« 鶴ヶ島シティーオーケストラ 「さわやかコンサート」 | トップページ | 江差・青森旅行4日目 弘前観光 »

江差・青森旅行3日目 八甲田丸と津軽鉄道

54750018_
飲み鉄
津軽鉄道 旧客車内
車内で購入したスルメと日本酒。
CANON EOS-1NHS +  EF50mm F1.8II + Kodak ELITECHROME 200(ED)

またまた1ヶ月空けてしまった・・・
いろいろあって、blogにじっくり取り組む気力が。

3日目は、午前中は「青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸」の見学、午後は五所川原に移動し「津軽鉄道乗り鉄」をする予定とした。

54770037s
青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸
入り口付近より。
このマスコットは可愛い。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak PORTRA400NC

八甲田丸までは、ホテルから徒歩で10分程度。
可動橋・車両搬入口や、船体外観の写真を撮影して、船内へ。
ここでも、ブリッジ修復中とのことで、入館料が割り引きになっていた。
安いのは結構だが、せっかく来たのにブリッジに入れないのは少々痛いなぁ。

img_1002_674_s
洞爺丸
洞爺丸の事故が無かったら、どうなっていただろうか。
青函トンネルは完成していたか?
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + ILFORD DELTA 3200 PROFESSIONAL(EI1600)
Self-developed:T-MAX Dev.(1:4) 20C 8:30(以下、白黒画像は全て同じ)

しかし、いつ聞いても洞爺丸の事故は心が痛む・・・

img_1002_694_s
エンジンコントロールルーム
アナログな計器が並んでいてかっこいい。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + ILFORD DELTA 3200 PROFESSIONAL(EI1600)

船内では、G1+Biogon28mmにDELTA3200の組み合わせのみ使用。
船内でも照明下では十分に絞ることが出来るし、エンジンルームや車両デッキ等、照明が不十分なところでも何とか撮影可能だ。

img_1002_682_s
キハ82
はっきり言って不気味。
ここを訪れたのは2回目だが、1回目は鉄道甲板に人が全くおらず、本当に怖かった。
今回は人がいたし、少し明るくなった?ようで、不気味さ減少。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + ILFORD DELTA 3200 PROFESSIONAL(EI1600)

念願の鉄道甲板撮影も行い、満足して八甲田丸を後にした。

54750008s
市場
青森AUGAの地下、新鮮市場
CANON EOS-1NHS +  EF50mm F1.8II + Kodak ELITECHROME 200(ED)

昼食は、AUGA地下の新鮮市場にて。
海産物に飽きて、ラーメンを食べた後の1枚だが・・・
このとき、代金を払い忘れ。
AUGAを出るときに気づいて直ちに引き返し、店の方に謝って支払い。
少し呆れられたような感じではあったが、特にとがめられることは無く助かった・・・

その後、青森駅から特急つがるに乗って弘前駅に向かい、五能線に乗り換えて五所川原駅へ。

54750013s
オハフ
通称「ストーブ列車」、要は旧客。
大井川鐵道でも乗ったが。
津軽五所川原駅にて
CANON EOS-1NHS +  EF50mm F1.8II + Kodak ELITECHROME 200(ED)

五所川原駅から、ほとんど同じ駅と言える津軽五所川原駅へ。
接続する津軽鉄道線へ。

54750016_
だるまストーブ 
津軽鉄道 旧客車内
CANON EOS-1NHS +  EF50mm F1.8II + Kodak ELITECHROME 200(ED)

接続が比較的良く、あまり時間もないのでささっと写真撮影をし、(奥津軽トレイン)アテンダントさんに迎えられ、いざストーブ列車内に。
ちなみにストーブ列車に乗るには、乗車券の他、ストーブ列車乗車券300円が必要。
飲み鉄するならさらに、日本酒300円、するめ300円が必要。
するめはかなりの量でお買い得だし、アテンダントさんがだるまストーブで焼いてくれるので、是非買うべき!

おじさん・おばさんの観光客と一緒に、アテンダントさんの案内を聞きつつ、酒を飲みつつ、旧客の悪い乗り心地(笑 に揺られつつ・・・

どこかのおじさんが言った。
「オレは乗り鉄じゃ無くて『飲み鉄』」
確かに、車での旅行では道中、気楽に酒を飲めない。
鉄道旅行の魅力の一つかと。

そんなことを考えていると、あっという間に終点へ。

54750027s
津軽中里駅
このときばかりは、200mmくらいのレンズが欲しかったかも・・・
CANON EOS-1NHS + TAMRON AF90mm F2.8 Macro + Kodak ELITECHROME 200(ED)

なかなか魅力的な観光列車だが、普通の車内も体験したく、復路は通常車両(ディーゼル機関車後ろのディーゼル車)で戻った。

54750032s
ここに古里がある
津軽五所川原駅
入れ替え中の機関車と一緒に。
CANON EOS-1NHS + TAMRON AF90mm F2.8 Macro + Kodak ELITECHROME 200(ED)

この日、チリ地震の影響で、五能線は海岸部分が運休、青森駅でも海峡線が運休で北海道までの連絡手段途絶と、混乱を体験してしまった。

|

« 鶴ヶ島シティーオーケストラ 「さわやかコンサート」 | トップページ | 江差・青森旅行4日目 弘前観光 »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

銀塩写真(CANON EOS)」カテゴリの記事

銀塩写真(CONTAX G1/G2)」カテゴリの記事

銀塩写真(自家現像)」カテゴリの記事

駅写真」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
ストーブ酒にだるまストーブ、焼いてくれるサービスまでとは…いいですねぇ。
目的地までなるべくゆっくり運んでくれる列車だとなおいいですね(笑)。

投稿: kgr | 2010年6月 6日 (日) 08時16分

kgrさん、コメントありがとうございます。

コメント遅くなりすみません。

飲み鉄、最高ですね。
残念ながら、乗車時間はそれほど長くは無い(40分程度)ですけれど。

投稿: やまりゅ~ | 2010年6月12日 (土) 17時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33788/56584581

この記事へのトラックバック一覧です: 江差・青森旅行3日目 八甲田丸と津軽鉄道:

« 鶴ヶ島シティーオーケストラ 「さわやかコンサート」 | トップページ | 江差・青森旅行4日目 弘前観光 »