« G Planarを絞り開放付近で使ってみる | トップページ | 太平洋セメント埼玉工場専用線散策 »

T-MAXを現像する

img_1001_085_
シェルティー
我が家の愛犬。
最近、シェルティーって人気無いのかな。
優秀で飼いやすい犬だと思うのだが?
義父から借りた550EXで天井バウンス撮影。
CANON EOS-1NHS + EF24-105mm F4L IS + Kodak T-MAX 400
Self-developed:T-MAX Dev.(1:4) 20C 7:00
2010/1/9(以下、全て同じ)

●初T-MAX現像
T-MAX400(TMY)の135-36と120、T-MAXデベロッパーを購入した。
EOS-1N HSのテストがてら、使って現像してみた。

img_1001_056_
石フクロウ
やっとEOS-1NHSの中古を三宝カメラで購入。
せっかくだからLレンズとの組み合わせでチェックと義父からEF24-105F4Lをお借りした。

●現像
フジのスーパープロドール(SPD)では1:1希釈現像をしていたが、T-MAXデベロッパーで希釈現像をすると高くつきそうなので、標準液(1:4希釈)で使い回すことにする。
現像すると、液がオレンジ色になることにまずは驚く・・・

img_1001_057_
道端で
ちょっとピントが甘いような。
EOS-1N+F4のレンズだと、中央でも横線検出センサーが働かないようなので、精度が出ないのか・・・
それとも手ぶれ?
手ぶれ補正に頼りすぎかな?

●停止・定着・洗浄・・・失敗!?
停止後、定着、洗浄・・・
しかし!
洗浄し終えてつるしてみると、何かおかしい。
ピンクがかっているし、フィルム端がピンク!
これは話に聞いていた「定着不足」か。
Web上の情報で読んではいたが、実際に定着不足を目にすると、「定着液に負担をかけるT-MAX」を実感する。

くたびれた定着液(フジ スーパーフジフィックス)なのと、定着寺間不足(NEOPANの場合、3~4分しかしていない)であると判断、やむを得ずもう一度リールに巻き、2分定着し直し、洗浄し直し・・・
結果、完全にピンクは抜けないが、おかしなレベルでは無くなったのでとりあえず良しとする(耐久性が気になるが)。
次は定着液を作り直し、NEOPANの倍の時間、定着しよう。。。

img_1001_068_
制水弁
あくまで試写であるので、こんなものも撮ってみた。
夕日を浴びて目立っていたので。

●スキャンして見て
スキャンして見ると、他の方々の結果同様、滑らかで粒状性を感じさせない画像に満足。
特にハイライトがリアルだと感じる。

しかし、粒状性を感じないお陰か、カメラのピントの甘さが露呈するような?

img_1001_069_
止まれ!
せっかくなので、通行車両を待ってみた。
視野率の高いファインダーは、スキャン時も気持ちいいかも~。

●他のフィルムも
NEOPAN PRESTOもT-MAXデベロッパーで現像してみよう・・・
SPD、標準現像では評判良くないみたいだし。

T-MAXデベロッパー、現像時間を増やしていくことで、1L当たり12本現像出来るらしい。
本当にそうであれば、1ガロンで40本ほど現像出来ることになるが、さて?

|

« G Planarを絞り開放付近で使ってみる | トップページ | 太平洋セメント埼玉工場専用線散策 »

銀塩写真(CANON EOS)」カテゴリの記事

銀塩写真(自家現像)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

やはりT-MAXは繊細で軟らかな描写ですね。
PCのレタッチ次第では硬くも出来るので、絵作りで振っていける自由度の高いフィルムだと思います。
T-MAXデベロッパーは確かに高価で、他の現像液と比較しても抜きん出て高いですね。
ただ、TRI-Xなども織り交ぜながら1:4原液の1ガロン使い回しで30本まではやりましたが、レシピ通り12本毎の時間延長でどうにかなりました(定着はフジフィクスで5分実施です)。
液温を24℃まで上げるのもけっこう大変ですが、その時に室温との差が大きいと撹拌中に液温が低下し始めるのも早目にやってくるので冬期は注意、部屋を充分に暖めてからGoです。

投稿: kgr2007 | 2010年1月11日 (月) 23時22分

お~、T-MAXの自家現像ですね~。
いかにもらしい写りですね~。
ネガのパールトーンが目に見えるようです。
このフィルム、パフォーマンスは素晴らしいんですが、現像代が高いのがネック・・・
だから自家現像派の方々がうらやましいです。
最近、カラーネガのEktarを使ってみましたが、あれはT-MAXのカラーバージョンみたいな感じですね。
微粒子でシャープネスが高く発色も良いです。
スキャン後、モノクロ化してみたら、案の定T-MAXっぽい画が出てきました。
これだとC-41で現像できるので、120一本500円・・・
T-MAX代わりに使ってやろうかと思ってます。^^v

投稿: 黒顔羊 | 2010年1月13日 (水) 18時32分

kgr2007さん:

アドバイスありがとうございます。

1200円で30本・・・
確かに、SPDあたりと比べると高価ではあります。

SPDの5L用は650円程度なので、これを1:1希釈で使っても、25本行けますしね。。。

液温は20度でやっています。
攪拌棒の中心に温度計させるので、それで見ながら・・・

投稿: やまりゅ~ | 2010年1月13日 (水) 21時15分

黒顔羊さん:

コメントありがとうございます。

おっしゃる通り、Ektar、超微粒子なので、白黒化するとT-MAX100?のようですね。

しかし、Ektarは高い!
PORTRA160あたりとどれくらい違うのでしょうか。
粒子感より、彩度が違うように思いますが。

フィルム現像、白黒プリントをしないのであれば、カラーフィルター効果を使って白黒化出来る、カラーネガからの白黒化もメリットありますよね。

投稿: やまりゅ~ | 2010年1月13日 (水) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33788/56584566

この記事へのトラックバック一覧です: T-MAXを現像する:

« G Planarを絞り開放付近で使ってみる | トップページ | 太平洋セメント埼玉工場専用線散策 »