« 檜原村 「森のささやき」他 | トップページ | 川越を中望遠レンズで »

春前の小石川植物園

img_1002_428_
東京大学総合研究博物館
大層な名前だが、それに見合う立派な外観。
中に入る時間は無かった。残念。
CANON EOS-1NHS + TAMRON AF90mm F2.8 Macro + Fujifilm NEOPAN1600SuperPRESTO(EI800)
Self-developed:T-MAX Dev.(1:4) 21C 5:00

友人T氏に誘われて、小石川植物園に撮影しに行ってみた。
正直、この季節の植物自体にはそれほど興味は無いが、どんな感じなのか気になっていたし、こういう場所で被写体を探すのも楽しいと考え。

img_1002_359_
狙う
友人T氏、愛機OM-1での撮影中。
CANON EOS-1NHS + TAMRON AF90mm F2.8 Macro + Kodak T-MAX 400(EI800)
Self-developed:T-MAX Dev.(1:4) 21C 7:00

カメラはEOS-1Nを選択。
レンズは、直前に三宝カメラで中古購入した「TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1(272E)」と、50mm F1.8II。

img_1002_366_
ROLLEIFLEX
K先輩のカメラ。
なんて絵になるカメラだろうか。
CANON EOS-1NHS + TAMRON AF90mm F2.8 Macro + Kodak T-MAX 400(EI800)
Self-developed:T-MAX Dev.(1:4) 21C 7:00

植物園内では、90mmでさくさく撮影。
この画角、風景を切り出す感じで、個人的に大好き。
MACROレンズなので、最短撮影距離も気にせずに使えるのがGood!

img_1002_370_
人面?
CANON EOS-1NHS + TAMRON AF90mm F2.8 Macro + Kodak T-MAX 400(EI800)
Self-developed:T-MAX Dev.(1:4) 21C 7:00

EOS-1Nのフォーカシングスクリーンも、Ec-b(ニュースプリット)に交換。
交換してから気づいたが、EOS-1Nといえども、AFをそれほど信頼出来ないね・・・
半分くらいの撮影はMFにして、ピント合わせ。
しかし、ピンぼけのリスクが大幅に減って、このカメラでの撮影が楽しくなった。

img_1002_375_
石段の向こう
良い感じの木漏れ日。
CANON EOS-1NHS + TAMRON AF90mm F2.8 Macro + Kodak T-MAX 400(EI800)
Self-developed:T-MAX Dev.(1:4) 21C 7:00

フィルムは、T-MAX400と、NEOPAN1600SuperPRESTO。
どちらもEI800で運用。
結果としては・・・
粒状性の細かさでは、T-MAX400。
中間調の豊かさでは、NEOPAN1600かなぁ?

img_1002_425_
ダブルX
日本庭園ゾーンにて。
CANON EOS-1NHS + TAMRON AF90mm F2.8 Macro + Fujifilm NEOPAN1600SuperPRESTO(EI800)
Self-developed:T-MAX Dev.(1:4) 21C 5:00

園内をぐるりと一周。
予想していたより楽しくて満足な一日だった。
春や秋は、花や実で賑やかなのだろうなぁ。

img_1002_435_
コーヒータイム
歩き疲れたので白山のカフェで休憩。
CANON EOS-1NHS + EF50mm F1.8II + Fujifilm NEOPAN1600SuperPRESTO(EI800)
Self-developed:T-MAX Dev.(1:4) 21C 5:00

img_1002_436_
ROLLEIFLEXその2
白山のカフェでじっくりと。
しかし、このカメラを使いこなすのは難しそうだ。。。
CANON EOS-1NHS + EF50mm F1.8II + Fujifilm NEOPAN1600SuperPRESTO(EI800)
Self-developed:T-MAX Dev.(1:4) 21C 5:00

|

« 檜原村 「森のささやき」他 | トップページ | 川越を中望遠レンズで »

銀塩写真(CANON EOS)」カテゴリの記事

銀塩写真(自家現像)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

氏のローライはクセノタールのようで、プラナーとはまた違った描写なんでしょうね。
メーターも無し・ストラップも付けていないと二眼レフでもそれなりにスパルタンな雰囲気が出ているのが意外でした。
「チャッ…」というシャッター音がいいですよねぇ…

投稿: kgr | 2010年3月12日 (金) 09時37分

kgrさん、おはようございます。

レンズはおっしゃる通りのようです。

実は、私は撮影していません・・・
いろいろ考えることが多く、難しそうで。
非常にスパルタンなカメラですね。

投稿: やまりゅ~ | 2010年3月13日 (土) 09時45分

90mmマクロ、私も近々購入予定です。。
しかもおなじ三宝カメラで。。

EOS-1nの頃はAFはまだ過渡期なので信頼性はあまりないですよ。。
MFもEOSは1vになってからやっと使いやすくなったし。

投稿: ぱれお | 2010年3月13日 (土) 22時58分

90mmマクロ、フジヤには玉が無いんですよね・・・

EOS-1Vの方が、MFしやすいというのは実感しました。
単純に、フォーカシングスクリーンが暗いということでもあるようです。

私の1NにはEc-bを入れたので、なんとかなっています。
しかし、やはり1V欲しくなりますね・・・

投稿: やまりゅ~ | 2010年3月13日 (土) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33788/56584574

この記事へのトラックバック一覧です: 春前の小石川植物園:

« 檜原村 「森のささやき」他 | トップページ | 川越を中望遠レンズで »