が見えず、ちょっと不気味である(笑
CONTAX G2 + Sonnar T* 90mm F2.8 + FUJI X-TRA 400

img_0905_010_
205系
新秋津駅にて
是政駅から府中本町まで歩いて、武蔵野線で戻ってきた。
武蔵野線の方が駅間距離が長く、圧倒的に早い・・・・
CONTAX G2 + Sonnar T* 90mm F2.8 + FUJI X-TRA 400

楽しかったけど疲れた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

CONTAX G2、測距トラブル発生・・・

我が主力カメラにしたいCONTAX G2、ピントが甘い写真を連発した。
写真を見ると前ピンのようだ。

img_0905_007_
西武鉄道101系運転台にて
「1219」にピントを合わせたのに、ピントが合っているのは「起動試験SW」だ・・・
CONTAX G2 + Sonnar T* 90mm F2.8 + Fuji X-TRA 400

img_0905_014_
前足・・・
当然、目にピントを合わせたつもりなのに、前足に合っている・・・
CONTAX G2 + Sonnar T* 90mm F2.8 + Fuji X-TRA 400

img_0905_028_
10.0パーミル
勾配標にピントを合わせたのだが、手前のコンクリート製マンホールにピントが合っている・・・
CONTAX G2 + Sonnar T* 90mm F2.8 + Fuji X-TRA 400

で、手持ち2台のG1と室内のピント合わせやすい対象物に対して比べてみると・・・

 G1 2.8m(2台とも同じ)
 G2 2.4m

 G1 3.6m(2台とも同じ)
 G2 3.0m

と、おおよそ15~20%程度、手前であると測定しているようだ。
これでは前ピン当然だな・・・

やむなく、購入元のフジヤカメラ経由で2回目の修理(1回目は光線漏れ)に出した。
しかし、川越撮影まではおかしくなかったようなので、私が壊したのだろうか。

これからは、大切な撮影前には測距チェックをしよう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

260E、サッコプレートクリップ交換

父の260E、運転席・助手席双方のサッコプレートが浮いている。
走行に支障は無いが、はっきり言ってダサイので修理することにした。

なお、E280の一部ドアのサッコプレート・クリップ交換は、2004/1頃に行っている。

IMG_2747
サッコプレートの浮き
車両向かって右から助手席ドア前端を見た図(左上の黄色いのがウィンカー)。

IMG_2748
取り寄せたパーツ
この中で左下のクリップが高い(SPEED JAPANでも1つ500円超で、左右10個必要)・・・
サッコ下側の浮きだけであればこれは交換せず、下側のクリップ類交換で済むようだ。

IMG_2749
サッコプレートを外すときにアクセスするネジ
この上下のネジを外す。
このネジも発注したが、トルクスタイプになっていた。

IMG_2750
サッコプレートを外した図
上記画像を見ればわかるが、サッコプレートの下側を力ずくで外し、上側は車両後方にスライドさせれば高価なクリップを痛めずに済む。
前端の浮きは、一番左下の突起が折れているのが原因だとわかった。

それにしても、デジカメ画像の歪曲が酷いな(苦笑
サイドシルが歪んでいるように見える・・・

IMG_2751
サッコプレートの裏面
後端の浮きは、一番左下(車両取り付け時は右下)のクリップ(ネジ留めタイプ)取り付け部がもげていて、クリップがサッコプレートから外れているのが原因だ。
クリップ取り付け部の半分は生きているので、クリップを新品交換し、そのまま様子を見ることにする。
きちんと直すなら、樹脂パーツのリペアが必要だ。

IMG_2755
直った図
クリップを可能な限り新品交換し、きちんと装着されたの図。
当たり前の状態ではあるが、気持ちの良いものだ。

運転席側は、ネジ留めタイプのクリップが外れていたので、この部分のみ新品交換して終了。
あまりパーツは保守部品にしよう。

以上写真は全て CANON IXY DIGITAL 910 IS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渋滞回避には車間から

mixi経由で知ったのだが、興味深い記事があったので紹介。

「渋滞学」の権威、西成活裕東大教授が伝授!
目からウロコの“究極”の渋滞回避術
(nikkei TRENDYnet:日系トレンディネット)

詳細は論文を読まないとわからなそうだが・・・
つまるところ、

渋滞が発生したら全体的に車速を落とし、おのおのが車間を開けてブレーキを踏まないようにして渋滞地帯に向かうことで、渋滞を緩和(記事内では「治療」と言っている)することが出来る

ということのようだ。
「本当かな?」というのが正直なところだが、記事中に印象的な内容が有ったので、引用しておく。
これで興味を持った方は、是非、元の記事を読んで欲しい。

しかしながら、「短期的な視野で行動すると人は損をする」ということを肝に銘じていただきたい。

「早く(速く)行きたい車は先に行かせろ」ということのようです。
渋滞が始まっていたら、ちょっと前に行ったくらいでメリットは無い、むしろ、渋滞を伸ばすだけですよ、ということでしょう。
まぁ、渋滞にはまっても少しでも早く行きたい人、渋滞に極力はまらずなるべく平均時速を一定に保ちたい人、いろいろいると思うが私は後者。

統計データによれば、車間距離40mの時の平均速度は時速72kmですので、「高速道路では40m以上詰めると損をする」あるいは「時速約70km、車間距離40mが渋滞の始まり」と覚えておいていただければいいでしょう。

なるほど。
72km/hでの車間が40mというのは、現実的にそんなものだと思う。
教習所では「80km/hでは80m開けなさい」と言っているが、現実的では無いので。
で、速度も車間もこれ以下になり始めると、渋滞に向かっていますよ、ということだな。
そう考えると、全体的には空いている高速道でも、車速を維持出来ないスキルの低いドライバーのおかげで、ちょっとした上り坂でも「80km/h以下、車間50m以下」の状態になったりするが、これが渋滞のきっかけなのかもしれない。

「ドライバーの知識が向上するだけで、こんなに世の中が変わる」といった、もっと人間的なことをやりたいんです。

研究者らしいお言葉。
理想的にはその通りだが、個人的には悲観的。
「自分さえよければ良い」という、個人最適のような考えの人が多すぎる。
先がつまっているのに横断歩道で停まりもしない(注:本来は先がつまっていなくても停まらなくてはならないが)とかね。
回り回って、自分に不利益になると思わないのかね。
道路上ではなるべく全体最適になるように努めるべきだろう。

いったん、事故が起こってしまうと難しいですが、高速道路で起こる事故の約2割は渋滞に気付かず前のクルマに追突するケースです。ですので、車間距離を空けてゆっくり近づくことで、渋滞の原因となる事故自体が減ります。

それにしても、最近追突事故現場を目撃することが多い。
バカみたいな車間で走っている結果なんだろうなと想像。
大半は同情の余地無し。
自分の車の後ろを走る車とドライバーこそ、選択したいものだな。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

鉄道の脇役達

せっかくEF24-105mm F4Lを貸りたので、鉄道の風景を撮ってみた。

CRW_3024
マーキング
一つだけ赤く塗られていた。

ちょっと、逆光だとコントラストでないかな~

CRW_3043
夕日を浴びて

ワイ端でも、歪曲があまり目立たないようだ。
APS-Cだから(トリミングされているという意味で)かもしれないけれど。

CRW_3063
100mポスト
今回の一番のお気に入り。

写真は全て:
 CANON EOS 10D + EF24-105mm F4L

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EF24-105mm F4LとSPEEDLITE 550EX

再来週、妹の結婚式。
挙式・披露宴はプロのカメラマンがいるので良いのだが、2次会カメラマンは雇えないということで、無保証カメラマンを引き受けることにした。

弟の結婚式の時は、完全に趣味の領域で、
 PENTAX 645N + FA75mm + PORTRA 800 + AF-500FTZ
という組み合わせで望んだのだが、さすがに今回は単焦点では厳しい。
かといって、645用のズームレンズを買う金は無い・・・

幸いなことに義父がキヤノンのEFレンズを持っているので、ストロボと一緒に貸してもらえることになった。
(というか、貸して貰える前提で引き受けたということ)

IMG_2735
EF24-105mm F4L IS USM
これで、35mm換算画角で40mm弱から170mmのゾーンをカバー、IS(IMAGE STABILIZER:キヤノンの手ぶれ補正)も付いていて素晴らしい!
APS-C機に付けると、広角側が少し物足りないが、今回はこれで行こう。
ちなみにこのレンズ、EOS 5D mk2とのセットで組み合わされているね。
さすが、高級機のセットレンズは違うな・・・

IMG_2739
SPEEDLITE 550EX
やっぱり、大型クリップオンストロボは必要でしょう。

で、これらをEOS 10Dに装着すると・・・・

IMG_2740
をぉ!
ガンダムmkIIが、スーパーガンダムになったようだ。
とりあえず、これで見てくれだけはプロっぽく。

ここまでの画像、CANON IXY DIGITAL 910 IS

で、この組み合わせで我が家のモデルを撮影してみた結果。

CRW_3096
おねむ、しかし警戒中
CANON EOS 10D + EF24-105mm F4L + 550EX(バウンス)
DPPでホワイトバランスをストロボ使用に

ふむ・・・
かなり暗い環境で撮影したのだが、良いのでは無いかな。
何というか、完全に「カメラに撮って頂いている」状態だが・・・

屋外撮影の結果は後日。

 

amazonより安いのは・・・
無難なところでこちら。


【送料無料!】《新品》Canon(キヤノン) EF24-105mm F4L IS USM
マップカメラ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

260E、ドアキャッチの左右交換

父の260E、助手席後ろのBピラーあたりから、「カタカタ」と異音がしていた。

Gunさんに相談すると、異音の可能性の一つとして、まずは助手席のドアキャッチ交換をしてみよとのアドバイス。
新品にしなくても、左右入れ替えるだけでも効果あるとのことなので、費用もかからないし試してみた。

IMG_2568
ドアキャッチ
位置決めが大変なので、元の場所を油性マジックでなぞっておいた。

交換は非常に簡単・・・
なのだが、マウントをBピラーの中に落としてしまわぬよう、上下片方ずつ外してドアキャッチを回転させ、ネジを仮留めするなど工夫をしないと「大変面倒なことに」なってしまう。

交換(交代?)自体は5分程度で終了。
マジック跡で位置決めしたが、それでも少しドアの位置が変わるので、微調整して終了。

結果!
異音完治!
異音がしない車は気持ちがいい。

いつものことながら、アドバイスをくださったGunさんに感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の川越2~喜多院~市内~

こちらも3週間前の話なので、早く完結させなければ。

ひたすら裏道を歩いて喜多院へ。
城下町らしく裏道は細いが、和風の立派な家が多い。

img_0904_025_
双龍
ある程度背景をぼかしたいし・・・
となると、ISO400のフィルムだとちょっと色気の無いシャッタースピードになってしまう。

img_0904_028_
桜舞う
逆光に透かした桜の花に見とれていたら、風が吹いて舞ったので1枚。
しかし、桜の写真は難しい・・・
脇役になってもらうのが精一杯か。

img_0904_030_
注連縄(しめなわ)

その後、川越市の中央部に向かう途中。
中学校の時、西部地区の吹奏楽コンクールで川越市民会館に向かう途中に印象に残っていた、教会を撮影。

img_0904_032_
賛美歌
賛美歌が聞こえてきた。

img_0904_033_
教会正面
90mmしか持っていないのでこういう写真しか撮れない。。。
白黒茶の街並みの中で、煉瓦の赤さが印象的な建物だが、ネガで撮ると色が浅い感じで少々残念ではある。

img_0904_036_d
夕方の川越
この写真では残念ながらわからないが・・・
空がオレンジに染まり始めた頃の川越の街並み。
川越では、この付近が一番好き。

写真は全て:
 CONTAX G2 + Sonnar T* 90mm F2.8 + Fuji X-TRA 400

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »