カテゴリー「旅行・地域」の111件の記事

上海出張

img_1007_239_
交差点
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak T-MAX 400(EI640)
Self-developed:T-MAX Dev.(1:4) 23C 5:50(以下全て同じ)
上海市内
ホテル近くの交差点にて
写真で見ると平和そうだが・・・
車には気をつけましょうということで。

いろいろあって、blogを放置してしまった。
ここ数ヶ月、海外出張やら一人旅などをしていたので、時系列を無視してのんびり掲載していくつもり。

img_1007_229_
JL873便機上
離陸、おっかないね・・・
ここまで上昇してしまうと、怖さは無くなるけど
下に見えるのは房総半島

まずは、7月末に平日1週間ほどの中国・上海出張に行ってきたこと。
私自身、恥ずかしながら初海外ということで、1ヶ月ほど前からパスポートの申請やらなんやらの処理や、「地球の歩き方」で勉強。


また、飛行機も30年ぶりくらいなので、ドキドキの連続。
幸いなことは、同行者がいたことであろうか。

img_1007_237_
ホテルの食堂
上海金辰大酒店(Jin Chen Hotel)の食堂にて
モノクロ画像のマジックか!

上海出張中は、朝、時間的な余裕があったので、事前に会社の中国人に教えてもらったホテル周辺のポイントを毎日観光!
なお、カメラはCONTAX G1+Biogon28mm、Planar45mmのみ。
実際にはBiogonしか使わなかった。
フィルムもT-MAX400のみ。
空港では、成田でも浦東(プートン)でも、X線検査機を回避してもらった(カメラに装填されているフィルムを除く)が、結果的にはカメラの中でX線通過させたネガと差は見られなかった。

img_1007_241_
太極拳
復興公園にて
朝8時くらいの情景
皆さん、お元気なことで
「出勤しない人は、とりあえず公園に集まる」という感じでしょうかね

初日は、ホテルから歩いて15分ほどのところにある、復興公園へ。
元気な現地のおっさん・おばさんを観察。
早くも、中国人パワーを実感。

img_1007_253_
Tianzifang
田子坊にて
観光地にやってきた感じ
しかし仕事前の朝なので、店はやっておらず、人も少ないのが残念か

2日目はホテルから徒歩30分ほどの「田子坊」へ。

img_1007_262_
STARBUCKS
STARBUCKSなんて、日本でも何年ぶりだろう(笑
値段は高いが、こういう空間も必要だなぁ

会社への出勤路、少し疲れたのでスターバックスへ。
日本円に換算すると日本より高い気もするが、そのお陰か空いているし、日本と同じ味にホッと一息。

img_1007_264_
外灘(わいたん)
川向こうには近代的な建物が、こちらがわは西洋的?な建物
しかし、日差しが強い!

3日目は有名な外灘へ。
ここは、タクシーか地下鉄を使わないと行けない。
往路は地下鉄、復路はタクシーと決定。

前日の夜、会社の人と飲み過ぎて二日酔いだったし、地下鉄は往年の日本の山手線の様に混んでいるし、地上は朝なのに激しい日差しで泣きそうになるが、写真でしか見たことのない観光地を生で見られて大満足。

img_1007_267_
VW Santana
外灘からの帰り
上海最強の乗り物、サンタナのTaxiからサンタナを眺める

会社への帰り、タクシーでちょっとしたスリルを味わう。

img_1007_279_
角?
上海浦東国際空港にて、帰りの飛行機搭乗待ち中に
やっと落ち着いて写真撮影出来た気がした
ま、出張だから当然か

やっぱり、腹を壊した。
しかし、ビールを飲み過ぎると腹壊すので、中国の水や食事が合わなかったのか、単なる飲み過ぎかは不明。

上海から戻ってきたときは、「賑やか過ぎて、もう行きたく無い」(失礼)と思ったが、1ヶ月くらい経って写真を見直すと、また行きたくなるから不思議。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江差・青森旅行4日目 弘前観光

54790026_s
追手門へ
巡回バス運行前だったので、弘前駅から歩いて追手門までやってきた。
結局、バスは使わなかったな。
往復1時間弱かかるが、市街をぶらぶらするのが目的だからねぇ。
CANON EOS-1NHS + TAMRON AF90mm F2.8 Macro + Kodak PORTRA800
弘前市街にて

時間が空きすぎてしまったので、最終回にする。。。
鉄道ネタなど、他にも写真はあるが。

54790018_s
カメラバッグと
左奥に放置しているのも私のバッグ。
右奥は五能線。
CANON EOS-1NHS + TAMRON AF90mm F2.8 Macro + Kodak PORTRA800
弘前駅にて

最終日は、帰路の列車まで弘前観光をしようと考えた。
朝食食べてすぐにホテルをチェックアウト。
特急に乗って弘前駅へ。

だがしかし、観光用の巡回バスはまだ走っておらず、せっかくなので徒歩で弘前城に向かった。

img_1002_717_s
追手門
この日撮った写真の中で、一番のお気に入り!
しかし、紙焼きしたけれど上手く焼けない・・・
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak T-MAX 400(EI640)
Self-developed:T-MAX Dev.(1:4) 21C 7:00
弘前公園 追手門前

雪深い弘前公園を散策。
こんなに雪が積もっているところを歩いたの、人生で始めてかも~。

54790032_s
天守
本丸では無いが、現存する数少ない天守の一つらしい。
残念ながら、この時期は史料館になっている中には入れず。
CANON EOS-1NHS + TAMRON AF90mm F2.8 Macro + Kodak PORTRA800
弘前公園にて

追手門から入って、護国神社参拝の後、北門へ。

img_1002_743_s
石場家
100円払うと見せて貰える。
現在でも住居として使われているようだ。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak T-MAX 400(EI640)
Self-developed:T-MAX Dev.(1:4) 21C 7:00
弘前市街 石場家住宅(石場屋酒店)

石場家を見学、ここで帰路のお供(じょっぱり)を購入し、津軽藩ねぷた村の「大かまど飯津軽旨米屋」で昼食。
中央弘前駅界隈を散策し、弘前駅に戻るルート。

img_1003_007_s
オロナミンC
中央弘前駅の少し北。
昭和な雰囲気の商店街があった。
CANON EOS-1NHS + TAMRON AF90mm F2.8 Macro + Kodak T-MAX 400(EI640)
Self-developed:T-MAX Dev.(1:4) 21C 7:00
弘前市街

img_1002_737_s
日本聖公会弘前昇天教会教会堂
中央弘前駅を見学後、弘前駅へ。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak T-MAX 400(EI640)
Self-developed:T-MAX Dev.(1:4) 21C 7:00
弘前市街

img_1003_024_s
じょっぱりをお供に
石場屋酒店で買った「じょっぱり」、津軽鉄道で買って残っていた「するめ」、車内販売で買った「ほやの干物」で一人乾杯。
指定席、ガラガラで快適~
CANON EOS-1NHS + EF50mm F1.8II  + Kodak T-MAX 400(EI640)
Self-developed:T-MAX Dev.(1:4) 21C 7:00
特急「つがる」車内にて

img_1003_025_s
八戸駅構内
CANON EOS-1NHS + EF50mm F1.8II  + Kodak T-MAX 400(EI640)
Self-developed:T-MAX Dev.(1:4) 21C 7:00

弘前駅から・・・
弘前、青森、八戸(乗り換え)、盛岡、仙台、大宮
と、最小限の停車駅で埼玉に戻る。
早い&速い

しかし、新幹線は混んでいてびっくり。
「つがる」はガラガラなのに。
やはり、スーパー白鳥からの乗り換えがメイン?

img_1003_030_s
キス
私は初めてだが、未だに撮影している人多いのね(笑
CANON EOS-1NHS + EF50mm F1.8II  + Kodak T-MAX 400(EI640)
Self-developed:T-MAX Dev.(1:4) 21C 7:00
盛岡駅

往路に比べて、非常にあっさりと。
また、「あけぼの」に乗りたいなぁ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

江差・青森旅行3日目 八甲田丸と津軽鉄道

54750018_
飲み鉄
津軽鉄道 旧客車内
車内で購入したスルメと日本酒。
CANON EOS-1NHS +  EF50mm F1.8II + Kodak ELITECHROME 200(ED)

またまた1ヶ月空けてしまった・・・
いろいろあって、blogにじっくり取り組む気力が。

3日目は、午前中は「青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸」の見学、午後は五所川原に移動し「津軽鉄道乗り鉄」をする予定とした。

54770037s
青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸
入り口付近より。
このマスコットは可愛い。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak PORTRA400NC

八甲田丸までは、ホテルから徒歩で10分程度。
可動橋・車両搬入口や、船体外観の写真を撮影して、船内へ。
ここでも、ブリッジ修復中とのことで、入館料が割り引きになっていた。
安いのは結構だが、せっかく来たのにブリッジに入れないのは少々痛いなぁ。

img_1002_674_s
洞爺丸
洞爺丸の事故が無かったら、どうなっていただろうか。
青函トンネルは完成していたか?
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + ILFORD DELTA 3200 PROFESSIONAL(EI1600)
Self-developed:T-MAX Dev.(1:4) 20C 8:30(以下、白黒画像は全て同じ)

しかし、いつ聞いても洞爺丸の事故は心が痛む・・・

img_1002_694_s
エンジンコントロールルーム
アナログな計器が並んでいてかっこいい。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + ILFORD DELTA 3200 PROFESSIONAL(EI1600)

船内では、G1+Biogon28mmにDELTA3200の組み合わせのみ使用。
船内でも照明下では十分に絞ることが出来るし、エンジンルームや車両デッキ等、照明が不十分なところでも何とか撮影可能だ。

img_1002_682_s
キハ82
はっきり言って不気味。
ここを訪れたのは2回目だが、1回目は鉄道甲板に人が全くおらず、本当に怖かった。
今回は人がいたし、少し明るくなった?ようで、不気味さ減少。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + ILFORD DELTA 3200 PROFESSIONAL(EI1600)

念願の鉄道甲板撮影も行い、満足して八甲田丸を後にした。

54750008s
市場
青森AUGAの地下、新鮮市場
CANON EOS-1NHS +  EF50mm F1.8II + Kodak ELITECHROME 200(ED)

昼食は、AUGA地下の新鮮市場にて。
海産物に飽きて、ラーメンを食べた後の1枚だが・・・
このとき、代金を払い忘れ。
AUGAを出るときに気づいて直ちに引き返し、店の方に謝って支払い。
少し呆れられたような感じではあったが、特にとがめられることは無く助かった・・・

その後、青森駅から特急つがるに乗って弘前駅に向かい、五能線に乗り換えて五所川原駅へ。

54750013s
オハフ
通称「ストーブ列車」、要は旧客。
大井川鐵道でも乗ったが。
津軽五所川原駅にて
CANON EOS-1NHS +  EF50mm F1.8II + Kodak ELITECHROME 200(ED)

五所川原駅から、ほとんど同じ駅と言える津軽五所川原駅へ。
接続する津軽鉄道線へ。

54750016_
だるまストーブ 
津軽鉄道 旧客車内
CANON EOS-1NHS +  EF50mm F1.8II + Kodak ELITECHROME 200(ED)

接続が比較的良く、あまり時間もないのでささっと写真撮影をし、(奥津軽トレイン)アテンダントさんに迎えられ、いざストーブ列車内に。
ちなみにストーブ列車に乗るには、乗車券の他、ストーブ列車乗車券300円が必要。
飲み鉄するならさらに、日本酒300円、するめ300円が必要。
するめはかなりの量でお買い得だし、アテンダントさんがだるまストーブで焼いてくれるので、是非買うべき!

おじさん・おばさんの観光客と一緒に、アテンダントさんの案内を聞きつつ、酒を飲みつつ、旧客の悪い乗り心地(笑 に揺られつつ・・・

どこかのおじさんが言った。
「オレは乗り鉄じゃ無くて『飲み鉄』」
確かに、車での旅行では道中、気楽に酒を飲めない。
鉄道旅行の魅力の一つかと。

そんなことを考えていると、あっという間に終点へ。

54750027s
津軽中里駅
このときばかりは、200mmくらいのレンズが欲しかったかも・・・
CANON EOS-1NHS + TAMRON AF90mm F2.8 Macro + Kodak ELITECHROME 200(ED)

なかなか魅力的な観光列車だが、普通の車内も体験したく、復路は通常車両(ディーゼル機関車後ろのディーゼル車)で戻った。

54750032s
ここに古里がある
津軽五所川原駅
入れ替え中の機関車と一緒に。
CANON EOS-1NHS + TAMRON AF90mm F2.8 Macro + Kodak ELITECHROME 200(ED)

この日、チリ地震の影響で、五能線は海岸部分が運休、青森駅でも海峡線が運休で北海道までの連絡手段途絶と、混乱を体験してしまった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

江差・青森旅行2日目 江差観光

0_54760015
漁港の朝!
土曜日だからか、人気(ひとけ)が無い・・・
江差港にて
CONTAX G1 + Planar T* 45mm F2 + Kodak PORTRA400NC

やばい。
旅行から2ヶ月も経ってしまっている・・・
中途半端も嫌なので、進めなくては。

2日目は江差観光後、青森に戻る日とした。
観光地の夜は早いので、午前中の行動が重要。
旅館(目谷旅館)で朝食を取り、さっさと仕度。
大きな荷物は宿に預かってもらい、江差港を目指す。

0_img_1002_657_
いか漁船のランプ
人の写真を見て、私も一度撮影してみたかった被写体だが、上手く撮れず・・・
江差港にて
CANON EOS-1NHS + TAMRON AF90mm F2.8 Macro + Kodak T-MAX 400(EI640)
Self-developed:T-MAX Dev.(1:4) 21C 7:00

漁港で少し撮影をし、本日の目的の一つ、「開陽丸青少年センター」へ。
開陽丸を建造したオランダ風の建物が目立つ。

0_54760018
錨とオランダ風?建物
この日は、太陽が出たり隠れたり・・・
ちなみに、気温は0度くらいだった。
外にいるととても寒い!
開陽丸青少年センターにて
CONTAX G1 + Planar T* 45mm F2 + Kodak PORTRA400NC

なんだか良くわからないが、入館(入艦?)料が半額だった。
いいのかな・・・

0_54760022
開陽丸左舷
「黒船」という感じ。
開陽丸入り口より
CONTAX G1 + Planar T* 45mm F2 + Kodak PORTRA400NC

土曜日の開館直後だからか受付の方以外だれもおらず、大砲発射手順説明などの模型操作をしていると恥ずかしかった(苦笑

0_54760024
船長氏
座礁させないように気をつけて運用して頂きたく・・・
CONTAX G1 + Planar T* 45mm F2 + Kodak PORTRA400NC

蝋人形がリアルで楽しい~
土方歳三の人形は、イメージと違ったけど。

艦内は暗いので、撮影するなら高感度フィルムを推奨。
ISO400ではきつかった。
CONTAX G1だからなんとかなった感じ。

0img_1002_667_
砲弾
本物だ。
海底から引き上げた後の処置についても詳細に説明があり、興味深い。
CANON EOS-1NHS + EF50mm F1.8II + Kodak T-MAX 400(EI640)
Self-developed:T-MAX Dev.(1:4) 21C 7:00

この手の資料館に入ると、ついつい長居してしまう。
開陽丸を後にし、奥尻島へのフェリー乗り場を見学。
ちょうど、フェリーが出航準備をしていた。

0_54740008
ハートランドフェリー
白い船体がまぶしい!
奥尻島にも行ってみたいぞぉ。
CANON EOS-1NHS + TAMRON AF90mm F2.8 Macro + Kodak ELITECHROME 200(ED)

このあたりでお昼になったので、江差追分会館レストラン江差家で「にしんそば」を食した。
ん~、やっぱり鰊(ニシン)は苦手だわ(笑

0_54740010
横山家
列車まで時間が有るので入ってみたかったのだが、土曜日なのに何故か閉館だった。
残念。
CANON EOS-1NHS + TAMRON AF90mm F2.8 Macro + Kodak ELITECHROME 200(ED)

ぶらっと江差のメインストリートを歩き、旅館で荷物を引き取り、江差駅に戻った。

0_54740021
ガラガラ
江差線のキハ40車内。
予想通りガラガラ。
焼酎を飲みながら、のんびり木古内駅を目指す。
CANON EOS-1NHS + TAMRON AF90mm F2.8 Macro + Kodak ELITECHROME 200(ED)

江差駅13:13発、函館行きに乗車。
江差駅からは一人、青森駅まで乗り鉄。
往路とは違い、一人なので遠く感じる・・・
この函館行きの江差線、木古内駅で48分(14:19着、15:07発)も停車するのね!
すごい。

木古内駅で、木古内駅14:31発、スーパー白鳥26号に乗り換え。
15:41に青森駅着。

0_54740034
青森駅
八甲田丸をバックに
CANON EOS-1NHS + TAMRON AF90mm F2.8 Macro + Kodak ELITECHROME 200(ED)

ひとまず、「Hotel&Spa 青森センターホテル」にチェックイン。
このホテルに夕食付きプランで2泊。
夕食付きでも首都圏のビジネスホテルより安いので、正直夕食に期待していなかったのだが、量も質も満足出来る夕食が出てきてびっくり!
しかも、土日は生ビール中ジョッキ300円のサービス価格だし!
風呂も良かったし、地方都市のビジネスホテルの価格がここまで安くなっているとは、少し複雑だ・・・

夜は青森駅で撮り鉄を楽しんだが、それは別の機会に。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

江差・青森旅行1日目 湯ノ岱温泉

img_1002_641_
CONTAX G1@湯ノ岱駅
午後の日差しが駅舎に差し込んでいたので、カメラを置いて撮影してみた。
CANON EOS-1NHS + TAMRON AF90mm F2.8 Macro + Kodak T-MAX 400(EI640)
Self-developed:T-MAX Dev.(1:4) 21C 7:00(以下、白黒画像は全て同じ)

「あけぼの」と接続の「スーパー白鳥」自由席に乗り、寝台向かいのおじさんと再合流。
車内販売で、「帆立釜めし」とコーヒーを買う。
本当はお茶が良かったけれど、JR車内販売のコーヒーは結構好きだ。

img_1002_470_
青函トンネルの入り口「青函隧道
すでに、新幹線軌道用のスペースが確保されているのね。
CANON EOS-1NHS + EF50mm F1.8II + Kodak T-MAX 400(EI640)

朝食を食べ終え、きょろきょろしていると、ビジネスマン風のおじさんに「一番先頭は楽しいぞ」と薦められた。
ちと恥ずかしかったが、青函トンネルの入り口までかじりついてみた。

「北斗星」で4回、「カシオペア 」で1回通過したことのある青函トンネル。
さすがに「スーパー白鳥」は青函トンネル通過が速い!
ただ、北斗星やカシオペアではほとんど揺れない青函トンネル、スーパー白鳥だと速度が速い(客車は110km/h、白鳥は130km/h、スーパー白鳥は140km/hかな)ので結構揺れる。
新幹線だとどうだろう?

54780025
スーパー白鳥とノーマル白鳥
木古内駅にて。
さすがG1+Biogon、色乗りがいい。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak PORTRA800

54780026
きこない
木古内駅にて。
日中にISO800のフィルム+28mm。
もはやピント合わせ不要だ(笑
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak PORTRA800

木古内駅で、江差線に乗り換え。
雰囲気的に、ここからが乗り鉄旅の始まりと言ったところか(笑

2両編成のキハ40で江差駅を目指す・・・
アップダウンが激しいのか、とても遅い!
30~40km/hでとてとて、偶に空転した「ガガガッ」と音がしたり。
スーパー白鳥がめちゃ速かったので、ギャップが激しいな(笑

img_1002_479_
見送る
「あけぼの」の向かいの席のおじさんと、湯ノ岱駅で別れる。
先頭車両でデッキまで見送りに来てくれたので、手を振ってお別れをした後に撮影。
CANON EOS-1NHS + TAMRON AF90mm F2.8 Macro + Kodak T-MAX 400(EI640)

やっと、本日の経由地、「湯ノ岱駅」に到着。
残念ながら、ここで寝台向かいだったおじさんとお別れ。
長時間ご一緒させて頂いたのでかなり寂しいが、ここからが本当の一人旅か。

img_1002_483_
一人で
到着時にいた除雪車も去っていった。
人気も無い。
とたんに寂しくなった。
相棒は、2台のカメラだけだ。
CANON EOS-1NHS + TAMRON AF90mm F2.8 Macro + Kodak T-MAX 400(EI640)

54780035 
上ノ国町国民温泉保養センター
ここで1時間以上ゆっくり。
良いお湯・雰囲気の場所だ。
世間では、浅田真央さんの生中継?で忙しかったようだが。
(風呂から出て、待合室でちょうどやってた)
CONTAX G1 + Planar T* 45mm F2 + Kodak PORTRA800

渡島半島というと、良好な温泉が多いというイメージがある。
この「湯ノ岱温泉」も、鉄臭くてとても良いお湯だった~

54760004
江差駅に到着
湯ノ岱駅からは結構すぐ。
ただ、列車本数はとても少ない(1日6往復)なので注意!
CONTAX G1 + Planar T* 45mm F2 + Kodak PORTRA400NC

列車本数が少ないので、観光的には効率が非常に悪い。
まぁ、その効率の悪さ含めて乗り鉄の旅だと考えよう。

img_1002_646_
夕陽を浴びて引き返す
どん詰まりの駅なので、すぐに帰っていった。
CANON EOS-1NHS + TAMRON AF90mm F2.8 Macro + Kodak T-MAX 400(EI640)

湯ノ岱駅に到着した列車の次の列車(2時間半後だ)に乗り、江差駅に到着。
16時前だが、もう夕方という雰囲気。
もう、本日は宿に入る以外にやることが無いので、折り返しを見送る。

img_1002_647_
海岸の街
いい感じのところを発見!
実際には、まだそんなに暗くなかったけれど、あえて暗めに仕上げてみた。
しかし、現像ムラが・・・
CANON EOS-1NHS + TAMRON AF90mm F2.8 Macro + Kodak T-MAX 400(EI640)

江差の街は・・・
平日の夕方なのに、ともかく人が少ない!
商店街も閉まっている店が多いし。

撮影のためにちょっと寄り道をしつつ、本日の宿「目谷旅館」に到着。
夕食まで少し江差港を散歩したが、すぐに撮影出来ないくらい暗くなったし、腹も減ったので宿に戻り、夕食後すぐに就寝。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

江差・青森旅行1泊目 寝台特急「あけぼの」

54780004
上野駅13番線
今日はオリジナルカラーのEF64 1000番台だ
G1+PORTRA800の組み合わせ、なかなか頼もしい。
CONTAX G1 + Planar T* 45mm F2 + Kodak PORTRA800

