« 法隆寺宝物館に行く | トップページ | E280、Fロアアームボールジョイントの交換 »

貸し暗室でモノクロプリントを学ぶ

IMG_3166
当日焼いた結果と、往路の予習に使った「暗室技法入門」

モノクロフィルム現像を自宅で実現出来るようになってからは、プリント(引き伸ばし)も自分自身で行いたいと考えてきたいたが、場所(暗室)、コスト等、現像以上に敷居が高い。
幸いなことに、レンタル暗室(貸し暗室)というサービスが都内にはあることを知り、高校からの友人とその先輩の3人で足を踏み入れてみた。

場所は新富町にある貸し暗室「ヒットオン」。
私のような未経験者のために「ビギナーズコース」が設けられているので、「プリントコース」を選択し予約。
初体験なので怖々?と訪れてみた。

●「焼いてみよう」から・・・
が、代表の林さんの「焼きたいネガを選んだら、早速焼いてみましょう」とのコメントで暗室に入室、20分後には3人とも早くも試し焼きをチェック出来る段階になった。
早!
先生がいて、設備・処理液もあらかじめ準備されている空間は素晴らしい!

覆い焼きも教えて頂き、我々3人は写真以外の話をほとんどせず、林さんから頂いたコメントをひたすら実践、3時間で5枚のネガを焼いた(引き伸ばした)であろうか。
1枚のネガを焼くのに、最低3枚は焼いているので、15枚以上焼いていると思う。

最初は現像液の中で像が浮かび上がるだけでも感動するのに、それからたった30分で「黒くつぶれた~もう少し抑えよう」とか、「もっとここを焼き込みたい」という欲望と、それへの対処を行ってみるとは、なんとも贅沢な話だと思う。

トイレに行く間も惜しんで、あっという間の3時間。
15枚以上の6つ切り紙を乾燥させ、ヒットオンを後にした。

満足というより、「今度はバライタ紙で焼いてみたい」とか、「違う被写体を写してきてまた来よう」が今回の感想。

●「ビギナーコース」の「プリントコース」で教えて頂いたこと
・引伸機・引伸レンズ・その他、引き伸し関係アイテムの使い方
・多階調印画紙のフィルターの選び方
・試し焼きと露出の選び方
・現像→停止→定着→洗浄→乾燥の流れ
・覆い焼きの仕方

全て、実際に自分のモノクロネガフィルムで実践出来るところがポイント。

●参考文献
林 伸吉氏のインタビュー記事(株式会社駒村商会のホームページより)
銀塩写真の現像処理・暗室作業は究極の楽しさ(イズハピより)

以下、書籍。
レンタル暗室に行く前に読む(予習)のも良いが、一通り学んだ後に読むと、また暗室に行きたくなるな(笑

|

« 法隆寺宝物館に行く | トップページ | E280、Fロアアームボールジョイントの交換 »

銀塩写真(自家現像)」カテゴリの記事

コメント

30年近く前に少しの間だけ引き伸ばしをやってました。フィルムはTri-X、4号印画紙に覆い焼きをせず露光。てきとーでした。とくに覆い焼きは型抜きが面倒で手を出しませんでした。先生と直接話しながら始められる、しかも道具は揃ってるというのは確かにすばらしいですね。

投稿: 朱さん | 2009年12月30日 (水) 20時54分

お誘いありがとうございました。
とてもいい経験ができました。
写真は額に入れてリビングにかざってみました。
大変満足。
昔の旅行写真を焼きに年明けにもう一度行ってみようかなと考え中です。

投稿: とものぶ | 2009年12月31日 (木) 17時14分

私も昔ちょっとだけモノクロ現像&プリントをやってました。

大きなプリントになると結構時間もかかるので大変でしたが、楽しいですよね。
あの大きなパレットを3つも並べるのは一般家庭では難しいでしょうね。

投稿: ぱれお | 2010年1月 1日 (金) 23時00分

あ、挨拶を忘れていました。
あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします.

投稿: ぱれお | 2010年1月 1日 (金) 23時01分

朱さんさん:

コメントありがとうございます。

Tri-X、これをD76で現像するのが古よりの定番らしいですが、白黒はKodakをまだ使っていません。。。
単純に、フィルムとスーパープロドール(SPD)の入手性の良さからですけれど。

覆い焼きと言っても、型を作ってはおらず、手や定形のマスクでやっただけです。専用の型を作るのは大変でしょうね。

投稿: やまりゅ~ | 2010年1月 3日 (日) 21時39分

とものぶ氏:

「昔の旅行写真」というのは良いですね~
写真の基本的な楽しみ方というか。

残念ながらうちには、父の高校~大学時代のネガ以外、白黒は無いです・・・
なんか見つからないかなぁ・・・

投稿: やまりゅ~ | 2010年1月 3日 (日) 21時40分

ぱれおさん:

4つ切りが入るパレットを3つ並べるのは大変ですよね。
簡易暗室の場合、上下に並べるそうですが、作業性は悪そうです。

簡易暗室:
http://www.google.co.jp/hws/search?hl=jaq=%E7%B0%A1%E6%98%93%E6%9A%97%E5%AE%A4client=fenriradsafe=offsafe=offlr=lang_ja

投稿: やまりゅ~ | 2010年1月 3日 (日) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33788/56584562

この記事へのトラックバック一覧です: 貸し暗室でモノクロプリントを学ぶ:

« 法隆寺宝物館に行く | トップページ | E280、Fロアアームボールジョイントの交換 »