« 2010年5月 | トップページ | 2010年9月 »

江差・青森旅行4日目 弘前観光

54790026_s
追手門へ
巡回バス運行前だったので、弘前駅から歩いて追手門までやってきた。
結局、バスは使わなかったな。
往復1時間弱かかるが、市街をぶらぶらするのが目的だからねぇ。
CANON EOS-1NHS + TAMRON AF90mm F2.8 Macro + Kodak PORTRA800
弘前市街にて

時間が空きすぎてしまったので、最終回にする。。。
鉄道ネタなど、他にも写真はあるが。

54790018_s
カメラバッグと
左奥に放置しているのも私のバッグ。
右奥は五能線。
CANON EOS-1NHS + TAMRON AF90mm F2.8 Macro + Kodak PORTRA800
弘前駅にて

最終日は、帰路の列車まで弘前観光をしようと考えた。
朝食食べてすぐにホテルをチェックアウト。
特急に乗って弘前駅へ。

だがしかし、観光用の巡回バスはまだ走っておらず、せっかくなので徒歩で弘前城に向かった。

img_1002_717_s
追手門
この日撮った写真の中で、一番のお気に入り!
しかし、紙焼きしたけれど上手く焼けない・・・
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak T-MAX 400(EI640)
Self-developed:T-MAX Dev.(1:4) 21C 7:00
弘前公園 追手門前

雪深い弘前公園を散策。
こんなに雪が積もっているところを歩いたの、人生で始めてかも~。

54790032_s
天守
本丸では無いが、現存する数少ない天守の一つらしい。
残念ながら、この時期は史料館になっている中には入れず。
CANON EOS-1NHS + TAMRON AF90mm F2.8 Macro + Kodak PORTRA800
弘前公園にて

追手門から入って、護国神社参拝の後、北門へ。

img_1002_743_s
石場家
100円払うと見せて貰える。
現在でも住居として使われているようだ。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak T-MAX 400(EI640)
Self-developed:T-MAX Dev.(1:4) 21C 7:00
弘前市街 石場家住宅(石場屋酒店)

石場家を見学、ここで帰路のお供(じょっぱり)を購入し、津軽藩ねぷた村の「大かまど飯津軽旨米屋」で昼食。
中央弘前駅界隈を散策し、弘前駅に戻るルート。

img_1003_007_s
オロナミンC
中央弘前駅の少し北。
昭和な雰囲気の商店街があった。
CANON EOS-1NHS + TAMRON AF90mm F2.8 Macro + Kodak T-MAX 400(EI640)
Self-developed:T-MAX Dev.(1:4) 21C 7:00
弘前市街

img_1002_737_s
日本聖公会弘前昇天教会教会堂
中央弘前駅を見学後、弘前駅へ。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak T-MAX 400(EI640)
Self-developed:T-MAX Dev.(1:4) 21C 7:00
弘前市街

img_1003_024_s
じょっぱりをお供に
石場屋酒店で買った「じょっぱり」、津軽鉄道で買って残っていた「するめ」、車内販売で買った「ほやの干物」で一人乾杯。
指定席、ガラガラで快適~
CANON EOS-1NHS + EF50mm F1.8II  + Kodak T-MAX 400(EI640)
Self-developed:T-MAX Dev.(1:4) 21C 7:00
特急「つがる」車内にて

img_1003_025_s
八戸駅構内
CANON EOS-1NHS + EF50mm F1.8II  + Kodak T-MAX 400(EI640)
Self-developed:T-MAX Dev.(1:4) 21C 7:00

弘前駅から・・・
弘前、青森、八戸(乗り換え)、盛岡、仙台、大宮
と、最小限の停車駅で埼玉に戻る。
早い&速い

しかし、新幹線は混んでいてびっくり。
「つがる」はガラガラなのに。
やはり、スーパー白鳥からの乗り換えがメイン?

img_1003_030_s
キス
私は初めてだが、未だに撮影している人多いのね(笑
CANON EOS-1NHS + EF50mm F1.8II  + Kodak T-MAX 400(EI640)
Self-developed:T-MAX Dev.(1:4) 21C 7:00
盛岡駅

往路に比べて、非常にあっさりと。
また、「あけぼの」に乗りたいなぁ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年9月 »