最近、blogを書くのが億劫になっているが・・・
1ヶ月前に、今期の長期休暇をなんとか取得して、江差・青森に一人旅に行ってきた。

青森・函館フリーきっぷを購入。
今回は、
往路:寝台特急「あけぼの」
復路:在来線特急+東北新幹線
とした。
青森~八戸の特急も、東北新幹線の新青森延伸で無くなるだろうから。

54780012
寝台特急「あけぼの」
前回はBソロで行ったが、あまりにも狭いし個室に籠もる性格でも無いので、今回は普通に開放B寝台で。
CONTAX G1 + Planar T* 45mm F2 + Kodak PORTRA800

長期休暇とはいえ最短の3日間のみとするため、初日は定時退社後に直接上野駅に向かい、そのまま夜行列車に乗るプランで。
ある意味、夜行列車の本来の使い方か?

54780013
相棒
EOS-1NHS +  TAMRON AF90mm F2.8 Macroを被写体に。
このタムロン・レンズの描写、使い勝手が気に入ったので、いつものG1 2台運用案から重いのを覚悟で変更を。
CONTAX G1 + Planar T* 45mm F2 + Kodak PORTRA800

上野駅は、「北陸」、「能登」の廃止直前で、混み合っているかと思ったが、想像していたほどではなかった。
「あけぼの」の発車時刻と、「北陸」、「能登」の発車時刻は結構離れているからか、平日だったからか・・・

上野駅、13番ホーム近くのラーメン屋でラーメンを食べ、飲料、焼酎とおつまみを少し買った。
いつも酒類を買いすぎて車中で飲み過ぎるのだが、寝台列車の朝は得意では無いため、控えめにした。

img_1002_617_
車中の晩酌
夕食を上野駅で食べてきたので、寝台ではのんびり一人酒・・・
と思ったが、大宮駅から乗ってきた前に座ったおじさんと旅行話で盛り上がる。
どうも、寝台列車では向かいの人に恵まれているような。
CANON EOS-1NHS + EF50mm F1.8II + ILFORD DELTA 3200 PROFESSIONAL(EI1600)
Self-developed:T-MAX Dev.(1:4) 20C 8:30

上野発車時、私が乗った寝台区画には上段におじさんが乗っていただけで、向かいは誰もいなかった。
大宮から、会社の上着を着たおじさんが向かいの下段に乗ってきて、挨拶。
自然と会話が始まる。

そのおじさんは、会社の上着を着ているだけあって、出張らしい。
なんと、江差に行くと。
そんなわけで、会話が盛り上がった。

しかし、そのおじさんと上段のおじさんのいびきは凄かったな(笑

img_1002_635_
東能代駅にて
鉄道写真はカラーの方がいいな。
CANON EOS-1NHS + TAMRON AF90mmF2.8 Macro + ILFORD DELTA 3200 PROFESSIONAL(EI1600)
Self-developed:T-MAX Dev.(1:4) 20C 8:30

「あけぼの」では、秋田駅で結構な人が降りる。
上段のおじさんも秋田駅で降りていった。
秋田駅から青森駅まではまだかなり時間がかかるので、向かいのおじさんと会話をしたり、車窓を眺めたり、ベッドでごろごろして過ごす。

54780021
青森駅へ
もうすぐ青森駅!
寝台と別れる寂しさと、これからの旅行の期待と。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Kodak PORTRA800

日本海側は、ちょっとの距離で雪深くなったり雪が無くなったりと、変化が激しい。
客車だし、そんなに飛ばすわけでも無いので、暖かくて静かな車中から、変化に富んだ車窓を眺めるのは幸せな気分だ。
飽きたらベッドに横になればいい。

晩から翌朝、目的地付近に到着できるまで、ベッドを占有できる・・・
こんな快適な移動手段が、全廃目前とは・・・
確かに、今のご時世、仕事に使うのはきついかもしれないが。

img_1002_463_
上野発の夜行列車降りた時
終点、青森駅で「あけぼの」を下車。
接続のスーパー白鳥に乗り換える。
CANON EOS-1NHS + EF50mm F1.8II + Kodak T-MAX 400(EI640)
Self-developed:T-MAX Dev.(1:4) 21C 7:00

初日、青森駅で少しのんびり鉄道写真を撮ったりし、午後の特急で木古内・江差を目指そうと考えていた。
が、青森駅には戻ってくるし、寝台向かいのおじさんは接続のスーパー白鳥で江差を目指すようなので、江差線までご一緒させて頂くことにした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

月島散策

img_0912_711_
お参り
住吉神社にて。
年末の写真だ。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Fujifilm NEOPAN400PRESTO
Self-developed:SPD(1:1) 23C 5:30(以下、現像データは同じ)

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

img_0912_714_
冬の佃島
はっきり言って寒い。
後で知ったが、佃島渡船跡付近らしい。
CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8 + Fujifilm NEOPAN400PRESTO

新年明けたが・・・
昨年末のネタがまだ残っているので、昨年の続きで。

貸し暗室でモノクロプリントを学ぶ」の当日午前。
月島散策をし、徒歩で新富町に向かった。

img_0912_725_
ワイングラス
しかし、注がれているのは水。
月島スペインクラブにて昼食中、スポットライト的な照明が綺麗だったので。
しかし、ワイングラス前面にピントを合わしたつもりだったけれど、後ピンになっている。
CONTAX G1 + Planar T* 45mm F2 + Fujifilm NEOPAN400PRESTO

しかし、街撮りは難しいね。
自分的に公開出来る写真は非常に少なかった。
どうしても、店内写真に頼ってしまう・・・
インドア派なのか?

img_0912_727_
OM-1 + 24mm
友人の愛機。
OM-1の広大なファインダー+広角レンズの組み合わせでの撮影は、楽しそう。 
残念ながら、私はOMの単焦点レンズ、50mmからしか持っていないので。
この写真、やっぱり少し後ピン。
CONTAX G1 + Planar T* 45mm F2 + Fujifilm NEOPAN400PRESTO

img_0912_733_
佃大橋より勝どき橋方向を望む
昼時ながら、冬の日差しがまぶしい。
CONTAX G1 + Planar T* 45mm F2 + Fujifilm NEOPAN400PRESTO

午後の暗室作業については、前記事を参照。
その後、月島に地下鉄で戻り、3人で「もんじゃ焼きパーティー」を。

img_0912_737_
もんじゃ焼き、使用前
月島 麦西仲店にて
CONTAX G1 + Planar T* 45mm F2 + Fujifilm NEOPAN400PRESTO

お好み焼きも食べたけど、ここではやはり、もんじゃ焼きが似合っているし美味しいと感じた。

img_0912_739_
もんじゃ調理中
T氏の華麗な手さばきで、平均化
CONTAX G1 + Planar T* 45mm F2 + Fujifilm NEOPAN400PRESTO

帰路、3人で池袋ビックカメラの暗室用品を物色し、解散。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

川越市立博物館

img_0911_315_
大仏様
ISO1600のフィルムでも、明るめに撮れば粒状性は気にならないレベルかと。
川越市立博物館にて(撮影許可済)
CONTAX G1 + Planar T* 45mm F2 + Fujifilm NEOPAN1600SuperPRESTO
Self-developed:SPD(1:1) 20C 6:30(以下全て同じ)

11月最後の日曜日。
川越フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会にパイオニア吹奏楽団のチラシを挟み込みに行った。
せっかくなので演奏も聴いて帰ろうと考え、川越市民会館近くの川越市立博物館・美術館で暇つぶしを。

img_0911_307_
川越城から川越市立博物館を望む
残念ながら、川越城は保存修理工事中。

この博物館に私は過去20年で2回ほど見学している記憶がある。
今回はカメラ片手ということで、何か撮影出来るかな?と考えて訪れたが、撮影するためには許可が必要とのこと。
しかしながら、身元を明らかにして申請すればその場で許可がおりると言うことで、生まれて初めて「撮影許可証」をもらってみた。

img_0911_310_
すみません、どなたか失念

最近、美術館も出来たので、セットの入場券を購入。
美術館が出来る前は、美術館の場所が駐車場だったと記憶している。

img_0911_312_
ツアー客への説明
昔の川越の模型。
今何が建っているかを交えながらの説明だったので興味深い。

時間が有ったので、太田道灌のビデオを全部観た(笑

img_0911_316_
はにゃ?
どこの博物館にもある展示物か。
中世~近世~現代に至る経緯は興味深いが、土器の世代には正直あまり興味が湧かないなぁ。

博物館は展示物への照明が素晴らしいので、何も考えずに撮っても絵になる気がする。

img_0911_319_
石焼きいも
今は亡き、サツマイモ資料館の展示物を引き取ったようだ。

1時間くらい、ビデオを観たり、説明文を読んだり、写真を撮ったりして過ごす。
学生時代は歴史、特に日本史に興味無かったけれど、この歳になって少し興味が湧いてきたかなぁ?

img_0911_324_
美術館へ

美術館は絵画中心で、撮影禁止。

img_0911_325_
博物館中庭
竹が立派に育っていた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

伊豆旅行 駿豆線編

img_0909_455_
伊豆箱根鉄道 1300系(元西武鉄道新101系)
伊豆箱根鉄道 駿豆線 三島駅にて
ぴかぴかの新車に見えるが、乗り通す場合ロングシートは嫌だな。
ってことで、これには乗らず(苦笑
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + FUJIFILM RHPIII

伊豆旅行の2日目、少し乗り鉄したいと考えた。
最初、伊豆急行の伊東~下田間を乗り鉄しようと考えたが、片道1500円以上、2人で往復6000円・・・
却下!

img_0909_469_
虹の郷~
伊豆箱根鉄道 駿豆線 修善寺駅にて
前日訪れた虹の郷の看板。
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + FUJIFILM RHPIII

諦めて、修善寺駅から三島駅までの伊豆箱根鉄道駿豆線乗り鉄にした。
元西武鉄道の新101系も走っているしね。

img_0909_448_
ここでも自動改札・・・
伊豆箱根鉄道 駿豆線 修善寺駅改札にて
何というか、つまらないな。
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + FUJIFILM RHPIII

伊豆箱根鉄道駿豆線なら、乗り通しても片道500円、2人で往復2000円~
西武系はやっぱり安いな。

img_0909_451_
伊豆箱根鉄道 3000系のトップナンバー
伊豆箱根鉄道 駿豆線 修善寺駅にて
この後、これに乗って三島まで行ってみた。
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + FUJIFILM RHPIII

伊豆箱根鉄道駿豆線は現状、
・3000系
・7000系
・1300系
の3種類の電車がメインのようだ。
個人的には1300系が気になるところだが、乗り通すならクロスシートの方がいいよね。

img_0909_454_
JR東日本185系 踊り子号乗り入れ
伊豆箱根鉄道 駿豆線 どこの駅だったかな・・・で待ち合わせ中に。
PENTAX 645N + FA645 200mmF4 + FUJIFILM RHPIII(トリミング)

片道35分程度ではあるが、クロスシートのお陰で、ちょっとした鉄道旅行を味わえた。

img_0909_460_
伊豆箱根鉄道  7000系
伊豆箱根鉄道 駿豆線 三島駅にて
転換クロスシートのこの車両で修善寺に戻った。
快適快適。
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + FUJIFILM RHPIII

img_0909_467_
昭和の水道
伊豆箱根鉄道 駿豆線 修善寺駅にて
これが普通に使われているような時代に鉄道旅行をしたかった。
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + FUJIFILM RHPIII

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆旅行 「虹の郷」後編(ロムニー鉄道)

img_0909_412_
ロムニー駅を出発
中判ポジはやっぱりいいな。
PENTAX 645N + FA645 200mmF4 + FUJIFILM RHPIII

「虹の郷」後編は、イギリス村とカナダ村を結ぶ「ロムニー鉄道」を。
15インチという軌道は、とても細く頼りない。
客車を片方から押したら倒れてしまうのでは無いか?という細さ(笑

img_0909_405_
プレート
15インチゲージレイルウェイミュージアムにて
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + FUJIFILM RHPIII

レイルウェイミュージアムの半分が整備庫になっていて、整備中の機関車・客車を見ることも出来る。

img_0909_437_
ネルソン駅
PENTAX 645N + FA645 200mmF4 + FUJIFILM RHPIII

この鉄道、折り返しでは無く、周回するようになっている。
そのため、駅周辺は単線。
駅間だけ複線。

img_0909_439_
CUMBRIA号出発
暗い車体色のポジ撮影はやっぱり難しい・・・
PENTAX 645N + FA645 200mmF4 + FUJIFILM RHPIII

車窓を楽しむのであれば、イギリス村→カナダ村がお奨め。
カナダ村→イギリス村だと、最後の周回路が駐車場部分だから・・・

img_0909_440_
クーテニー湖を回るCity of Birmingham号
シャッターチャンスを少し逃した・・・
PENTAX 645N + FA645 200mmF4 + FUJIFILM RHPIII

非常にゆっくり走る。
25km/hくらいかな?

img_0909_441_
ひんやり
ネルソン駅にて
PENTAX 645N + FA645 200mmF4 + FUJIFILM RHPIII

私たちはカナダ村からの帰りに、ディーゼル機関車のCity of Birmingham号に乗って帰った。
フルオープンの客車ではなく、ちょっと残念。

img_0909_446_
右側通行
ピンぼけだが、右側通行をアピールしたくて。
さすがに、645Nで撮るのは無理があったな。
PENTAX 645N + FA645 75mmF2.8 + FUJIFILM RHPIII

SLも、このくらいの速度では出発時以外に煙を吐かず、楽勝なんだろう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