« 兵庫出張 | トップページ | 檜原村 払沢の滝へ »

浜離宮恩賜庭園と、白黒プリント2回目

img_1001_310_
マッシュルーム?
ライティングが良く、今回もっともお気に入りの1枚。
CONTAX G1 + Planar T* 45mm F2 + Kodak ELITECHROME ExtraColor(EBX)

浜離宮恩賜庭園
友人T氏達と、午後からモノクロラボ・ヒットオンでプリント会をしようと約束。
せっかくなので、午前中は近場で撮影会をしようと。

調べてみると、一度行ってみたかった浜離宮恩賜庭園が徒歩圏内に。
新橋駅で集合し向かった。

この撮影会、フィルムとカメラの選択に迷った。
午後がモノクロのプリント会なので空気を読むと白黒フィルムだろうが、最近35mmのポジフィルムを使っておらず、消費期限切れになりつつあるので無理矢理消費しようと。
あまり荷物を多くしたくないので、CONTAX G1ボディー1台に、45mmと90mmを持って行った。

img_1001_306_
日テレ大時計
露出迷ったが、何とか1枚で。
CONTAX G1 + Planar T* 45mm F2 + Kodak ELITECHROME ExtraColor(EBX)

途中、日本テレビの「日テレ大時計」を見学。
こういう被写体、ポジフィルムだといろいろ迷う・・・
リッチにブラケット撮影すれば良いが、目的地到着前からフィルムを消費するのも気が引ける。
茶色い部分をファインダーの大半に入れ、-0.7EV補正をかけてAEロックし撮影。
結果、いい感じになったと思うが。

img_1001_312_
雪吊り
ここではそんなに雪降らないと思うけどな~
CONTAX G1 + Planar T* 45mm F2 + Kodak ELITECHROME ExtraColor(EBX)

土曜日午前の浜離宮恩賜庭園は、人が少なくて快適だった。
都心にこんな静かなところがあるなんて。

img_1001_315_
芳梅亭
借りられるらしい。
さて、何に使う?
CONTAX G1 + Planar T* 45mm F2 + Kodak ELITECHROME ExtraColor(EBX)

Planar 45mmで撮影した後、Sonnar 90mmに交換。
天気が良かったのでISO100ポジでも快適に撮影が出来た。

EBXの出来上がり、色味的にかなり誇張されているが、これはこれで楽しいかな。
そういえば、ExtraColorでは無い、普通のEliteChorome100(EB)は使ったことが無い。
今度買ってみよう。

img_1001_324_
可美真手命(うましまてのみこと)銅像
CONTAX G1 + Sonnar T* 90mm F2.8 + Kodak ELITECHROME ExtraColor(EBX)

●モノクロプリント、2回目
午後、ヒットオンに向かった。

前回は初心者コースで、林さんからいろいろ教えてもらいながらの作業だったが。
今回は基本、一人で作業(機材の違いなどは教えてもらえる)。

img_1001_327_
潮入の池
お伝い橋より
CONTAX G1 + Sonnar T* 90mm F2.8 + Kodak ELITECHROME ExtraColor(EBX)

最初少し手間取ったが、すぐに慣れ、楽しく作業。

今回は、身近な人のポートレート・愛犬を中心にプリント。
風景画と違い、なるべく柔らかく表現したかったので、1~2号フィルターを中心に使用。
女性の顔は、少し明るめに。
男性の顔は、彫り深く・・・
など、工夫しどころ満載。

img_1001_330_
橋と松
CONTAX G1 + Sonnar T* 90mm F2.8 + Kodak ELITECHROME ExtraColor(EBX)

またまた、あっという間に3時間経過。
恐ろしい。

img_1001_333_
中島の御茶屋
CONTAX G1 + Sonnar T* 90mm F2.8 + Kodak ELITECHROME ExtraColor(EBX)

3時間で6種類くらい。
1枚作るのに、最低2枚は試し焼きしないといけないから、30分はかかる感じかな。
今回は、人にあげる用のプリントもしたので、仕様を決めてからの複数枚プリントもしたけれど。
覆い焼きなどをしているから、完全に同じプリントは出来ないね。

|

« 兵庫出張 | トップページ | 檜原村 払沢の滝へ »

銀塩写真(CONTAX G1/G2)」カテゴリの記事

銀塩写真(自家現像)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

EB-3の上から下まで懐の広いラチチュードは、ぜひブローニーで欲しいと思わせるフィルムです。
場面やレンズとの相性によってはちょっと黄色っぽくなる傾向がありますが、そこはまぁKodakですから(笑)。
同じ味付けのポジフィルムといえばアスティアですが、価格の違いから私は迷わずEB-3、しかし決して安かろう悪かろうではないところがいいです。

モノクロプリントの“二度と同じプリントは得られない”という行がデジタルとは大きく違う、まさに手作り感溢れる言葉だと思います。

投稿: kgr | 2010年2月 7日 (日) 18時28分

EBX、シャドウの締まり方がシャープで、ネガフィルムとは大違い・・・
いかにもリバーサルフィルムって感じですね。^^
2枚目の大時計、露出決定の考え方、とても参考になりました。^^
私なら迷わず段階露出してる被写体ですね~。^^
レンタル暗室でのプリント作業、楽しそうですね。
うちの近くに公共施設付属の暗室があって、一日1500円ぐらいで借りられるらしいです。
そのうち友人とプリントも試してみたいな~と思ってますが、いつのことになりますやら・・・^^;

投稿: 黒顔羊 | 2010年2月 7日 (日) 19時47分

レンタル暗室に気軽に行ける環境があって羨ましいです。
一昨年くらいまで自宅でたまに現像していましたが、どうしても埃やキズが付きやすかったり、現像にばらつきが出やすいので、最近はもっぱら専門業者さんと郵送でやり取りしています。ちとお高いのが難点ですが…。

やまりゅ〜さんのGシリーズでの写真を見ると、自分も使いたくなってきますが、フィルムも高くなりましたねぇ。

投稿: dora | 2010年2月 9日 (火) 01時10分

kgrさん、コメントありがとうございます。

EB-3、使ってみようと思います。
ブローニーポジは選択肢が少なくてつまらないですね・・・
手持ちでも写したいので、ISO400を希望しているのですが、高価なプロビア400Xしか無いので・・・

投稿: やまりゅ~ | 2010年2月 9日 (火) 23時24分

黒顔羊さん、コメントありがとうございます。

ポジは、このラチチュードの狭さ、コントラストの強さを、どう生かすかですよね。
スキャンすると、美しさが表現出来ないのが難点ですが・・・

露出の考え方、黒顔羊さんにそう言われると恐縮です。
CONTAXのカメラは、一眼レフでもGシリーズでもAEロックしやすいので、AEロック多用で普通は露出補正使っていません。

暗室、1日1500円は安いですね・・・
引き伸ばし機も準備されているのでしょうか。
液体類は全て自前で用意なんでしょうけれど。

投稿: やまりゅ~ | 2010年2月 9日 (火) 23時29分

doraさん、コメントありがとうございます。

私が鈍感なだけなのか、失敗らしい失敗は経験していないです。
確かに自家現像、フィルム周辺が現像過多になっているようには感じます。
マスコタンクを使うと改善出来るのか、興味有るところです。

フィルム運用、コストよりも現像出来るところが限られているのが辛いです。
特にブローニーは。

135のポジは、kodak系ならまだ何とかなりますよ。
フジ系は1000円近いので辛いです。

投稿: やまりゅ~ | 2010年2月 9日 (火) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33788/56584571

この記事へのトラックバック一覧です: 浜離宮恩賜庭園と、白黒プリント2回目:

« 兵庫出張 | トップページ | 檜原村 払沢の滝へ »