« 2010年7月 | トップページ | 2010年12月 »

ティーダ、燃費・メンテナンス情報公開

久々のティーダ(C11)ネタ。
正規ディーラーの認定中古車で整備ネタなど全く無いので、燃費ネタを。

ティーダの燃費・メンテナンス記録ページは、かなり前に作っていたのだが、公開していなかったようだ。

ティーダ燃費・メンテナンス記録シート
(右の「やまりゅ~関連」にもリンク追加)

●ティーダ(15M)の燃費:12.5~14.5km/L
あと1ヶ月で丸1年、11ヶ月でおよそ8000km走行した。
燃費は、最悪の11.18km/Lを除けば、おおよそ12.5~14.5km/L程度のようだ。
走行条件としては:
・埼玉県西部、片道20kmちょいの通勤路を、30~40分で走行するのが主(平均車速30~40km/h)
・休日は数km圏内の買い物に利用(燃費は相当悪い使い方と思われる)
・夏場は遠慮無く冷房使用
・暖気は一切しない(ただし、夏場で娘を乗せるときだけ冷房を事前に効かせる)

1.5Lのガソリン車として、まぁ満足かな。
父や私が北海道・函館でレンタカーを借りた際、また、父が青森で使った際の実績では、15~20km/Lは走っている。
このくらいの排気量だと、平均車速によって燃費は大きく変化するのだろう。

ちなみに、E280(W124)だと、ほぼ同走行条件で7.5~9.5km/Lだ。
比較すると、ティーダは同燃料量で1.5倍走ることになる。
実際には、ティーダ:レギュラー、E280:ハイオクの違いもあるので、燃料代は1.7倍くらい違うことになるけど。

「だからどうした?」という感じか。
W124クラスの古い車の場合、維持費に対する燃料代は、大した割合では無いからねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

E280、右ウィンカーレンズ剥がれて紛失(2回も)

こちらのブログも放置気味。
調べてみると、今年になってから1度も書いていないのか・・・
しかし、E280も260Eも頑張って維持しているので、記事を書いていくことにする。

IMG_3979s
ウィンカーレンズ・レスの状態・・・
非常にクリアーな状態ですな(泣)

本題。
我がE280の右ウィンカーレンズが、剥がれて紛失する事象が2回もあったので報告する。

W124やW201で、ウィンカーレンズ脱落の話は良く聞く。
Web上の情報を読むと、脱落は2パターンあって、
1.ウィンカーユニット毎脱落
2.ウィンカーレンズだけ剥がれて脱落
のようだ。

私の車の場合、2回とも「2.」のレンズだけ剥がれて脱落。
1回目は、2009/6の小淵沢ドライブ時。
2回目は、つい最近、2010/8末の宇都宮ドライブ(ブログ未掲載)時だ。

残念ながら、2回とも脱落したことを気づけず。
レンズを回収出来なかったので、結局のところ、「1.ユニット毎脱落」も「2.レンズだけ剥がれて脱落」も同じく、ウィンカーユニット毎手配する必要がある。
(ユニット毎脱落の方が、配線へのダメージが大きくて面倒くさいかもしれない)

●1回目(2009/6)
1回目は、ヤフオクで純正品を入手。
しかし、純正品中古は、大半の場合、1993~94年製であるので、レンズにちょいと力を入れると、ペリッと簡単に剥がれる。
仕方なく、樹脂用接着剤で接着を試みるが、ウィンカーユニットを押し込む時にパキッと音がして剥がれてしまう。

押し込む時に力がかかること、走行中の振動などに対応するため、ゴム系接着剤が良いとの情報を得たので、ゴム系接着剤で接着。
今度は問題無く接着でき、ウィンカーユニットを装着出来たが、’93以降のクリアータイプのウィンカーでは、周辺が黄色くなってちとかっこわるい・・・

IMG_3980s
2回目の対応、社外品ウィンカーレンズを装着した図
パッと見、 純正との違いはわからないのでよしとしよう。

●2回目(2010/8)
残念ながら、ゴム系接着剤も経年変化には弱いようだ。
直近の一人ドライブ中に再度剥離。
ドライブ中にトラブルが発生すると、ドライブの楽しさが激減するよねぇ・・・(苦

今回は、社外品と純正の2つをヤフオクで落札。
どちらも、前回より安かったので、出品していたクリアーウィンカーを2つ入札して、そのまま落札出来てしまったのだ。
W124も廃車が進んでいて、中古部品供給過多になっているのだろうか・・・
ちと、中期型までのイエローウィンカーに憧れたが、安い出品が無かったのでそのままクリアーとする。

社外品が先に届いたので確認してみると、接着強度的にも問題無く、そのまま装着。
ヘッドライト部分とのチリが微妙ではあるが、贅沢は言えないな。

純正は、やはり簡単に剥がれた。
こちらは剥がれた状態でスペアとして保管することにする。

●考察
右側(センターライン側ね)の方が脱落しやすい?のだろうか。
その理由は、エキゾースト・マニホールドの熱で、右フェンダーの方が熱を持ちやすいからだろうか。

接着剤で接着するのであれば、耐熱性の樹脂系接着剤を使う必要がありそう。
スペアを接着する必要が出たら、挑戦してみよう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

上海出張

img_1007_239_
交差点
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak T-MAX 400(EI640)
Self-developed:T-MAX Dev.(1:4) 23C 5:50(以下全て同じ)
上海市内
ホテル近くの交差点にて
写真で見ると平和そうだが・・・
車には気をつけましょうということで。

いろいろあって、blogを放置してしまった。
ここ数ヶ月、海外出張やら一人旅などをしていたので、時系列を無視してのんびり掲載していくつもり。

img_1007_229_
JL873便機上
離陸、おっかないね・・・
ここまで上昇してしまうと、怖さは無くなるけど
下に見えるのは房総半島

まずは、7月末に平日1週間ほどの中国・上海出張に行ってきたこと。
私自身、恥ずかしながら初海外ということで、1ヶ月ほど前からパスポートの申請やらなんやらの処理や、「地球の歩き方」で勉強。


また、飛行機も30年ぶりくらいなので、ドキドキの連続。
幸いなことは、同行者がいたことであろうか。

img_1007_237_
ホテルの食堂
上海金辰大酒店(Jin Chen Hotel)の食堂にて
モノクロ画像のマジックか!

上海出張中は、朝、時間的な余裕があったので、事前に会社の中国人に教えてもらったホテル周辺のポイントを毎日観光!
なお、カメラはCONTAX G1+Biogon28mm、Planar45mmのみ。
実際にはBiogonしか使わなかった。
フィルムもT-MAX400のみ。
空港では、成田でも浦東(プートン)でも、X線検査機を回避してもらった(カメラに装填されているフィルムを除く)が、結果的にはカメラの中でX線通過させたネガと差は見られなかった。

img_1007_241_
太極拳
復興公園にて
朝8時くらいの情景
皆さん、お元気なことで
「出勤しない人は、とりあえず公園に集まる」という感じでしょうかね

初日は、ホテルから歩いて15分ほどのところにある、復興公園へ。
元気な現地のおっさん・おばさんを観察。
早くも、中国人パワーを実感。

img_1007_253_
Tianzifang
田子坊にて
観光地にやってきた感じ
しかし仕事前の朝なので、店はやっておらず、人も少ないのが残念か

2日目はホテルから徒歩30分ほどの「田子坊」へ。

img_1007_262_
STARBUCKS
STARBUCKSなんて、日本でも何年ぶりだろう(笑
値段は高いが、こういう空間も必要だなぁ

会社への出勤路、少し疲れたのでスターバックスへ。
日本円に換算すると日本より高い気もするが、そのお陰か空いているし、日本と同じ味にホッと一息。

img_1007_264_
外灘(わいたん)
川向こうには近代的な建物が、こちらがわは西洋的?な建物
しかし、日差しが強い!

3日目は有名な外灘へ。
ここは、タクシーか地下鉄を使わないと行けない。
往路は地下鉄、復路はタクシーと決定。

前日の夜、会社の人と飲み過ぎて二日酔いだったし、地下鉄は往年の日本の山手線の様に混んでいるし、地上は朝なのに激しい日差しで泣きそうになるが、写真でしか見たことのない観光地を生で見られて大満足。

img_1007_267_
VW Santana
外灘からの帰り
上海最強の乗り物、サンタナのTaxiからサンタナを眺める

会社への帰り、タクシーでちょっとしたスリルを味わう。

img_1007_279_
角?
上海浦東国際空港にて、帰りの飛行機搭乗待ち中に
やっと落ち着いて写真撮影出来た気がした
ま、出張だから当然か

やっぱり、腹を壊した。
しかし、ビールを飲み過ぎると腹壊すので、中国の水や食事が合わなかったのか、単なる飲み過ぎかは不明。

上海から戻ってきたときは、「賑やか過ぎて、もう行きたく無い」(失礼)と思ったが、1ヶ月くらい経って写真を見直すと、また行きたくなるから不思議。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年12月 »