« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

伊豆旅行 「虹の郷」後編(ロムニー鉄道)

img_0909_412_
ロムニー駅を出発
中判ポジはやっぱりいいな。
PENTAX 645N + FA645 200mmF4 + FUJIFILM RHPIII

「虹の郷」後編は、イギリス村とカナダ村を結ぶ「ロムニー鉄道」を。
15インチという軌道は、とても細く頼りない。
客車を片方から押したら倒れてしまうのでは無いか?という細さ(笑

img_0909_405_
プレート
15インチゲージレイルウェイミュージアムにて
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + FUJIFILM RHPIII

レイルウェイミュージアムの半分が整備庫になっていて、整備中の機関車・客車を見ることも出来る。

img_0909_437_
ネルソン駅
PENTAX 645N + FA645 200mmF4 + FUJIFILM RHPIII

この鉄道、折り返しでは無く、周回するようになっている。
そのため、駅周辺は単線。
駅間だけ複線。

img_0909_439_
CUMBRIA号出発
暗い車体色のポジ撮影はやっぱり難しい・・・
PENTAX 645N + FA645 200mmF4 + FUJIFILM RHPIII

車窓を楽しむのであれば、イギリス村→カナダ村がお奨め。
カナダ村→イギリス村だと、最後の周回路が駐車場部分だから・・・

img_0909_440_
クーテニー湖を回るCity of Birmingham号
シャッターチャンスを少し逃した・・・
PENTAX 645N + FA645 200mmF4 + FUJIFILM RHPIII

非常にゆっくり走る。
25km/hくらいかな?

img_0909_441_
ひんやり
ネルソン駅にて
PENTAX 645N + FA645 200mmF4 + FUJIFILM RHPIII

私たちはカナダ村からの帰りに、ディーゼル機関車のCity of Birmingham号に乗って帰った。
フルオープンの客車ではなく、ちょっと残念。

img_0909_446_
右側通行
ピンぼけだが、右側通行をアピールしたくて。
さすがに、645Nで撮るのは無理があったな。
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + FUJIFILM RHPIII

SLも、このくらいの速度では出発時以外に煙を吐かず、楽勝なんだろう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

伊豆旅行 「虹の郷」前編

img_0909_425_
黄緑のトンネル
修善寺 虹の郷 日本庭園にて
天気が良くて嬉しかった。
PENTAX 645N + A645 120mmF4 MACRO + FUJIFILM RHPIII

今月頭に、週末と有給休暇を繋げ、伊豆に一泊ドライブに行ってきた。
初日の目的地は「伊豆修善寺 虹の郷」。
会社の友人の写真を見るとフォトジェニックな場所のようなので。

img_0909_400_
虹の郷にやってきた
久々に洗車をした(笑
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + FUJIFILM RHPIII

初日は日曜日。
せっかくの高速道1000円化である、中央道富士吉田線→東富士五湖道路と最大限に利用したが、特に中央道は混んでいたな・・・
幸い、混雑・渋滞にははまらなかったが、車両密度の高い高速道は疲れるよ。
特に中央道は速度の増減が激しすぎて。

img_0909_415_
トトロ?
修善寺 虹の郷 伊豆の村にて 
売り物を撮っては・・・だが。
PENTAX 645N + FA645 200mmF4 + FUJIFILM RHPIII

修善寺なので、三島から南に下る。
3時間半くらいで到着。

img_0909_416_
商店街
修善寺 虹の郷 伊豆の村にて
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + FUJIFILM RHPIII

で、虹の郷であるが。
比較的広大な敷地をおおざっぱに、和風ゾーンと、欧州ゾーンと、北米ゾーンにわけ、15インチゲージのロムニー鉄道を走らせている。

img_0909_417_
フクロウ
修善寺 虹の郷 匠の村入り口
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + FUJIFILM RHPIII

個人的には、ロムニー鉄道を除けば「匠の村」が一番フォトジェニックかと。
不思議と不気味の混ざり合った空間だった。

img_0909_419_
能面
修善寺 虹の郷 匠の村 民具展示館にて
不気味!
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + FUJIFILM RHPIII

img_0909_421_
郵便ポスト
修善寺 虹の郷 匠の村にて
あえて、レンズ自体がどっしり重い、A645の120mmで撮影してみた。
PENTAX 645N + A645 120mmF4 MACRO + FUJIFILM RHPIII

少し古いA645レンズも馬鹿に出来ませんな。

img_0909_422_
透かして見れば
修善寺 虹の郷 匠の村にて
645判120mmという画角(35mm相当で85mmくらいかな)、かなり使いやすい!
PENTAX 645N + A645 120mmF4 MACRO + FUJIFILM RHPIII

| | コメント (2) | トラックバック (0)

NEOPAN 1600 Super PRESTO

img_0909_114_
CAFE
新宿のカフェ。
高コントラストな被写体を求めてさまよった結果。
右上のライト内も、ネガ原版では階調が残っていたりする(この画像ではカット)。
すさまじいラチチュードの広さ・・・

白黒フィルムのメリットの一つに、高感度フィルムを入手しやすい点があげられるのでは無いか。
本当にそんなに高感度なのかわからないが、ISO1600や3200のフィルムを比較的安価に入手可能(カラーネガのように特別高価になったりしない)。
自家現像出来れば、好きに増感現像出来る(店に現像依頼して増感指定すると高いよ)ので、試してみようと。

img_0909_127_
木漏れ日
天気の良い日に。

まずは無難に、富士フイルムのネオパン 1600 スーパープレストを。
実効感度は1600も無い、という話があるので、NATURA1600と同じく
・撮影はISO800相当で
・現像はISO1600相当のデータ、SPD(1:1) 21C 6min(ただし21度はシートに無いので勝手に想像)
撮影・現像した結果を公開。

img_0909_129_
新宿西口駅の前?
本当に駅の前と呼べるのか微妙なところではあるが。
日本中のカメラ・写真好きの人々にとって、もっとも有名な場所では無かろうか。
最近、右手の建物には用が無く、奥のカメラ館とフィルム館だけだけど。

結果、かなり満足。
ネガフィルムらしいラチチュードを持っていて、スキャン時・修正時の選択肢が広すぎて困るほど。
粒状性も悪くないと思うけど、如何だろうか。

img_0909_136_
「15分では観られない川越がある」
んだそうだ。
もう少し前に踏み込んで撮った方が良かったかなぁ?

次回は、ISO1600で撮って、ISO3200で現像してみようかな。
ISO1600で撮って、ISO1600で現像すると薄いネガが出来そうで。。。

img_0909_131_
川越駅東武東上線のりば前にて
ライトの中も階調が残っていますよ、という例。

img_0909_131_h
ただ、そうすると写真全体が眠くなるので、思い切ってハイライトをカットして全体を明るくしてみた。
しかし、この場所はポジフィルム向きかもしれない。
この画像では、行き先標の色と繊細なグラディエーションが表現出来ないので・・・

選択肢が広いというのも、困りものだなぁ。

写真は全て:
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Fujifilm NEOPAN1600SuperPRESTO
自家現像:SPD(1:1) 21C 6min

| | コメント (8) | トラックバック (0)

プリウス、車検に持ち込むも・・・

img_0909_065_s
所沢陸運局の検査ラインに並ぶ我がプリウス

●継続検査で・・・
プリウス(NHW10、312,000km)の12年目(満11年経過) の車検(継続検査)タイミングがやってきた。
乗りっぱなしというわけでは無いので自宅で馬をかけて下回りの点検をし、先週の金曜日(2009/9/18)所沢陸運局に朝一で訪れた(もちろん、1週間ほど前に予約は必要)。

予備検査場では特に問題が無かったので、「今回も楽に通りそうだ・・・午前中に終われば、午後から会社に出勤しよう」などと考えていた。

img_0909_067_s
検査モードで検査を受ける
この数分後に地獄に堕ちることになろうとは・・・

予備検査を受けているだけに、順調にラインで「○」をもらうが・・・

なんと、排ガスのHCで「×」

他は全て「○」なのに、排ガスだけ「×」。
最終工程の方曰く、「HCが670ppmもあるよ~。アイドリングが少し高いね~。それが原因かも。調整してきてね。」だそうな。
「調整」と言っても、この手の車はどうしようも無いがな・・・
そういえば、ラインに入る前にバッテリー上がりのクラウンのエンジン始動を助けたのであった。
それが原因で充電のためアイドリングが高いのでは・・・
と考え、もう一度ラインに並び排ガスだけ再検査するも、「まだ600ppmは出てるね~」とのこと。
これは簡単には通らなそうだ・・・

●ディーラーで
しばらく途方に暮れるが、そうしていても仕方がないので、いろいろな方に相談してみた。
相談に乗ってくださった方々、ありがとうございます。
その結果、まずは「トヨタ系列のお店で診断機にかけて見るべし」と言うことで近くのトヨペット店に伺った。
結果、「診断機上、エンジンに不調は見られない。ならば触媒の可能性大。触媒は部品代9万、交換工賃は安い(数千円)。」ということ。

念のためその後、初代プリウスを販売していたトヨタ店(主バッテリー交換でお世話になった店)に持っていき、時間をかけて(つまりお金をかけて)調べてもらった結果:
「触媒はNG。2番シリンダーでオイル下がりのため、燃焼不良」

曰く、「触媒を交換すれば通るとは思うが、保証は出来ないし、またすぐに触媒が傷むであろう」とのこと。
そういえば、年初にプラグ劣化で失火する故障をしたが、そのときに触媒にとどめを刺したか。。。。

●そして私の選択
10万円弱かけ触媒を交換し、エンジン内部をクリーニングすれ
ば車検は通る可能性は高い・・・
もちろん、まだ数年は乗るつもりで今年も整備をしてきた(ブレーキパッド交換、Vベルト交換、タイヤ交換・・・。まぁ、全部で2万ちょいだが)し、継続検査のために重量税・自賠責も支払い済みだ。
が、安くない金額で触媒を交換しても確実に継続検査を取得出来る保証は無いし、触媒交換代を次の車に投資した方が良いかもしれない。

上記のように考え、泣く泣くプリウスを廃車にする決断をした・・・

【参考】排ガス規制について
ちなみに、COとHCの許容限度値は下記が詳しい:

自動車排出ガスの量の許容限度及び自動車燃料品質に関する許容限度の一部改正について

曰く、平成10年規制前後で大きく変わり:
平成10年規制前:CO 4.5%、HC 1200ppm
平成10年規制後:CO 1%、HC 300ppm ←プリウスは初代からこちら
だそうな。

つまり、平成10年規制前なら、現状でも余裕。
予備検査では、そこまで厳密に見ていなかったのでは無いかと・・・(いまいちの対応ではあるが)

| | コメント (13) | トラックバック (0)

白黒フィルムで綴る宇都宮出張

img_0908_409_
新幹線改札口
宇都宮駅にて

一時期は、1ヶ月に2回以上通っていた宇都宮。
不況を受けて一時期回数は激減したが、またまた復活傾向にあり。
まぁ、いいことかな。

以前は、朝から晩までの打ち合わせだったけれど、今は午後からとか、夕方早く終わるから「みんみん」で餃子食べて来られるし。

img_0908_400_
E231系グリーン車内
久々に2階席に乗ってみた。

さらに先日はケチって宇都宮線グリーン席も使わず、極々普通のクロスシートで向かったが、さすがに疲れる・・・
これから仕事をするのに、ケチりすぎは悪!

img_0908_403_
野州そば
宇都宮駅、在来線の各ホームに立ち食いそば屋が。

ちょっとした出張も、G1が鞄に入っていると待ち時間も楽しい。

img_0908_407_
機関車の「機」
(だと思う)
機関車の視点で。
ピントだけ合わして、初のノーファインダー撮影。

img_0908_408_
訓練車
大きな声を出して訓練中!
スカ色(白黒じゃわからんけど)115系で訓練なんて、ちょっと羨ましい?

写真は全て:
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Fujifilm NEOPAN400PRESTO
(自家現像では無い)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

白黒フィルムの自家現像開始!

img_0909_029_
彼女の眼差し
自家現像練習用の試写、最初のモデルは愛犬で。
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 100mm F2.8(MC)  + Fujifilm NEOPAN400PRESTO
Self-developed:SPD(1:1) 22C 6min
(以下、白黒写真は全て同じ)

白黒(モノクロ)フィルムの自家現像を試みた。
以前より、「不定期写真日記」、「アイハルのつれづれフォトダイアリー」というモノクロフィルムを自家現像されている先輩方のブログを拝見しており、私も挑戦してみたくなったのだ。

まずは、下記の2冊の書籍をamazonで購入した。

↑これは定番の本らしい
ただし、現像方法は高額なマスコカラータンクプロベースに書かれているので注意が必要か。


↑安価なので購入

正直、プリントまで挑戦する気は無いので、半分くらいのページが無駄ではあるが、やむを得まい。

上記書籍や諸先輩方のWebページを参考に、オケ練習後、新宿のヨドバシカメラに通い、買い集めた道具が下記

IMG_3093
白黒現像グッズ

全部で15000円ほどかな?
まずは、135フィルムを1本現像出来れば良いと考え、現像タンクは135×1用のセルフローディングタイプのものを購入。

貯蔵タンクとビーカーをいくつ買えば良いのか迷った。
当初3set購入したが、不足気味なので、100円ショップで貯蔵タンク×1、ビーカー×2を追加購入した。
結論から言うと、4set有れば良さそう。
ビーカーが案外高いので、けちる場合は100円ショップの1L計量カップでも良いかもしれないが、2Lのものも必要だ。

img_0909_018_
ヘッドライト
試し現像用に、24枚撮りを久しぶりに使用。
10分くらいで無理矢理撮影(笑
フィルムでの無駄撮影も初体験かも。

初現像は・・・
スーパープロドール(SPD)の1:1希釈、20度7分で行おうと考えたが、水道水の水温が24度近い状況。
20度まで下げるのが難しかったので、22度6分で実施。

像を確認するまでドキドキしたが、まぁまぁ上手く現像出来たのでは無いか?
ネガが少し薄い感じだが、スキャンして見ると問題無いかな?

img_0909_026_
o!
近所の公園にて。

白黒ネガフィルムをEPSON Scanの自動露出で取り込むと、ハイライトとシャドウを大幅カットした、かなり硬調気味に取り込んでくれちゃうので、自分で超軟調に露出設定しなおし、Photoshopで調整することにした。

広大な明暗情報から、意図する表現に追い込むのは結構楽しいかもしれない。

img_0909_027_
お化け~

次は、NEOPAN 1600 Super PRESTOを現像してみよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パイオニア交響楽団第20回定期演奏会のお知らせ

私が出演するアマオケ演奏会のご案内を。

今回私は、
  モルダウ:ファゴット 2nd
  ブラームスピアノ協奏曲第1番:ファゴット 2nd
と、裏方モード全開ですが、お時間ある方はお越しください。

やっぱり、ブラームスの曲はイイデスネ。

poster20th
↑ポスターより
私の写真が採用された!(この時写した写真)

以下、PSOのホームページより:

団員一同、みなさまのご来場を心よりお待ち申し上げております。

♪♪♪ パイオニア交響楽団第20回定期演奏会 ♪♪♪

日時:2009年11月8日(日) 13:30開場 14:00開演
場所:文京シビック 大ホール 
        東京メトロ 丸の内線・南北線 後楽園駅 徒歩3分
        都営地下鉄 三田線・大江戸線 春日駅 徒歩3分
        JR 中央線・総武線 水道橋駅 徒歩10分
指揮:黒岩 英臣
ピアノ:黒岩 悠
曲目:スメタナ: モルダウ(連作交響詩「わが祖国」より)
        ドリーブ: バレエ音楽「コッペリア」より
        ブラームス: ピアノ協奏曲第1番
料金:1500円(全自由席)

チケットなどのお問い合わせは、お近くの団員 またはチケットぴあへ。
チケットぴあ TEL:0570-02-9999(電話予約)
@電子チケットぴあ(24時間受付)
パイオニア交響楽団ホームページ内の【お問い合わせ】もご利用頂けます。
就学前のお子様のご同伴・ご入場は、誠に恐縮ですがご遠慮ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FRIENDSHIP FESTIVAL 2009(w/ OM-1)

img_0908_604_
激写中
OLYMPUS M-1(!)使いの会社の後輩を背後から・・・

ちょっと前の話になるが、「米空軍横田基地日米友好祭 2009」に行ってきた。
幼少のころから近くに住んではいたが、中に入ったのは初めて。

入場のために、パスポートか本籍がわかる免許証(IC免許証の場合はパスワード必要)などと書かれていたため、「そんなに入国?審査が厳しいのか?」と思ったが、凄い人で、荷物チェックのみで入れた・・・

img_0908_603_
F-16
水滴型キャノピーと、笑顔な口がかっこいいっす。

ちなみに、目当ては飛行機とアメリカンなジャンクフード(笑
カメラは、OM-1+望遠レンズ+ネガフィルムと、G2+広角・標準レンズ+ポジフィルムの組み合わせで。
今回は、OM-1の写真を。

img_0908_606_
贅沢
さすが米空軍。
F-16を4機も並べていたので、地上展示ながらこのような写真を写すことが出来た。

やっぱり、100mmくらいの焦点距離は楽しい。
200mmも持っていったが、地上展示では近すぎるし、空を飛ぶ飛行機には遠すぎるしで、残念ながら出番無し。
滑走路を走る飛行機を撮るには良いのかもしれないが、そのためには場所取りが必要で断念。

img_0908_611_
GAU-8 Avengerガトリング砲
怖いっす。

軍用機には興味があるものの、この歳で初めて間近で見る機体が多く、時間が経つのを忘れる・・・
展示機の近くには人がそれほど多くなく、好きな角度から写真を写せるのもGood!

img_0908_626_
BEWARE OF BLAST
C-5 Galaxyのエンジン
前時代的なエンジンですな。
うるさいんだ。

年配の方で、Nikon Fなどを持って来られた方も見かけたが、ほとんどはデジイチ。
こちらが1枚1枚、OM-1といろいろ考えてシャッターを切っている横で、何連写もしていく人が多く、かなり萎える(苦笑

img_0908_623_
F-22を警備!
近づくとマジで殺されるかもしれない。
戦闘機を脇役に。
本土初上陸ということで、F-22が目玉だったが、被写体としてはいまいちな戦闘機かと。

写真は全て:
OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 100mm F2.8(MC)  + Fujifilm X-TRA400

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ぼくのなつやすみ 8/13番外編

img_0908_506_
お気に入りの飲み屋
やきとん みつぼ 高田馬場駅前店
都電撮影の締めは、ここでの飲み会。
ここは安くて美味い!
一緒に行く人募集中。

さて。。。
未だに夏休み中の写真を紹介し切れていない。
それくらい、夏休みは写真を撮ることと食べること以外にやっていなかった。

今回は、都電荒川線撮影の番外編を。

img_0908_478_
門構え
豊島岡女子学園中学校
立派だったので撮ってみた。
Biogonならではの描写。満足。

img_0908_491_
砂利道
飛鳥山公園にて
このコントラストのきつさが夏かと。

img_0908_492_

飛鳥山公園 桜賦の碑
白黒フィルムで石を撮ってみたかったのだ。

img_0908_493_
王子駅へ
人が来るのを待ってシャッター。

Biogonでの写真、ワンパターンな気がしてきた。
広角は特に難しいな。

写真は全て:
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Fujifilm NEOPAN400PRESTO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »