« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

プリウス、Vベルト交換

プリウスの補機ベルト交換を行った。
湿度が高い日にエアコンを使うとキュルキュルと音がするようになっていたし、エンジンルームから見えるベルトがツルツルなので。

なお、以下のページを参考に作業を行った:
☆TOYOTA/PRIUS 【HYBRID_ONE】 →補機ベルト交換 3PK860
NHW20型の記事だが、基本的には同じ。
NHW20型は、エアコンのコンプレッサーをこのベルトで駆動していないようだ。

IMG_2897
部品
ブレーキパッド交換時に同時購入した。
1000円ちょっとだ。
安い!

IMG_2898
古いベルト
作業しやすいよう、周りの樹脂製パネルなどを取り外してある。
交換前のベルトは、リブの無い面がご覧の通りツルツル。
リブの無い面でウォーターポンプを駆動するので、ツルツルは良くない。

取り外す時にわかったことだが、ベルトの張りが緩い・・・
少し張れば音はしなくなったかもしれない。

IMG_2899
新品ベルトと取り外したベルト

IMG_2900
リブ面
ひび割れは酷くない。

IMG_2902
交換後の図
無理矢理車上で整備したので、ベルトを掛けるのに少し苦労した。

交換後は、雨天時のエアコンONでも静かに。
結果的にはベルトの張りが緩いだけだったのかもしれないが、部品は安いので満足度は高いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

E280、リアブレーキキャリパーOH他

小淵沢に行く前の話になる。
リアブレーキの状態がよろしく無いことが車検前点検時から判明していたため、部品を揃えてOHを行った。

IMG_2784
取り寄せた部品
・キャリパーOHキット
・パッド
・ブレーキホース
・ブレーキフルード
偶然にも全てATE製となり、パッケージが青い!

IMG_2800
取り外したブレーキパッドと新品パッド
リアロアアームジョイント交換時、片輪内の左右のパッドで摩耗具合に差があった。
応急処置で左右入れ替えをしたので、比較的綺麗に減ってはいる。

IMG_2787
取り外したキャリパー
キャリパーを取り外す前に、パッドを外した状態でブレーキペダルを踏み、全体的にいい感じにピストンを押し出しておく。
ある程度まで押し出せていれば、あとは上下から、マイナスドライバー2本をゴムブーツのくぼみに引っかけて引っ張れば取り出せる。
※言うまでもないが、ピストンを傷つけないように。

IMG_2790
シリンダー内面
シールリングを取り外した後の状態。
ざざっと掃除し、ブレーキフルードに浸しておいた新しいシールリングを取り付ける。

IMG_2792
ブレーキピストン
汚れはともかく、大きな傷が無くて安心。
耐水ペーパーで磨いてから装着。
前回は、再挿入時にモリブデングリスを使ったが、今回はブレーキフルードのみ使用。

IMG_2795
組み付けた図
ピストンのパッドを押す面、馬蹄形の方向に注意。

IMG_2801
全て組み付けた図
この後、ブレーキフルードを交換する。
なお、ローターの厚みは新品時の厚さと下限値のちょうど中間で、まだまだ大丈夫だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パイオニア吹奏楽団 第7回アンサンブルコンサートのお知らせ

test2

久々に、小編成曲を演奏するのでご案内を。
ポピュラーな曲も多く、入退場自由(演奏中はご勘弁を)の気軽なコンサートなので、お近くの方々は是非お越しください。

 

パイオニア吹奏楽団 第7回アンサンブルコンサート

2009年7月4日(土)  13:00開演
川越市市民会館 やまぶき会館

入場料:無料

毎年、冬に行われる定期演奏会と違い、ソロや、2~10人程のアンサンブルを中心にお送りするコンサートです。

※パイオニア吹奏楽団は、パイオニア株式会社川越事業所内の部活動として活動しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リゾナーレ小淵沢(CANON EOS10D編)

CRW_3848
緑の反射
フィルムの雰囲気は出ないな・・・
リアリティという意味では良いと思うけど、雰囲気がね・・・

最後に、CANON EOS10D編を。
基本的には妻が使用したのだが、夜景撮影の練習に使ってみた。
実は、PENTAX 645Nの撮影の前に、構図や露出のチェックで使ったのだった。

CRW_3843
PENTAX 645N + FA200mmF4
この組み合わせ、かなり好きである。
目立つけど・・・

CRW_3857
夜の花

CRW_3866

実際には真っ暗なところを、長時間露光で。
デジカメはいろいろトライ出来るところが楽しい。

CRW_3872
RISONARE

全ての写真は、ミラーアップ+タイマーで撮影。
そうすると、ミラーアップ後すぐにシャッターが切れて便利だわ。

CRW_3881
静寂
良いところだな。
また行きたい。

画像は全て:
 CANON EOS 10D + EF28mm F2.8

| | コメント (3) | トラックバック (0)

リゾナーレ小淵沢(PENTAX 645N編)

img_0906_531_
緑色
白色のスポットライトが、木の葉に反射して緑色の塔に
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + FUJIFILM RHPIII

PENTAX 645N編を。
夜景が思っていたより綺麗に撮れたので、先に。

三脚でしっかりマウント、ケーブルスイッチで長時間露光撮影すると、本格的な撮影をしている気分に(笑

img_0906_528_
スポットライト
PENTAX 645N + FA645 200mmF4 + FUJIFILM RHPIII

こういう撮影をすると、中判ポジはやっぱり良いなぁ。
原版はこれより10倍綺麗だし。
挑戦してみて良かった。

img_0906_520_
夜景
入り口方向を望む。
G2での写真と比べ、暗くて雰囲気が出たかな。
空の雲がいい感じかと。
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + FUJIFILM RHPIII

img_0906_503_
色とりどり
200mm、F5.6のそこそこ近接撮影は、背景ボケ過ぎだな。
PENTAX 645N + FA645 200mmF4 + FUJIFILM RHPIII

img_0906_536_
ランタン
明るく。
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + FUJIFILM RHPIII

img_0906_522_
エントランス
非日常へ
PENTAX 645N + FA645 200mmF4 + FUJIFILM RHPIII

img_0906_526_
電灯
レジデンス棟の電灯。
茂みの中には、鳥が住んでいる。
PENTAX 645N + FA645 200mmF4 + FUJIFILM RHPIII

| | コメント (2) | トラックバック (0)

リゾナーレ小淵沢(CONTAX G2編)

リゾナーレ小淵沢に行って来た。
会社の契約があるので、試しにと思い。

今回は、G2 + Biogon28mm + PORTRA800(一部NATURA1600有り)編を。

img_0906_107_
入り口
フロントまでは、ここから数百m歩かないといけない・・・
CONTAX G2 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak PORTRA800

img_0906_112_
ピーマン通り
1階が店舗、2階・3階が部屋というレジデンス棟。
海外を旅行したことは無いのだが、確かに日本では無いような街並み。
CONTAX G2 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak PORTRA800

どうやらここは、買い物を楽しんだり、街並み・部屋の中でくつろいだりするのが目的の場所だな。
観光拠点で使うには少々勿体ないかと。

img_0906_036_
レジデンスルーム3Fメゾネットタイプ
宿泊したのは、レジデンスルーム3Fメゾネットタイプ
階段上がってベッドルーム。
下がリビング・テラス。
CONTAX G2 + Biogon T* 28mm F2.8 + Fuji NATURA1600
※この写真だけNATURA1600

img_0906_101_
窓際に
テーブルがあり、コーヒーや紅茶の準備が出来ている。
店舗の試供品?的な役割もあるのか、コーヒーや紅茶が美味しい!
CONTAX G2 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak PORTRA800

予想通りではあるが、PORTRA 800、好印象。
135フィルムは初めて使った(ブローニー版では経験有り。こちら)
ネガらしい柔らかさ、ISO800で使っても粒状性も良く、色乗りも良い。
PORTRA800とBiogonの組み合わせ、とても快適だった。

比較対象はNATURA1600になるだろうか。
しかし、NATURA1600はISO1600で使うと粒状感がきつく、暗部にノイズ(おそらく、低感度の粒子が感光出来ずに残るのであろう)が乗ったようになってしまう。
そのためISO800で使うことになるが、PORTRA 800より硬く、彩度も低いかと。

img_0906_103_
テラス
贅沢な空間だが、日よけが無いと使いにくいかな。
CONTAX G2 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak PORTRA800

img_0906_105_
PENTAX 645N + FA200F4
これで写した写真は後ほど。
CONTAX G2 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak PORTRA800

img_0906_113
夜景
三脚を持っていったので、 主に645Nで使ったのだが、G2でも撮影。
F8、1秒くらいだったかな。
構図に失敗してトリミングしているため、荒くなってしまっているが、なかなか良いかと。
CONTAX G2 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak PORTRA800

img_0906_122_
朝食
panpapan de cafeにて。
少し肌寒かったが、外で食べた。
さすが、パンが美味しかったな。
CONTAX G2 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak PORTRA800

img_0906_127_
丸山珈琲
部屋のコーヒーが美味しかったので、お土産を購入。
知らなかったのだが、豆を買うとカプチーノを紙コップながら貰える。
CONTAX G2 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak PORTRA800

| | コメント (2) | トラックバック (0)

西武・電車フェスタ2009 in 武蔵丘車両検修場

img_0906_031_
CONTAX G2 + Biogon T* 28mm F2.8 + Fuji NATURA1600

今年も行ってきました、「西武・電車フェスタ2009 in 武蔵丘車両検修場」。
午後から出かける用事があったため、ささっと2時間弱回ってみたが、どうしてもN101系のリバイバルカラー中心となってしまう(苦笑

ちなみに、去年の模様はこちら

img_0906_021_
28mmで接近戦を。
予想通り、老若男女に大人気だったようだ。
他のblog(下記参照)によると、午後には鉄道フェスタヘッドマークが装着されたのかな?
CONTAX G2 + Biogon T* 28mm F2.8 + Fuji NATURA1600

参考(トラックバックさせて頂きます):
 西武・電車フェスタ2009in武蔵丘検修場 会場編(TOMOの鉄日誌)
 【西武】 電車フェスタ2009 in 武蔵丘検修場 ~会場編~(クロフネ航海手帳)
 西武・電車フェスタ2009in武蔵丘車両研修場(西武鉄道情報館)

img_0906_024_
「快速急行 武蔵丘」
しびれる。
是非運転して頂きたい。武蔵丘に駅は無いけど・・・
CONTAX G2 + Sonnar T* 90mm F2.8 + Fuji NATURA1600

昨年は、ISO400のフィルムできつかったので、今回はNATURA1600で行ったが・・・
色が浅く、これはこれで残念感があるかなぁ。。。

img_0906_025_
その武蔵丘駅(笑
臨時駅だ。
CONTAX G2 + Sonnar T* 90mm F2.8 + Fuji NATURA1600

img_0906_027_
リバイバルカラーの特徴的なところをアップで
ちなみに、G2は測距不良の修理後初戦だったが、きちんと直っているようだ。
CONTAX G2 + Sonnar T* 90mm F2.8 + Fuji NATURA1600

img_0906_033_
101系シリーズの台車
ボルスタは外されている状態。
台枠が骨太で、見るからに安定感のある台車だと思う。
CONTAX G2 + Biogon T* 28mm F2.8 + Fuji NATURA1600

img_0906_034_
(おそらく)101系シリーズのローター、整流子部分
このシリーズを増やそうと思ったのだが、この直後に何の前触れもなく電池切れ・・・
残念無念。
CONTAX G2 + Sonnar T* 90mm F2.8 + Fuji NATURA1600

来年はもっとゆっくり見たいな。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

プリウス、フロントブレーキパッド交換

もうすぐ車検のプリウス(NHW10)。
前回車検前点検時に、既にブレーキパッドの残りが少ないことは把握しており、いい加減、交換することにした。

なお、作業は自宅で行った。

●ブレーキパッドの購入(ついでにVベルトも)
最初、普通にディーラーで購入しようと思ったが、インターネットを調べてみるとかなり安い感じ・・・(純正品をディーラーで購入した場合の費用はわからないので主観だが)

今回は、「NET部品館」で購入した。
Vベルトも安かったのでついでに購入。

IMG_2777
購入した部品(交換後に撮影した)
一番左:ビバホームで購入した、ノーブランドのブレーキフルード(これでもDOT4)。
真ん中:Vベルト。1000円ちょい(安!
一番右:ブレーキパッド。
全部で7000円程度である。

IMG_2778
購入したブレーキパッドのシールをアップで
当時のプリウスと同プラットフォームの車と同一のブレーキパッドだとわかる。
ちなみに、NHW11型以降のブレーキパッドはNHW10型のそれと比較し安いので、回生ブレーキの分、摩擦ブレーキ部分はコストダウンしているのだろうか?

●ブレーキパッドの交換
では交換を。
基本的に、W124のブレーキパッド交換と同一だ。

IMG_2771
キャリパーを外した図
き、汚い・・・
引きづりを減らす目的か、パッドを出来るだけ開くための簡素なスプリング(針金)が装着されている。
さすがというか。

IMG_2773
新旧パッド(上:古い、下:新品)
前回の車検点検時、「すげー減ってる!」という印象だったが、それから2万キロ走り、まだ3割は残っているようだ。
まぁ、交換するべき厚みではあるが。
一体この車、新品パッドだと何万キロくらい保つのだろう?
10万キロくらい?もっと?

IMG_2775
ピストンを戻す
ピストンをそのまま戻して良いかどうかは、一応チェック済み。

IMG_2776
交換後
厚いパッドが頼もしい!

●ブレーキフルードの交換
一番手間取ったのは、フルードの交換。
パワーブリーダーを使えないので、古典的に2人でかけ声をかけながら交換。

ミスったのは、なるべくフルードタンク内のフルードを押し出してから交換しようと、MIN以下まで押し出したら空気がかんでしまったこと。
リフトを使っていないので傾斜しており、そのせいかもしれないが、「MIN以下にならないように注意」ということで。

そんなミスのリカバリーもあり、フルード、0.5Lでは足らず、1L使用した。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »