« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

ありがとう、そしてさようなら、プリウス

img_0910_895_
最後のドライブ
埼玉県山西省友好記念館「神怡舘」前
最後の記念に、三脚を立ててじっくりと撮影した。

●プリウス、24,000kmの記録
プリウスの永久抹消登録(廃車手続き)を完了した。
車検を取得するため、重量税と自賠責を購入済みであり、返金は面倒くさかった。

また、燃費・メンテナンスの記録を最後まで更新した。
プリウス燃費・メンテナンス記録シート

我が家に来てから2年と3ヶ月ちょっと。
288,000kmから24,000kmほど走り、312,000kmを超えた。
24,000kmで1430Lほど給油し、16.7km/Lの燃費だった(メーター誤差補正せず)

img_0910_910_
最後の記念撮影
解体屋に引き渡す最後のドライブ前に、自宅前にて。

●初代プリウスの魅力
プリウスで2年間、片道20kmの通勤をしたが、通勤路では多くの初代プリウス(後期含む)に遭遇した。
やはり、自分が乗っているのと同じ車というのは目に入るものだ。
皆、基本ノーマルの状態で、日常の足に活用している風だが、私もこの初代プリウスは非常に良くできた車だと感じた。

ハイブリッドカーということで、とかく「燃費」の議論になりがちだが、正直燃費は期待はずれだった。
VWの初代Golf ディーゼルターボを経験している身としては、これだけ大げさなシステムを積んで16~17km/L、「こんなもん?」

img_0910_067_
312487km
odometerをモノクロフィルムにコピーする

それより、減速中・停車中にアイドリングストップされることによる静粛性、モーターにより静かに力強く加速する動力性能が素晴らしい。
165/65 R15という1.2tの車にしては細いタイヤと、リアのバッテリーが重しとして効いているのか、乗り心地も良い。

ボディーサイズもコンパクトだが、大人4人が満足して座れ、それなりに荷物も積める。
シートもパット見安っぽいが、1時間くらいは快適に座れる。

トヨタのMCプラットフォームはボディー剛性も十分で、高速道路でもボディーが「やわい」と感じることは無かった。
ハンドルにもエンジンの振動が伝わらず、好ましい(代車で借りたアリオンは、ハンドルに微振動を感じたので、プリウスだけの美点かもしれない)。

img_0910_070_
最後のお別れ
Gun auto tradeにて
ありがとう、プリウス

●初代プリウスの欠点
反面、アシスト効き過ぎな電動パワーステアリングと、細いタイヤのせいで制動性能は不満だった。
なるべく回生ブレーキを使おうとし必然的に安全運転になるのは良いことではあるが、万が一の時は不安。

アクセルやブレーキのフィーリングを批判する向きもあるが、慣れてしまえば問題無いレベルだと思う。

しかし、欠点という欠点は上記くらいだろうか。

img_0910_073_
さようなら、プリウス
解体業者に持っていくため、プリウスの鍵を引き渡す

●ありがとう、そしてさようなら、プリウス
ペーパードライバーの妻の練習用ということで、初代プリウスを譲ってくれた知人に感謝。
十分当初の目的を達成出来たが、30万キロ超えてもけなげに走り続けるプリウスに愛着を感じ始めたところだった。

解体するために、Gun auto tradeに引き渡すとき。
永久抹消登録時、ナンバープレートを陸運局に返納するときは、切なかった。

「30万キロ超えても良く走る!目指せ3のぞろ目(333,333km)」
は達成出来なかったが、私の初代プリウス維持記が初代プリウスを乗り続けている方々の今後の参考になれば幸いだ。

カラー写真は:
PENTAX 645N + FA645 200mmF4 + FUJIFILM RHPIII

モノクロ写真は:
CONTAX G1 + Planar T* 45mm F2 + Fujifilm NEOPAN1600SuperPRESTO
Self-developed:SPD(1:1) 20C 6:30

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他、高崎日帰り旅行時の写真

img_0910_817_
定刻を待つ
高崎駅にて
ちょうど良い感じに、車両前面だけ明るくなったかな。
PENTAX 645N + FA645 200mmF4 + FUJIFILM RHPIII

D51以外の写真を。
高崎駅の主役と言えば、115系ではなかろうか。

img_0910_816_
115系
長編成は見られないが、綺麗な115系を見ることが出来る。
PENTAX 645N + FA645 200mmF4 + FUJIFILM RHPIII

時間は少し戻るが、八高線も。

img_0910_801_
整理券発券機
キハ110系車内
高麗川駅にて
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + FUJIFILM RHPIII

img_0910_810_
乗車
高崎駅にて
もう少し左に振って撮れば良かったな・・・
PENTAX 645N + FA645 200mmF4 + FUJIFILM RHPIII

キハ110系は乗り心地も良く、2時間くらいの乗車は苦にならない。

けど、キハ35系時代が懐かしい。
あれは疲れたな(笑
すきま風も凄かったし。
偶に、キハ40/45が来ると、喜んで乗ったなぁ。

img_0910_820_
脇役
みなかみ号をプッシュしてくる。
渋い塗装色のDE10だ。
高崎駅にて
PENTAX 645N + FA645 200mmF4 + FUJIFILM RHPIII

img_0910_825_
指定席
12系客車
高崎駅にて
ブルーに白線がとても綺麗
PENTAX 645N + FA645 200mmF4 + FUJIFILM RHPIII

用事を済ませ、前橋付近で少し時間つぶしのため、上毛電気鉄道を乗り撮り鉄。

img_0910_843_
上毛電気鉄道700型 中央前橋駅にて
元京王3000系
通勤・通学時間帯以外は自転車をそのまま乗せることが出来る。
良いサービスだと思うが、車内はちょっと異様。
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + FUJIFILM RHPIII

img_0910_849_
上毛電気鉄道700型 上泉駅に進入
我々も、上泉駅で折り返した。
PENTAX 645N + FA645 200mmF4 + FUJIFILM RHPIII

| | コメント (2) | トラックバック (0)

修理上がりのD51 498を見に行く

img_0910_836_
D51 498
ピカピカだ。

1ヶ月前の秋休み。
プリウスの後継車を契約しに、群馬に向かう予定を立てたが、高速道は大混雑のようなので八高線で行くことにしよう。
調べてみると、D51 SLみなかみ号が復活するようだ。

img_0910_814_
プシューー
激しくかっこいい。
露出はかなり迷い、ボンネットの真っ黒部分をスポットで取って-2EV補正してみたが、ちと暗かったかな。

せっかくだから撮影しようと考え、PENTAX 645Nを担いで高崎駅へ。
久々の八高北線全線乗り通し。
八高線の車内は、それっぽい人が何人かいたな。

img_0910_813_
テンダー
テンダー式のSLは、やはり迫力があるね。
C10やC11には申し訳ないが。

ちなみにこのD51 498が、1972年の運用離脱前の最後に運行されたのが八高線。
復帰後も八高線を走ったことがあるようだ。
残念ながら、アホな人達のせいで、二度と実施されないようだが。

参考:yoshii のデジカメ&ネガ写真集 “SL八高号 〔D51 498号機+旧客4両〕” 1994年5月29日 八高線 越生-明覚間 にて撮影

img_0910_832_
旋回窓
撮りどころ満載だ。

人も多いし200mmのままでクローズアップを数枚。

img_0910_833_
煙突

img_0910_826_
激しく喫煙中?
SLもルールを守って喫煙所の近くで待機(笑

img_0910_827_
見守る
出発まで時間があるからか、ロープの外(つまり線路側)に入っても怒られないようだ(この写真撮影時はクリアーになっているが)が、きちんとロープの内側で撮っているこちらとしては良い迷惑だった。

発車時の汽笛は、マジで鼓膜が破れそうだったな。
高崎駅は、この後しばらく石炭臭かった。

写真は全て:
PENTAX 645N + FA645 200mmF4 + FUJIFILM RHPIII
2009/9/22 高崎駅にて撮影

| | コメント (8) | トラックバック (0)

巾着田の曼珠沙華2009

img_0909_485_
花びらのベッドで一休み
PENTAX 645N + A645 120mmF4 MACRO + FUJIFILM RHPIII

先月の話。
写真を撮り始めてから恒例になってきたが、巾着田の曼珠沙華を撮影してきた。
今回は、三脚もケーブルレリーズもマクロレンズもあるということで、良い写真が撮れる「ハズ」(笑

img_0909_479_
白曼珠沙華
しかし、露出不足・・・
PENTAX 645N + A645 120mmF4 MACRO + FUJIFILM RHPIII

去年の写真はこちら。
巾着田の曼珠沙華

去年も今年も天気に恵まれていないが、機材ばかり揃えておいて、写真が良くなっていない・・・
思いきって開放で撮って、前も後ろもぼかしまくった方が幻想的で良いのかな?
曼珠沙華は花が大きいから、無風時を狙ってなるべく絞り込んで撮影しようという作戦だったのだが、そういう単純な話では無いようだ。
まぁ、120mmのマクロ領域で、F16なんて絞り込んでいるうちに入らないかもしれないけれど。

img_0909_480_
そよ風との戦い
このくらいのシャッタースピードになると、そよ風が敵だな。
PENTAX 645N + A645 120mmF4 MACRO + FUJIFILM RHPIII

それでも、三脚を使って一枚一枚じっくり撮影すると、PENTAX 645Nの写真機としての一面を感じられて楽しかった。
朝早く行ったけど、中判カメラを使用している方を1名しか見かけなかったな。
CONTAX 645のようだった。
カメラ屋以外で初めて見たかも。

img_0909_498_
コスモス
PENTAX 645N + A645 120mmF4 MACRO + FUJIFILM RHPIII

まぁ、正直おまけのような感じではあるが、コスモス畑もある。

img_0909_499_
赤コスモス
PENTAX 645N + A645 120mmF4 MACRO + FUJIFILM RHPIII

花が軽く風での動きが大きいため、絞り開放付近で撮らざるを得ない。
結果、真っ正面からのベタな構図ばかり・・・

img_0909_509_
Lowepro ノバ200 AW ボルドーレッド
高麗駅前にて
値段と収納力で選んだカメラバッグ。
横田基地の時から使用中。
PENTAX 645N+レンズ3本+CONTAX G1 or G2+レンズ2本程度の運用を想定している。
これらに、フィルムやスペア電池を積めると、一杯・・・
PENTAX 645N + A645 55mmF2.8 + FUJIFILM RHPIII

| | コメント (2) | トラックバック (0)

友人の結婚式を白黒フィルムで

img_0910_136_
蝋燭立て
結婚式って、モノクロームの世界だよね

大学の友人の結婚式に招待されたので行ってきた。
場所は品川、御殿山ガーデン ホテルラフォーレ東京。

img_0910_114_
Hotel Laforet Tokyo
今回、もっとも白黒写真にはまった写真かと。

一時期、品川には隔週ペースで通っていたが、最近は全く訪れていない・・・

img_0910_111_
九重
ブライダルショールームのようだ。
結婚式場も大変だな。

大学の友人らとの席で、気を遣うこともなく、楽しい時間を過ごせた。
最近は仕事上、どうしても(私なりに)気を遣うことが多くて・・・

img_0910_120_
カット済みケーキ

暇な時間は、モノクロフィルム(NEOPAN 1600)を詰めたCONTAX G1で、シャキシャキと。
ポートレートはTLA 360を天井バウンスで使ったが、披露宴会場は天井が高く、いまいちな写真を量産してしまった・・・

img_0910_128_
バターケース?
これってなんて言うんだろう?
中にマーガリンが入っているんだけど。

そういえば、プロのカメラマンのメインカメラがEOS-1N、つまりフィルムカメラ。
挙式中などは、フィルムの給装音が結構目立つね・・・
また、披露宴会場では天井バウンスさせていたが、ちゃんと効くのかな・・・

img_0910_165_
2次会へ!
品川グランドコモンズにて

2次会は、駅を超えて品川グランドコモンズ内のアウトバック バー&グリルへ。

img_0910_180_
ビールサーバー
アウトバック バー&グリル 品川店にて

披露宴出席時に2次会に出ることは少ないのだが、やはり腹が苦しい・・・
あまり飲み食いできずに終わる。

歳かな・・・
ちょっと切ない。

写真は全て:
CONTAX G1 + Planar T* 45mm F2(最後の写真のみ、Biogon T* 28mm F2.8) + Fujifilm NEOPAN1600SuperPRESTO
Self-developed:SPD(1:1) 20C 6:30

| | コメント (2) | トラックバック (0)

伊豆旅行 駿豆線編

img_0909_455_
伊豆箱根鉄道 1300系(元西武鉄道新101系)
伊豆箱根鉄道 駿豆線 三島駅にて
ぴかぴかの新車に見えるが、乗り通す場合ロングシートは嫌だな。
ってことで、これには乗らず(苦笑
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + FUJIFILM RHPIII

伊豆旅行の2日目、少し乗り鉄したいと考えた。
最初、伊豆急行の伊東~下田間を乗り鉄しようと考えたが、片道1500円以上、2人で往復6000円・・・
却下!

img_0909_469_
虹の郷~
伊豆箱根鉄道 駿豆線 修善寺駅にて
前日訪れた虹の郷の看板。
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + FUJIFILM RHPIII

諦めて、修善寺駅から三島駅までの伊豆箱根鉄道駿豆線乗り鉄にした。
元西武鉄道の新101系も走っているしね。

img_0909_448_
ここでも自動改札・・・
伊豆箱根鉄道 駿豆線 修善寺駅改札にて
何というか、つまらないな。
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + FUJIFILM RHPIII

伊豆箱根鉄道駿豆線なら、乗り通しても片道500円、2人で往復2000円~
西武系はやっぱり安いな。

img_0909_451_
伊豆箱根鉄道 3000系のトップナンバー
伊豆箱根鉄道 駿豆線 修善寺駅にて
この後、これに乗って三島まで行ってみた。
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + FUJIFILM RHPIII

伊豆箱根鉄道駿豆線は現状、
・3000系
・7000系
・1300系
の3種類の電車がメインのようだ。
個人的には1300系が気になるところだが、乗り通すならクロスシートの方がいいよね。

img_0909_454_
JR東日本185系 踊り子号乗り入れ
伊豆箱根鉄道 駿豆線 どこの駅だったかな・・・で待ち合わせ中に。
PENTAX 645N + FA645 200mmF4 + FUJIFILM RHPIII(トリミング)

片道35分程度ではあるが、クロスシートのお陰で、ちょっとした鉄道旅行を味わえた。

img_0909_460_
伊豆箱根鉄道  7000系
伊豆箱根鉄道 駿豆線 三島駅にて
転換クロスシートのこの車両で修善寺に戻った。
快適快適。
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + FUJIFILM RHPIII

img_0909_467_
昭和の水道
伊豆箱根鉄道 駿豆線 修善寺駅にて
これが普通に使われているような時代に鉄道旅行をしたかった。
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + FUJIFILM RHPIII

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »