« パイオニア交響楽団 第20回定期演奏会を終えて | トップページ | E280、スロットルアクチュエータの配線を交換してもらう »

川越市立博物館

img_0911_315_
大仏様
ISO1600のフィルムでも、明るめに撮れば粒状性は気にならないレベルかと。
川越市立博物館にて(撮影許可済)
CONTAX G1 + Planar T* 45mm F2 + Fujifilm NEOPAN1600SuperPRESTO
Self-developed:SPD(1:1) 20C 6:30(以下全て同じ)

11月最後の日曜日。
川越フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会にパイオニア吹奏楽団のチラシを挟み込みに行った。
せっかくなので演奏も聴いて帰ろうと考え、川越市民会館近くの川越市立博物館・美術館で暇つぶしを。

img_0911_307_
川越城から川越市立博物館を望む
残念ながら、川越城は保存修理工事中。

この博物館に私は過去20年で2回ほど見学している記憶がある。
今回はカメラ片手ということで、何か撮影出来るかな?と考えて訪れたが、撮影するためには許可が必要とのこと。
しかしながら、身元を明らかにして申請すればその場で許可がおりると言うことで、生まれて初めて「撮影許可証」をもらってみた。

img_0911_310_
すみません、どなたか失念

最近、美術館も出来たので、セットの入場券を購入。
美術館が出来る前は、美術館の場所が駐車場だったと記憶している。

img_0911_312_
ツアー客への説明
昔の川越の模型。
今何が建っているかを交えながらの説明だったので興味深い。

時間が有ったので、太田道灌のビデオを全部観た(笑

img_0911_316_
はにゃ?
どこの博物館にもある展示物か。
中世~近世~現代に至る経緯は興味深いが、土器の世代には正直あまり興味が湧かないなぁ。

博物館は展示物への照明が素晴らしいので、何も考えずに撮っても絵になる気がする。

img_0911_319_
石焼きいも
今は亡き、サツマイモ資料館の展示物を引き取ったようだ。

1時間くらい、ビデオを観たり、説明文を読んだり、写真を撮ったりして過ごす。
学生時代は歴史、特に日本史に興味無かったけれど、この歳になって少し興味が湧いてきたかなぁ?

img_0911_324_
美術館へ

美術館は絵画中心で、撮影禁止。

img_0911_325_
博物館中庭
竹が立派に育っていた。

|

« パイオニア交響楽団 第20回定期演奏会を終えて | トップページ | E280、スロットルアクチュエータの配線を交換してもらう »

旅行・地域」カテゴリの記事

銀塩写真(CONTAX G1/G2)」カテゴリの記事

銀塩写真(自家現像)」カテゴリの記事

コメント

ISO1600でこの画質なら文句ないですね。。
しかし許可証をもらうとはスゴいですね。
私はまだそういったものは申請したことないです。。
しかし個人の趣味で撮る分にも許可降りるんですね。
石焼きイモカットがいいですね。

投稿: ぱれお | 2009年12月13日 (日) 23時38分

コメントありがとうございます。

ここ、許可証は簡単に取得できますよ。
もしかしたら、blogで公開NGかもしれませんが・・・

ISO1600ですが、ISO800で使っています。
G1の場合、45mmで1/20まで許容しているので、暗くても何とかなります。

投稿: やまりゅ~ | 2009年12月16日 (水) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33788/56584558

この記事へのトラックバック一覧です: 川越市立博物館:

« パイオニア交響楽団 第20回定期演奏会を終えて | トップページ | E280、スロットルアクチュエータの配線を交換してもらう »